FC2ブログ

ウンP争奪戦

   我が子が幼かった日々のこと、

     ぜ~んぶ覚えているようで、

 これ、案外忘れてしまっていることも多いですよね。


  先週、このブログにもちょいちょい遊びに来てくれる、

 たもつも大好きな『ごん&サファまま』さんが我が家を訪ねてきてくれたのですが……。


   彼女、生まれついてのワンコの使い手で(← たぶん)、

  初対面のたもつも一切の躊躇いもなく彼女に突進 

    秒殺で、彼女に手懐けられてしまいましたね 

   知り合ったのはたもつが生後7~8ヶ月の頃だったので、

  付き合いはかれこれ5年近くになるでしょうか。

   
    
 当時、たもつは多くのワンコが集まるグランドにデビューしたばかり。

彼女が連れるワンコ(ごん♂ & サファイア♀)はその中でも先輩格で、

  周囲のワンコたちも一目置く存在。

    ……っていうか、一目置かれていたのは彼女自身だったかな。

   使い手である彼女の周りにはいつもワンコが集まっていたし、

 私の呼び戻しを無視しまくりのたもつも、

  彼女の姿を見つけると呼ばれもしないのに猛ダッシュで足元へ馳せ参じていたんです 

   飼い主の元へ戻れよ  って感じなんですけどね 


     その彼女と昔の話をしていたのですが、

 たもつのとんでもないおバカな過去を回想することとなりましたよ。




 当時、決まってグランドに遊びに来ていたお子ちゃまワンコは数匹。

よく絡まり合って遊んでいたのは、たもつより4ヶ月若いビーグルのピー♀。

それからやっぱりたもつより4ヶ月若いラブラドールレトリバーのバニラ♂。

 
    このバニラと絡まり合うと、

   とにかくグランドに激震が走ることが多かったですね 



  ごん&サファままさん曰く、

「そう言えばさ、たもつったらよくごんかサファイアのウ○チを振り回してたよね~ 

 あ、これ、勿論ウ○チ本体のことじゃなく、ウ○チ袋のことです 

  「そうなんだよね~。バニラと取り合いになったときなんて大騒動になっちゃってさ 

「なにそれ? バニラとウ○チの取り合い? 

  「あれ? その話じゃなくて? 

 つまり、騒動は一回きりのことじゃなかった訳でして……。



            



    0歳だった、たもつとバニラ。

  柴犬とラブラドールレトリバーという体重格差はあったものの、

   当時はどちらが優勢ということもなく
   (いや、たもつがいつもとっ捕まってたかな 

 会えば絡まり合ってじゃれ合ってという仲で。


    仲がいいのは大変ありがたいことなのですが、

   問題は、悪さをするときもいつもつるむということ 



  「わーっ! それダメ! ウ○チだよーっ!」

  

     叫び声の方に目を遣ると、

   そこには、誰かのウ○チ袋を咥えた坊主の姿が 

    
  「バカ   たもつーっ! 放さんかいーっ!」


     ……って、言うこと聞く筈ないんです 


   ……で悪いことに、

それをもう一匹の坊主(バニラ)が気づいちゃう訳ですよ 


    あれ~? なんか楽しそうなことが始まってるぅ? 


   嬉しそうな顔して、バニラがやってきますよ。


    「だからーっ、ダメだってぇーっ! 



      ぎゃあぁあ~~~   



  ウ○チ袋の一方をたもつが、もう一方をバニラが咥え、

おバカな0歳児がウ○チ袋の引っ張り合いっこを始めました 

   

     ぎゃあぁぁ~~~   


  「ウッ、ウ○チが出てきちゃうーっ 


    「こらっ! 返さんかいっ 


   ……って、返す訳なんかありませんよ 


   私たちが追い掛ければ追い掛けるほど、

         興奮して絶叫すればするほど、

  バニラとたもつは得意満面の表情を浮かべ、

    グランドを縦横無尽に走り回ってみせるのです 


   時には騒動に飽きた彼らがウ○チ袋を手放し、

  時には引きちぎられたウ○チ袋から中身が飛び出し 

    騒動は終焉を迎えることになります 


  
   数回の騒動を経た後には……。


 「たもつが来たよーっ! みんな、ウ○チ(袋)を上げてーっ!」

    という合図の掛け声がグランドに響き渡るようになりました 

   
   すると、大人ワンコを連れたワンコ先輩方は、

  我が子のウ○チ袋をフェンスに提げたり棚に上げたりと、

   悪ガキの手の届かない場所へ袋を避難させてくれるのです。


 
     みなさま、その節は大変ご面倒をお掛けしました 



  今になってみれば、

たもつもウ○チ袋が欲しい訳ではなかったのだと想像することはできます。

   
ただ、アホ面で冷や汗垂らしながら自分を追い回す飼い主の姿を見るのが、

     たもつは楽しくて仕方がなかったのでしょう 


  あの頃は一時たりとも坊主から目を離すことなんてできなくて、

    グランドを駆け回る動画も写真すらもないんです 

  
   それでも、たもつの子供時代を知る友人がいることで、

  彼のおバカな成長の過程を共有でき、

    今こうして笑い話として盛り上がることができるのですから、

   たもつも私もとても幸せだなと感じています 





      08-11-23-5外苑


            おバカ騒ぎを繰り広げてた頃のたもつ

              やっぱり子供っぽい 



   ごん&サファままさま
   
    13-05-16_1926.jpg


       また遊びにきなよ  (← なんで上から? 


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

たもつが小さい頃、面白かったよねーv-290
バニラはバケツも振り回してたしねーi-236
みんなおバカだったよねーi-235
たもつー!
また遊びに行くぞーe-215
待ってろよーv-219

たもちゃん若い!!
話聞くだけでも、すんご~く楽しそう(>∀<)
みんなが大騒ぎして遊んでくれるもんだから、たもちゃんも最高に楽しかったでしょうね
必死でうん〇袋を取り返そうとする皆様の慌て様を想像すると……
あやっぱ楽しそう
共有できるお友達の存在って感謝ですよね

No title

いい環境ですね!
先輩ワンズもオーナーさんも!
犬同士で教わることって多いですもんね^^
悪いことのが協力的だけど。(苦笑)
羨ましいな~。
幼馴染とか、近所のお友達は大事ですね。
うちは、近くにそういういい場所がなくドッグランに通ってましたが、自分の犬を止められない人ばっかで、襲われたり絡まれたりひどかったです。
一番大事な時に、トラウマができてしまいました。
それから、ドッグランにはいきません。

ごん&サファままさま

たもつが小さい頃、おマヌケだったよね~ i-237
けど、みんなに面倒みてもらえて、たもつも私もホント助かりました。
グランドで遊んだ経験がその後にも役立っているような気がしています。
ホント、楽しい日々だったなぁ i-189

きょうねぇさま

すんご~く楽しい雰囲気なのですが、すんご~くアホでマヌケでどうしようもない情景ですよ i-183
みんなが大騒ぎして遊んでくれるもんだから、たもちゃんも最高に楽しかったでしょうね ← 確かにその通りで、ヒドイ遊びをすればするほど大人たちが大騒ぎし、たもつは上機嫌だったように思います。
たもつの子供時代を一緒に過ごしてくれたワンコたち飼い主さん達との交流を今でも大切にしています。
そして、我が子を可愛がってもらったように私も他所の子たちを大切にできたらいいなと思っているんです i-260

みきさま

すごくいい環境、でした! ……というのも、そのグランド、今では立ち入ることができなくなってしまったんです i-181
そのグランドで、たもつも私も成長させてもらったような気がしています。
先輩方がみんな親切でやんちゃ坊主のたもつにも目を光らせてくれていたので、彼も安全に遊ぶことができたんですよね。
躾や体調や病院の話や、先輩方から色んな情報を分けてもらって、我が家もどうにかこうにかやってきたという感じです。
ドッグランも、集まる面子が決まっていると遊びやすいですが、初対面のワンコや飼い主さんが多いと馴染むのも絡ませ合うのも難しいですよね。
改めて、これまでに知り合ったワンコさんたち飼い主さんたちとの交流を大切にしたいなと思いました i-228

No title

悪戯をしたら無視しましょう、の定説の思いっきり反対ですね(笑
でもそんな遊びが楽しんですよね~~~。そんな思い出が積み重なって今になるんですよね。
ウンP袋だろうがなんだろうが、たもちゃんはたもつ先生と遊べるのがもう最高!だったんだろうな~。
歩子にもっと子供の頃ベタベタのアマアマで育てれば、ってちょっと思いますもん。
(生後半年くらいまで結構律儀にワンコのしつけの都市伝説みたいの信じてた口、なんですよ。ワタクシ。。。(^_^;)

幼馴染って今から作れるもんじゃ無いから、人もワンコも幼い頃から知ってる、って宝ですよね!

paraさま

定説の思いっきり反対 ← ホントそうですね i-229
ウンP袋振り回したり、よそ様のお散歩バッグ持ち去ったり、とにかくもう大暴れでしたよ i-282
……で、騒ぎを起こすのはいつも決まってお子ちゃまワンコのたもつやバニラ。
けど、本当にみなさんに助けてもらって面倒みてもらって、ワンコにも新米飼い主にも居心地のいい遊び場でした。

歩子さん、そんなに厳しく育てられました?
とっても素直で邪気なくて子供子供してる感じがするけどな~ i-176
うちもね、躾の本やらなんやら色々読みましたよ。
それにブリーダーさんから「厳しくね!」と言われて譲り受けてきましたから。
でも、理想とはかけ離れた育て方になっちゃったかも i-201
ユルユル溺愛で、世間様からしたら「躾のなってない犬」ってことになると思います i-202
歩子さんはまだ若いから、幼馴染まだまだたくさん作れますよ i-234
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR