FC2ブログ

たもつの鼻にニャンコの〇〇

 ※ コメントくださっている方、

  お返事が後回しになってしまい申し訳ありません。

    病院で聞いたことをすぐに書き留めたかったので、

   こちらの記録を先にさせて頂きました。




     日曜の夕方、たもつが襲われました 

  どうしてヤツは、こうも襲われやすい体質なんだろう……。

    夕方5時過ぎ、辺りはまだまだ明るい。

 苦手ワンコさんとの遭遇もないし、

   坊主も私を駆けっこに誘ってきたりして、

      まずまず平和な散歩 


     そんな時、

 草むらの中に、何やら見慣れない動きをする獣の影。

          ? ? ? ? ?

    ニャンコでした、……紐に繋がれた。 

             ん?

  どうも、飼い猫を散歩させていたようです。

         め、珍しいな、ニャンコの散歩。

      「ほらほらぁ、そんなに走らないでぇ」

    オジサン、何やら楽しそうだけど……。

   たもつは気にもしてないし、

      そもそもニャンコにあまり興味示さない方だし、

 紐で繋いでるからね、野放しワンコよりまだマシか 

      「さあ、帰ろうね」

 オジサン、ニャンコをカートに乗せて帰り支度を始めた模様。

      そこへ通り掛かった私たち。

     ん? なんか視線を感じる……。

         え? こっちを……、見てる?

      ……てか、狙ってる?

    オジサンのニャンコ、

   カートからスルスルスルっと抜け出すと、

      あっと言う間に私たちの元へ。

    やっ、止めろよ! 止めろってばっ!

       たもつを庇う私。

     近づくニャンコ。

   「ほら、行かないよ~」

       オッサンの呑気な呼び声。


  ギャーーーーーーーーーー!!!


    叫んだのは私。

 ニャンコがたもつに飛び掛かるのが見えたから。
     
   もうね、ほんの一瞬の出来事ですよ。

 ニャンコの腕がシュッと伸びたのだけは分かったけど、

     たもつの身体のどこにどう伸びたのかは、

    一瞬のことでよく見えなかった。


   「たもちゃん! たもちゃん、見せてごらん! 


      取り乱す私。

    目をやられてたら大変!

   パッと見ても、すぐには状況を掴めない。

      ワンコに噛まれたときもそうでした。

    毛むくじゃらの坊主、

  傷を負っていたとしても、

     すぐさま場所を特定するのは難しい。

 とにかく、目をやられていないか心配だった私は、

     たもつのお顔をまず確認。


    ん? これは、血では?


   「ちょっ、血が出てる! 

     オッサンを責める私。

  「すみませんっ! すみませんっ!」
 
    平謝りするオジサン。

       ん? これ何?

  たもつの鼻先に何やらヒラヒラしたものを発見。

       ちょっ、鼻の皮、剥けちゃった!?

   
    え? えぇーーーーーーっ!?


     たもつの鼻には、ニャンコのツメ。


  ニャンコの三角形のツメが、

   刺さった状態で残されているではありませんかっ!


      ぎゃおーーーーーーん(泣)


     既に出血してるのが見えますよ。

    「たもちゃん、じっとして。動かないで」

 下手に触って余計に深く刺さってしまっては大変です。

      慎重に、慎重に。

  坊主は、何が起きているのか分からない様子。

    ニャンコのツメは、スッと抜けました。

      でも、抜いた瞬間に、

     血がサラサラと流れてきちゃって。

   「血が出てる! こんなに! 

       再びオッサンを責める私。

    「すみません、すみません」

      ひたすら謝るオジサン。

   
   ニャンコについては無知なんですよ、私。

     他に怪我は負ってない?

    傷口からバイ菌が入ったら?

      ニャンコが持つ菌ってサッパリ分からない。

   ツメを抜いちゃって良かったのかな?

     出血は止まりそうだから大丈夫か……。

 今は問題なさそうに見えても、

   知らないうちに菌が身体中に回ったら?

    とにかくニャンコに関しては全く無知の私。

   オジサンをあれこれ責め立てますよ。

    オジサン曰く、

  「普段は家の中で飼っていますから」

   「注射は、年1回ちゃんと受けてます」

 バイ菌の心配はありません……ってことなんだろうけど。

   「連絡先、お教えします」と言うので急遽スマホに登録。

     指先震えてて、上手く入れられない。

   それ以上どうしようもないので、

       たもつを連れその場を去りました。

  オジサンは、ただただ「すみません」を繰り返すばかり。

    我ながら鬼だな……って思います。

   今になれば、

男性はとても良心的であそこまで責める必要なかったのかも、

       ……とも思います。

 鼻から流血したというのに坊ちゃんはうんともすんとも言わず、

   実際、一瞬のことで何が起きたのかも分かってないご様子。

         
     その後仲良しワンコさんと遭遇。

 ニャンコとも生活を共にするその飼い主さんに事の次第を報告。

      「普通、猫は外に出さないけどねぇ」と仰る。

    まあね、ニャンコを散歩させたかったオジサンの気持ちも、

           分からなくはないですよ。

      けど、ニャンコがあんなに素早い動きをするとは……。

   だいたい、どーしてわざわざカートを飛び出し、

      たもつを襲いに来たのかその理由も分からない。

    たもつはニャンコに興味がないし、

        気にも留めないご様子だったし、

   ニャンコよ、どーしてたもつを襲いに来たのさっ! 

     その後、たもつを抱っこで帰宅。

    興奮冷めやらぬ私は、夫にすぐさま報告。



      15-05-10_1754.jpg


            この辺りに、ニャンコのツメが!

       鼻の穴の辺りに、うっすら流血の痕。



   夫に懸命に説明してるのに、

  「え? どこぉ?(血なんか出てる?)」って感じで、

     その反応の薄さにまたまたイライラしちゃう 


    夫曰く、

  「猫がいるのが見えてたんでしょ?

     危険だなと思ったら、すぐさまその場を離れなきゃ」


         ……モヤモヤしますよ。


  たもつを守る為に、

    いつもどんだけ神経使ってると思ってるのさ。

   「あー、あの子ノーリードだわ」と思えばすぐさま回避。

 ノーリードワンコの飼い主は我が物顔で歩いてますけどね、

うちの子は賢いから……みたいな顔して歩いてますけどね、

     まったく信用できませんよ。

   これまでにだって、そういう子たちに何度襲われたことか。

       いちいち「繋げよ!」なんて言いません。

     とにかく奴らが迫って来ないように距離を取るだけ。


    「散歩をなめんなよ!」

       夫に向かい、そう口にしたこともあります。

   なのに……、

     夫は、全然、分かってにゃーいっ!(泣)


       消毒薬は使いませんでした。

   夫曰く「沁みて可哀相だから」とのことで。



     今日朝イチで、病院へ。

  大袈裟とか言わないでね、

     フィラリア検査もあったので。

       先生に事の次第を報告。

     チャチャっと消毒してくださいました。

 先生に、人間用の消毒薬でもオッケー?か確認すると、

「繰り返し使う……ということがなければ大丈夫」とのことで、

   取り急ぎは人間用で対応可なのだとか。

    「『マキロン』がいいかな」とも仰ってました。

   刺激が少ないみたいです。

ニャンコのオジサン曰く「注射はちゃんとしてます」とのこと、

  でも先生曰く「あぁ、それは関係ないですね」って。

  「猫のエイズや白血病は犬には移らない」そうなのです。

       ……で、

    「引っ掻かれるより噛まれる方が危険」なのだとか。

   「牙から入る雑菌の方が、悪影響」なのだそうです。



     それからね、


     15-03-27_1429.jpg


        ここは、「血が出易い」ところだそうです。

    「血が、結構出たんじゃない?」と言われました。

      やっぱり、鼻は繊細な大切な場所なんだね。



      流血はショッキングだったけど、

    何より鼻に刺さったツメがホラーだったけど、

        たもつは取り敢えず元気です。



 その他フィラリア検査やらついでの血液検査やらあって、

     病院を出たのは午前11時過ぎ。





    15-05-11_1112.jpg


           ようやく河原まで戻って来たけど、




   15-05-11_1113.jpg


              あぢぃーね、たもちゃん。








     15-05-11_1118.jpg


           「限界だよ、かーちゃん」



      それでも抱っこを嫌がるから、

         結局最後まで歩いて帰宅。



 病院では、その他エージングケアのお話なんかも。

      長くなるので、また明日書きます。





     大騒ぎしたけど、

        大事にはならなかった。



      15-05-08_2326.jpg


   ニャンコに襲われたショックもないようです。

         ↑ 先週の写真だけど(笑)





           
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

イソジンを10倍くらいに薄めるのも良いみたいだよ。
なめても大丈夫だし。
歯磨きの時に歯ブラシにつけて磨くと歯周病予防になるとか?
私が猫に引っかかれた時に医者に「猫の爪にはばい菌がたくさんいるから取りあえず水で流して病院へ」って言われたなー。
猫は犬の目を狙うから怖いよね?

災難でしたね・・・

大事なくて、よかったです・・・

爪がささっていたってことは、
にゃんこの爪が抜けたってことなんですか?
それほど強くチャッとやったということ?

ずいぶん攻撃的なにゃんこですね。
びっくりです。
「猫エイズ」とかよく聞きますから、
そりゃ、心配ですよねぇ。
うつらないなら、ほんと、よかったです。

私の友達もリードつけて
にゃんこを散歩させるって言ってました。
ご近所にご迷惑かけたらいけないからって・・・

案外、いるのかもしれません。

たもちゃん、お大事にね。

No title

うげげげv-12
そんな恐ろしい事がっっ
たもつ先生怖かったですね~
私もたぶん怒り狂ってオジサンを責めて、手が震えたと思う~i-201
猫も滅多に見ない犬にビックリしたのかなー?
でも、猫から近づいて来たのかi-232
悲劇だ。たもちゃんかわいそう。でも大ケガにならなくて良かったね~
ガクも猫につけられて「まさかガクを狙ってないよね?」って
すごく警戒したけど、実際こうゆう事件があるとなると、気をつけないと・・・
ツメが刺さるのはホラーだ。想像してゾッe-443
最後の写真、たもちゃんの顔に癒されました


No title

たもちゃん、エライ目に有ったね。。。。゚(゚´Д`゚)゚。
歩子も以前やくざな猫に道路端からいきなり襲われて、耳ザックリ、やられたよ。
直ぐ病院に行って処置してもらったんだけど
やっぱり先生が「外猫は結構いろんな菌を持っていることがあって、あとから化膿したりするから、早めに来てくれて良かったよ」と言ってましたっけ。

目をやられなくて本当に良かった。
その猫、虫の居所でも悪かったのか?
歩子の時は歩子がすれ違う時に一瞬止まって猫を見ちゃったんだよね。
で、ケンカ売ってんか、ワレ! になったのかも?
目にも留まらぬスピードだったことだけは覚えてるよ。。

たもちゃん、お鼻大事にしてね。

ポン太翡翠ままさま

さすが! 色々知ってる i-189
イソジンなら常備してるから……、ホント舐めても安心だしね。
外用薬って「舐めちゃうかも」って場所には使い難いから、イソジンはすごくいいかも。
歯周病予防とか、ホント色々知ってるね!
ポンまま、猫に引っ掻かれたことあるの?
調べたら「消毒より何よりまずは水で流すこと」って書いてあった。
たもつはツメを抜いた時にサラッと流血したから、バイ菌があったとしてもその時流れ出てくれたかも。
あんな怖い目に遭うのはもうご免だよ~ i-183

アルままさま

本当に、目をやられなくて良かったです。
散歩デビューして間もなくの頃「猫に近付けちゃダメだよ。目を狙ってくるから」って教えてくれたオジサンがいました。
たもつが興味津々でニャンコの方へ行こうとしたからです。飼い主も全くの無知でしたね i-202
爪は、案外スポッと抜けるみたいです。
刺さってる状態を見た時は卒倒しそうになったけど、たもつは無反応?で痛そうにもしてなくて…… i-230
猫の病気についてはサッパリで、その日はたもつの様子に注視しっぱなし。疲れました i-229
リード着けてのお散歩なら安心ですよね。
たもつが遭遇したニャンコさんが付けてたのは、ただの紐?みたいだったし。
ニャンコも外散歩で怪我したり病気移されたりということがあるみたいだから、リード着けてのお散歩してるお友達ニャンコさんはとっても大切にされてるんですね i-176

きょうねぇさま

いやぁ、その瞬間、私ももの凄い声上げちゃって i-201
だって、あまりのスピードに何が起きたか分からないくらいだったし i-230
ただね、たもつが全く興奮してなくて(ワンコに襲われた時は心臓バクバクな感じだった)、鼻先に異物があることにも気付いてない様子で、若干拍子抜け。
ニャンコも普段は家の中に居るって言ってたから、見慣れないワンコに驚いちゃったのかも。
ただ、わざわざカートから出てくるか?って感じで、たもつが何したって言うのさ!っていう思いも。
その後ね、真っ先にガクちんのことを思ったよ。
ガクちん、ニャンコにつけ狙われてるよね~。愛情表現されてるみたいだけど、でも、大丈夫かな……って。
ツメは、やっぱホラーだよ i-282
ガクちんも、お気を付けくださいニャ i-260

paraさま

もうさ、私が興奮し過ぎて夫は宥めるのに大変だったみたい。
だって「大切な我が子がー!」って興奮せざるを得ないでしょ、この状況! i-203
歩っちゃん、耳ザックリって i-282
やっぱり外猫は怖いね。どんな菌持ってるか分からないし、犬にどんな影響があるか分からないし。
猫に引っ掻かれると化膿したり微熱が出たりとかあるって読んだから、その日はたもつのことをずーっとガン見 i-84
そういう時の対処法、もっと勉強しておけばヨカッタと反省。
そのニャンコ、どうしてたもつを襲ったのか不明。けど、目が合っちゃったのかな?
所謂「ガンつけてんのか?」ってやつ? それって、ヤカラ? コワ過ぎだよー i-183
たもつはすっかり元気、どうもありがとー i-176

No title

猫が襲って来たのですか!
うちの旦那ならその猫蹴ってますね。
たもちゃんおとなしいのにどうして襲って来るのでしょうね。
吠えないから猫が強気に出たのかな?
かわいそうにたもちゃん(*_*)
今は大丈夫なのかな?
マキロンはうちも使ったことがあります。
足を舐めすぎて炎症起こしたときにね。

*はなママ*さま

本当に驚きました i-183
日頃から野良猫さんには気を付けてるつもりだったのですが、まさか散歩中の飼い猫に襲われるとは…… i-182
私もホントは蹴り飛ばしてやりたい気持ち(← たもつより凶暴) i-229
私が慌ててる間に、猫はサッサと回収されてました。
お友達ワンコも野良さんに襲われたことがあるそうです。その子はニャンコとも暮らしてるんだけど、襲ってくる猫にはそういうことは関係ないみたい。
たもつは気性が激しい方だと思います。けど、一瞬のことで吠えるも唸るもなかったな i-229
マキロン、足の炎症にも効くんですね! うちも使ってみようかな。
はなさんも、ニャンコには気を付けてね i-250
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR