FC2ブログ

俺にはもう無理

  「もうさぁ、俺にはそんな体力ないんだよ」

    そう嘆くのは、実家の父です。

 歳取ったんだねぇ、気の毒に……、

   なんて一緒に心を痛める必要などありません。

  
  なくなったことを嘆くのは、

    ちゃぶ台引っくり返す為に必要な体力、いや腕力か。

 ちゃぶ台引っくり返すって……、

   ごくごく普通の家庭に育っていたら

目の当たりにすることもない荒んだ光景ですよね。



    一徹


   ↑ そうそう、こういうの。



  ちゃぶ台を引っくり返すという漫画の世界の出来事、

これ、私の実家では日常的に繰り広げられた光景なんですよね。

 あ、↑ の星家のちゃぶ台、

  これ、比較的軽量なもののように見受けられますが、

   実家のちゃぶ台は違います。

(父曰く)高級木材を使用した重量感のあるちゃぶ台で、

   二人掛かりでも移動に難儀なほどの代物なんです。

  
    そのちゃぶ台を、

 癇癪を起こしては引っくり返してみせる父に、

   家族はいつも翻弄されていましたね。

  始まるのはいつも母の手料理が並んだその後で、

 撒き散らされた皿を呆然と眺めながら、

   今日晩ご飯なしかぁ、

 トンカツだけでも食べておいて良かったぁ、

  なんて騒動とは無関係なこと一生懸命心配したりして。

   あ、でも騒ぎが治まると、

子供たちの分だけでもと母が何かしら拵えてくれたので、

 空腹に耐えながら寝床につくということはありませんでしたが。

 
とにかく、事あるごとに父がちゃぶ台を引っくり返すお陰で、

   居間の襖には醤油の染みが走り、

炬燵掛けからは煮詰まった味噌汁のような匂いが立ち上っていましたね。


   癇癪を起こす理由は、実に些細なものでした。

くだらな過ぎて、とてもじゃないけど網羅なんかできません。

  正義感の強い姉とは、父はよくぶつかっていましたね。

 支離滅裂な自論を繰り広げた挙句、

冷静な姉から至極真っ当な意見で切り返されると、

  父は益々手の付けられないような状態に……。

   雷鳴がとどろき暴風雨に打たれながら私は、

 善悪なんか正誤なんかどうでもいい、

  ただ、なあなあで事が過ぎるのを祈りながら、

身を屈めちゃぶ台の片隅を夢中で押さえ続けるのです。

  
   理不尽なことに慣らされた私は、

 いつしか平気で嘘を吐く泣き真似の得意な

         嫌な子供になっていましたね。

   
  先週実家を訪ねた折も、

「この前も頭に来ちゃってさぁ。

  お膳引っくり返してやろうと思ったんだけど、

    俺ももうそんな体力残ってないんだよなぁ」

  なんて、弱々しく苦笑いを浮かべてみせる父。

      
   ……つーか、引っくり返す必要とかないし。 


   見ると、

 ちゃぶ台が少しだけいつもの場所より動いているんです。

  「あのさ、おバカさんなの?

    お膳引っくり返す必要なんかないでしょ」

「だってぇ、頭に来ちゃうんだもの」

  「頭に来ることなんか何もないじゃん」

 よくそんな簡単に激高できるよ、

       単細胞なんだろうな……なんて、

   勿論口にしませんよ、父の前では。


  彼自身嘆くように、

 実際父の体力はここへ来て急激に衰えを見せ始めているんですよね。

   以前は酔いに足を取られて転倒することなどありましたが、

 今は素面でもその足取りの危うさを否めませんから。

   ちゃぶ台引っくり返す腕力の衰えより、

  足腰の衰えを心配した方がいいよ、まったく。


そんな父も、最近は妙にしおらしい態度など取るようになりまして。

 「『老いては子に従え』って言うもんな」

    などとこちらが耳を疑うような台詞まで吐くように。

   従う必要なんかないよ、

  いつまで経ったって親は親だからさ。

 ただ、ちゃぶ台引っくり返すのはいい加減卒業した方がいいかもね。


   


    13-10-22_1213.jpg

     
    

  13-10-22_1214.jpg


      
     子供が安心して眠れるように、

   世のお父さま方、

 ちゃぶ台引っくり返すなどという蛮行は、

       どうかお控えくださいますよう…… 






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ぎょっ
ちゃぶ台ひっくり返しですか。
たもつ先生はあまり重たくならない感じで書いてると思いますが、私には見えます。
子供時代の不憫さが
だって私も同じ思いしましたもん
割れた器が弟の足をかすめ、血を見た記憶が強く残ります。
そして今はたもつ先生のとこと同じように弱々しく見せる父です。
弱音を吐くたび苛立ちが増しますよ(∋_∈)
昔はいきがってたくせに、今さら何!?
…と、思い出してイラッとしながら、たもちゃんのシッポのつけ根のシワに癒されます(笑
やっぱわんこって平和の象徴だゎ~
みんなイライラしないでねですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きょうねぇさま

うわ~ん、見えちゃいました?、ちゃぶ台引っくり返った悲惨な光景 i-237
きょうねぇさまも同じような思いをして育ったなんて驚きです。
あのような光景はそう滅多に見られるもんじゃないと思っておりました。
割れた器が……血を見た記憶が……って、確かに笑えませんよね。
うちは女ばかりだったからかな、父もちょっとだけ手加減してたかもしれません。
けど、今思い出してもなかなかの荒れ狂いぶりだったと思いますね。
ズルいなぁと思いますよ、弱ったところ見せられちゃったら、もう今更責められないですもん。
まあ、表現下手だったけど愛情深い人なんだということは理解してるつもりなので、複雑な気持ちですね。

たもちゃんのシッポのつけ根のシワに癒されます(笑 ← 癒されちゃってください i-176
ワンコと暮らす平和な生活で、自分に足りなかったものを補ってる最中です i-179

鍵コメさま

あ、ははは。みなさん色々あるんですね~ i-229
なんか、大変だったの自分だけじゃない!って、変に安心してしまいました i-237
要領よく難を逃れるのは私で、納得できないと反発ばかりしていたのは姉ですわ、オモシロイものですね。
父の爆発、私の方に向いたことほとんどないんですよね。
私が小心者で空気読みまくっていたから i-278
高校生くらいからもう仲良しなんて羨ましいです。
父と姉は未だになんだか微妙な関係に見えます。
お宅はお嬢たちにメロメロで益々上手く行ってるんですね。
父親は大きな子供 ← そう思うと、気が楽になるような i-229

星一徹さんだったんですか…

そうなんですか…
現実にいらしたのですね、そういうお方。

たもつ先生、大変でしたねぇ。

そーかー、
そして、長女というのは、
父親と真っ向からぶつかるものなのですね。

より情勢が悪化するとしても。

そして、次女は
平和を好むあまりに、
ことなかれの方向に行く…

ああ、わが家の子どもたち
3姉妹も同じです~

いやいや、
夫はちゃぶ台をひっくり返したりしませんけど。
そんな力もなさそうだし。

でも、長女とは、小さい頃からことごとくぶつかり、
それをみていた、平和主義の次女は
争いを回避するために、
要領よく立ち回り、
ホンネを言わない子になったように思います。

難しいですね。
家庭平和の維持。

それにしても、たもちゃんの
何てカワユイこと!

アルままさま

そうなんです、現実にいるんですよ、そういう人。
記憶はだんだん薄れていくけど、すっかり消え去るってことは生涯ないんだろうなと思います。

長女は真っ向からぶつかりがちかも……って、思いますね。
……というか、最初の子にとって状況がどう変わるかは未知の世界なので、自分にとっておかしいことはおかしいとどうしても主張することになるのかもしれません。

次女はその様子を目の当たりにして育つので、親との付き合い方、自分を傷付けない方法、自然と学んでいくんじゃないでしょうか?

平和主義の次女は争いを回避するために要領よく立ち回りホンネを言わない子になったように思います。 ← 自分のことを語られているようです。今の今まで父親にホンネを話したことがないように思います。

血が繋がってるから放っておいても分かり合えるんじゃないかと思いたいけど、血が繋がってるからこそ色々ぶつかるのかなとも思うんですよね。
ぶつかり合える方が、反って健全なのかもしれません。

たもつのお陰で、平穏な日々です i-179
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR