FC2ブログ

どこでも寝るよ

    先日、少しコワイ現場に遭遇しました 

  買い物帰り、自転車を走らせていた時のことです。

   駅からの道、川の流れに沿うように走るこの道は

       カーブも多く凹凸も激しいです。

 その女性は、私が走るのと反対側の歩道を歩いていました。

    普段なら目に留まることもない

  その老女の姿が脳裏に焼き付いてしまったのは、

    彼女が危うく車に轢かれそうになる現場に

      遭遇してしまったからです。

      それは、本当に一瞬の出来事でした。

 歩道を歩いていた彼女はフラフラと足元をよろめかせると、

     あっと言う間に車道へ倒れ込んでしまったのです。

          目の前には1台の乗用車。

  その瞬間『死』が、彼女の脳裏に過ったのではないでしょうか?

 幸い、車は彼女の面前で止まり、後続のバイクも追突を免れ、

       事なきを得た……ように見えました。

    突然目の前に倒れ込んだ老女に

  怪我を負わせず済んだことに安堵したのか、

     車は彼女を避けるとそのまま行き過ぎました。

   周囲の人間も一瞬息を呑んだものの、

 事故を目撃せず済んだことに胸を撫で下ろし、

   みなそのまま行き過ぎようとしていたんですよね。

        ……ですが、

   事態はそのままでは済みませんでした。

     車道に倒れ込んでしまったその女性、

  自力で立ち上がることができなかったのです。

  怪我を負っているようには見えませんでした、

    勿論主観ですから詳細は分かりません。

 車道に倒れ込んでしまった彼女、

    起き上がろうとする意思はあるのですが、

   身体が思うように動かないようでした。

 連れていたのはお孫さん、或いは曽孫さんかもしれません。
 
    幼いその子には事態が飲み込めないようで、

 呆気に取られたまま彼女の元へ歩み寄ろうともしません。

   反対車線にいた私と他数人が駆け寄ろうとしていたところ、

乗用車に後続していたバイクの男性が彼女に駆け寄り救助。

 本当のところ乗用車の運転手が救助すべきだったのでしょうが、

    その方もまた事故を免れることで精一杯で、

  その後彼女が自力で立てなくなることなど

      考えも及ばなかったのかもしれません。

  川沿いを走る道、凹凸も激しく歩道も途切れ途切れです。

偶々ガードレールのない場所で足を取られたことは不運でしたが、

    車のブレーキが間に合ったことは不幸中の幸いです。




  15-04-13_1740.jpg


           スヤスヤ気持ち良さそうだけどさ、




   15-04-13_1739.jpg


         そんな狭いとこで寝なくてもいいのでは?





   高齢者が遭遇する交通事故、

このような事例も少なくないのだろうなと感じましたね。

    転倒してしまったこともそうですが、

  何より自力で身体を起こせなかった様が、

      傍から見てもとても痛々しく、

    歳を重ねることを色々考えてしまいました。

    実家の父も、買い物に出て足元をふら付かせ、

 他人さまから手を差し伸べられたことが少なからずあります。

   最近は自転車に乗る危うさを実感したようですが、
 
 それでも外に出れば危険な場面は数知れずあるんですよね。

     思いも寄らない場所で、高齢者は足を取られるもの、

   改めて色々考えさせられてしまいました。





     15-04-16_033.jpg


            そういうとこで寝ちゃうとさ、



 15-04-16_034.jpg


          気持ち良さそうにしてるけどさ、





     15-04-16_037.jpg


           そこはとーちゃんの布団だしさ……。



     布団の取り合い、

  就寝前のバトルが騒々しいんだよね 








      15-03-29_2254.jpg


      たもちゃん、自慢げなカメラ目線だけどさ 

       バトルに負けてとーちゃんふて寝しちゃったよ 







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

無事でよかったですよね

自分の目の前で事故が起こるところなんて、
見たくないですもの。

やたら、事故に遭遇して、
悲惨な状況を目にしてきた私、
本当に、2度と見たくないと思います。

札幌という街は、
お年寄りにもベビーカーを押すお母さんにも、
車椅子の人にも、
やさしくないと、常々思います。
特に、冬場には。

もっと何とかできないのかなぁと。
だから、年を取ったら、
この街には住みたくない。

すべての人が安心して、
安全に歩ける街、必要ですよね。

たもちゃん、何か、スゴイ。
よく、そんな所で、くつろげますねぇ(*^O^*)



No title

こっわ~いv-405
ひかれなくて良かったですね~
想像しただけでドキドキ~変な汗が・・・
そのドライバーさんもビックリしたでしょうねi-201
心臓が痛そう(><)
事故っていやですね

免許取って間もない頃、目の前で事故を見たんですよ
渋滞で止まってたんですが、横から出て来た女性ドライバーが
反対車線に出たいようで私にペコって頭下げて・・・
そしたらその女性、確認もしないで出たもんだから対向車とぶつかって、
ぶつかった衝撃でそのまま私の後ろに止まってた車にバ~ン
窓を少し開けていたので、ぶつかる鈍い音が2回も聞こえて・・・
免許取り立ての私は固まってしまい、そのまま進んでしまったんです
1番の目撃者だったのにi-202i-202
人が倒れたらさすがに救助に向かいますけどね

たもちゃん、ムチ打ちになっちゃうよ~(笑

アルままさま

一瞬何が起きているのか分かりませんでした。
その女性、ちょっとふら付いたなと思ったらあっと言う間に倒れ込んでしまって……。
私はかなり遠くから見ていたのですが、車の運転手さんは肝を冷やしたことでしょう。
アルままさん、たくさん事故に遭遇しているのですね。
私も目撃してしまったことがありますが(大事故とかではないです)、その瞬間のことっていつまでも記憶に残ってしまうんですよね。
子供がトラックと激突した時の音などは、未だに頭の中から消えません。
札幌は、少し冷めた街なのでしょうか? 都市部は人口も多いから、中には優しくない人もいるのでしょう。
そういう意味では東京も同じかも。あ、この辺りは下町気質が残ってるのでお節介焼いてくれる人が多いですが(笑)
新しいビルを建てるのもいいですが、安全に歩ける街づくりにも力を入れてほしいものですね。
たもつは一人掛けソファを占領するのが好きなんです。
もうとっくに狭くなっちゃってるんですけどね(汗)

きょうねぇさま

ホントに怖かった。
ああいう時って声は出ないね。その現場がね、一瞬音を失ったような感じでした。
運転手さん、すごく怖かったと思います。
勿論、轢かれそうになった女性はもっと怖かったと思うけど。
免許取って早々に事故を見るって、心臓凍るね。
バ~ンとぶつかって、更にバ~ンとぶつかるなんて、結構大変な事故。
けど、そのまま進むって至って普通の行動のような気がします。後続車がいるから、その場に止まってる訳にもいかないし。
車を寄せて警察呼んで……なんて、ベテランドライバーにならないとなかなか気が付かないような気がします。
「目撃者」という意味では、私も反省することあるなぁ。
「大事には至ってないみたいだな、負傷者もいないみたいだな」ってそのまま立ち去ってしまったことあるし。
確かに目撃証言が必要なこともあるだろうから、やっぱりそこに留まった方がいいのかな。
たもつは無理な体勢で寝てることよくあるよ。限界に挑戦してるんだろうか(笑)

No title

以前チャリ乗って信号待ちしている時にぶつかってきて倒れたじいさんいたよ。
知らない人が見たらまるで私がぶつけたみたいな光景だよv-292
年寄りに限って横断歩道や信号のない所を渡ろうとするし。
今回の件は違うパターンだけどさ。
年よりも気を付けて欲しいと思うこと多いんだー。
辛口コメントでゴメン。
人には厳しくワンコには優しくが私のモットーv-290v-286なんちってv-8

No title

目の前で事故ってどきっとしますよね。
でも大きな事故のならなくて良かったですね。
うちの近所でもずっと前に顔見知りのおばあちゃんが道路を渡ろうとして倒れて、救急車で運ばれました。
くるまを避けようとして転んで骨折したみたいでした。
気をつけないとね・・・
私がガードレールのある歩道を歩いていて、その前、5mのところに車が突っ込んできたことがあります。
もう少し早く歩いていたら当たってました。
歩道だからと安全ではないのですよね。

ちゃもちゃん、布団の取り合いっこですか?
パパさんは負けてしまったのですね(^^;
たもちゃんには勝てないですよね(^^♪

ポン太翡翠ままさま

勝手にぶつかってきて倒れちゃうって……。けど、傍から見たらお爺さんの方が何かされちゃったみたいに見えるよね(汗)
どこでも構わず渡っちゃうのは年配の人の方が多いよね。ちょっと先まで歩いて横断歩道渡ろうってことしないんだよね。足腰弱って辛いのは分かるんだけど、周りはギョッとしちゃうよ。
自分も歳を重ねた時どうなってるのかと不安(汗)
誰だって、加害者にも被害者にもなりたくないもんね。
人には厳しくワンコには優しくが私のモットー ← これ、私もだよ! i-237

*はなママ*さま

本当に、心臓に悪いですよね。
事故って、ちょっとした隙間に起きるものなんだなと実感しました。
車を避けようとして転倒……、怖いですね。何もないところでコケそうになる私からすれば他人事じゃありませんよ。
*はなママ*さんも、危うい事故に遭遇してるんですね(汗)
歩道にいても油断できないんだから、いつもぼんやりしてる私なんて命がいくつあっても足りません。
たもつはね、いつでも自分の意思が最優先、「どこに寝ようがおいらの勝手だよ」って感じです。
布団の取り合いで夫が勝つことはまずありません i-278
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR