FC2ブログ

誤変換ですよ

   週末、実家で高校野球を観ていた時のことです。

    幼かったあの日、

こうして家族揃って野球を観ていた時のことを思い出していた私は、

            ふと呟きました。


 「子供の頃さ、

   『アンパイア』のこと『アンパン屋』だと思ってたんだよね~」

父「ん?」

姉「へ!?」


       ………………暫しの静寂。



私「え? 思わなかった?」

二人「…………」

私「……てか、子供の頃『アンパイア』なんて言葉知らないじゃん」

二人「…………」

私「思わなかった? 

    なんで野球場に『アンパン屋』がいるんだろ?って」

姉「はぁ?」

私「え? だからさ……。

   あぁ、あの人(審判)アンパン屋さんなんだろうな~って思ってたんだよね。

  本業はアンパン屋さん。……で、野球の時は審判。

   なんて言うか、その、『アンパン屋』っていうのは屋号って言うか……。

  あぁ、あの審判の家、老舗の『アンパン屋』なんだろうなぁって」

姉「へぇ?」

私「え? え? 思わなかった?」

姉「……思わないよ」

父(涙を流しながら、飯粒食べ零しながら、爆笑)

私「……てか、思うでしょ?

 ほら『台風一過』を『台風の一家』だと思ってた……みたいな」

姉「ははぁ~ん」


   実際、よくありますよね、こういった誤った変換。

  「台風一家」☓  「台風一過」○    

 「うさぎ美味しかの山」☓  「うさぎ追いしかの山」○

   「孫にも衣装」☓   「馬子にも衣装」○

「バルブが弾ける」☓ 「バブルが弾ける」○ (← 知人の話) 


  まあ、ちょっとした思い違いなら一時恥を掻くだけ、

                笑い話で済みますけどね。

   このところの私の周辺、

ちょっとした思い違いが、ちょっとも笑えない状況を引き起こす件が、

        多々発生しています。

  思い違いが多いのは、実家の父です。

 父も齢八十、忘れっぽくなったことも思い違いが多くなったことも、

    至極当たり前のことだと受け止めてはいます。

 ただ父自身「あれれ? そうだったっけ~?」と、

     軽い気持ちで思い違いを認めることができない。

  私「○○って、言ったじゃん」

      父「……言わないよ」

  その応酬で済ませられる程度の案件ならば、寧ろ安泰です。

父曰く「今日こっちに来るって言ったじゃないかっ!」

  (言ってないけどね~。

     ……てか、こりゃ急遽出向かないとマズイ事態ですかね)


父曰く「酒買ってきてって頼んだのに!」

 (頼んでないけどね~。

 ……てか、酒なんか呷ったら、またちゃぶ台引っくり返すだろーが)


父曰く「お前、なんで(うちに)居るんだ?(転寝から目覚めた時の台詞)」

  (あんたが呼んだからでしょ。

    ……てか、さっきからずーっとお世話してるし)


   これくらいならまあ、

     ウォーミングアップレベルってとこでしょうか。

  酷いのは昼夜の区別が付かない時、

    そして、曜日の感覚が鈍っている時です。

   先日も同居の姉の居ぬ間に、

    ちゃぶ台が豪快にひっくり返されていたようで……。

  
  呼べども返事がない、呼べども駆け付けてこない、

     呼べども父親の俺様を無視し続けている……。

   勝手にそう思い込んだ父、

  齢八十、ありったけの力を振り絞り、

    重量級のちゃぶ台をひっくり返したようです。

  時は平日の真昼間、当の姉は会社で仕事中だというのに……です。

 恐らくその後、父もさすがに「平日の午後、娘は会社だ」と理解した筈です。

   それでも返したちゃぶ台を戻すこともなく、

  飄々とやり過ごしていたかと思うと殺意すら覚えてしまいます。

    あ、父に殺意を抱くのは幼少期以来のことなので、

       自身は戸惑いすら覚えていません。


   私の記憶にある限り、

  父という人間は、決して自分の非を認めず、

    他人が正そうとすれば更に意固地になり、

   酒が入っていれば殊更に性質が悪く、

 そこらの物を破壊し、周囲の人間を甚く傷付けてきました。

  そんな父の記憶力や理解力が著しく衰えた今、

   「アンパン屋」は「アンパイア」違いだよなんて

   笑って済ませられる程度のものならまだしも、

  今後どれほど重度な思い違いが、

    父と私たちとを隔絶させるかと想像すると、

   日々気を病むばかりで大切なことも手に付かず、

     父からの電話を怯えながら待つ私は、

  今日もまた、一日を無駄にやり過ごしてしまうことになるのです。


    今日昼過ぎに来た父からの電話、

「明日か明後日か分からないけど、都合がつけば行くから」と返した私の言葉、

父の中では既に「明日来る♪」と誤変換されているに違いありません。

老齢の父が自身に都合よく脚色を加えながら誤変換してしまうことで、

   今後も悶着が増えることはあれ

 減ることなど期待できそうにないのです。

     父の思い違いや記憶違いを丁寧に掬い上げ、

 どこまで手を差し伸べて行けるかが今後の私たちの課題です。





    土曜日、所用で神田明神を訪れました。

  

   14-03-22_1808.jpg




    14-03-22_1807.jpg





   14-03-22_1806.jpg



      発つ頃には陽が落ちてきていましたが、

          燈明が灯り更に美しさを増していましたね。


   
  古いお守りを古神札納め所に納め、

     新しいお守りをいただきました。


    DSC_1703.jpg

    


       おねがい兎の御守です。

   
    DSC_1705.jpg


 願い事を記した短冊を託すとウサギさんが大国様に届けてくれる……のだそうです。

      因幡の白兎の故事にあやかった御守です。 




   
   最近のたもやん。



     14-03-17_1558.jpg


          ワンコも花を愛でるんです。




    14-03-19_756.jpg



     14-03-19_815.jpg


          ここまでは3月19日。




     今日の桜、


    14-03-24_1724.jpg


        そろそろ葉桜になってきました。




    河原のソメイヨシノは、まだまだ蕾も硬いです。


  
  ※みなさんのところへなかなかお邪魔できないような状況です。

    たまに押し掛けても読み逃げばかりですみません 






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

誤変換、あるよね~。
ワタシ誤変換とちょっと違うけど
レンブラントの夜警って有名な絵、実物みたときに凄いびっくりしたの。
だってワタシの中では 「夜景」だったんだもん!!

うちはね、今回実家に帰ってつくづく感じたんだけど
母が父の頑固さにほとほと参ってきた、というかイライラしてるのが凄く感じちゃって。。。
どっちもどっち、って感じもまぁあるんだけど(苦笑

>他人が正そうとすれば更に意固地になり
これ、すごく感じますね。
男の人の方が強いのかな? どうだろ?
たもつ先生と同じ、とまでは言いませんが親への対応にいろいろと悩むこの頃です。

桜も咲きましたね~♪
頑張りすぎないでね。自然に平らに、ね。
と、人には言える( ̄~ ̄;)ウーン・・

No title

神田明神といえば、文鳥さん達が右手の方(だったかな)に
飼われているそうな。

可愛らしいポニーさんもいるって聞いたことあるんですが

どーでした?


おおおーっ(^O^)

相変わらず、濃密な父娘関係ですねぇ…(^_^;)

今日は、夫のおじの葬儀に行ってきました。
私は、実家の父、母が亡くなっても、
きっと、泣かないと思うのですが、
今のような希薄な関係だと、後悔はしそうです。

「私が悪いのか?」 と、
自分だけに責任があるとはあまり思いたくないのですが、
私の冷たさにも原因はあるのかもしれない…とは、
やっぱり思うんです。

たもつ先生のように、不満に思っても、腹が立っても、
しっかり父と娘の関係を貫きとおしているのは、
素晴らしいと思ってしまいます。

それにしても…
見事な花々ですねぇ…
うらやましいです。

paraさま

レンブラントの「夜警」が 「夜景」……って、結構ありがちですよね。
だいたい「夜警」って言葉、日常生活にあまり出てこないもん。

母が父の頑固さにほとほと参ってきた ← これ、うちも同じでした。
母は父の頑固さにずーっと耐えてきたんだと思うんですよね。
でも、年取ると耐えたり許したりするのがしんどくなってくるみたいで、「面倒臭ーいっ!」って思いが母から滲み出てましたからね。
男の人って要らないプライドが邪魔して、他人に耳を貸さなくなってきますよね。
年取ると尚更かも。
けど、更に年を取ると素直な感じに変化してきますね。
うちの父は以前より子供の話に耳を傾けるようになりましたよ。
自然に平らかに……って、必要ですよね。
ギスギスしないで行きたいです。

☆えぬ☆さま

神田明神の文鳥さん、知りませんでした~。
ここで結婚式を挙げて以来、結構訪れてるんですけどねぇ。
ポニーさんは左手の方にいますよ。
この日は既に家?にお帰りになっていましたが……。
とても大人しいポニーさんで、撫でることもできますよ。
先日☆えぬ☆さんのブログの方に書いてくれたコメントを読んで、なんだか自分の中の棘が1本(……というかもっとたくさん)抜けたような気がしました。
もっと想像力を働かせて生きないとダメだなぁと改めて感じましたね。
ホント、ありがとうございました。

アルままさま

あはは、濃密な感じですかねぇ。
これが、海外で暮らしてて滅多に会えないとかって感じだったら、まったく異なった関係になってたかもしれませんね。
両親との関係が濃密か希薄かは他人のところと比べても仕方のないことなので、アルままさんの心のままに接するしかないのでは?と思います。
ブログを読む限りアルままさんは「冷たい」とはかけ離れた方のように思えますが……(汗)
……っていうか、アルままさんが冷たかったら、私の冷酷さなんてどーしたらいいの?って感じですよ(笑)
河津桜ももう終わり、そろそろソメイヨシノが開き始めました。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR