fc2ブログ

ガス、ついてます

    実家の父のことですが……、


     このところ物忘れが激しくなってきています。


  老齢ですからね。


 新しいことを覚えるのが容易くないのは勿論のこと、


当然知っているべきことも簡単には思い出せなくなってきていたりして。


 本人も「あれ? なんだったっけなぁ、ちょっと思い出せないや」


  と、少々の戸惑いを覚えてはいるようですが、


   それでも最近は「やっぱり歳だなぁ」


  なんて能力の低下を受容する術を覚えたりするようにもなり……。


 勿論、少々の物忘れであれば気に病むこともありません。


否、少々の物忘れであれば寧ろ歓迎に値するいうというものです
                (← 鬼ですね、私)


  昨年の大河ドラマ、「平清盛」で盛り上がっていましたよね。


 そんな年には必ず


「保元の乱はどんな勢力の争いだったか知ってるか?」などとしち面倒臭いことを訊かれ、


 「さぁ~?」などと考えなしの返答をしようものなら、


  「まったく、学校でなに勉強してたんだ!?」


 と、説教を食らう破目になるのは必然でして……。


   そんなこともあり、


  本人曰く「頭脳明晰」な父の頭脳が少しくらい「ぼんやり」してくることは、


 ちっとも「明晰」じゃない頭脳を持つこちらの身としては、


歓迎こそすれ否定的になる要因など一つもない訳でありまして……。



  しかしながら、最近の父の「ぼんやり」具合、


 少々否大いに危惧すべき状況になってきているのです。


   ……というのも、


 「スルメを焼いてることを忘れて『炭』にしちゃったらしい」とか、


  「今度はアジの開きを『炭』にしちゃった」だとか……。


  いずれも、父独りきりのときに起きている“事件”なんですよね。


 これでは、いつ実家が『炭』になってしまうか、


  いやいや、いつ父自身が『炭』になってしまうか分かったものではありません。


    
            対策を講じました。


  
     13-01-17_728.jpg



  13-01-17_727.jpg


       これ、200円ほどで手に入る「カード立」です。


     ここに、

         台所 ガス ついてます


                         と入れました。


    急ごしらえなので、手書きです。


歪んだ手書き文字のボードを見た夫は「なんと涙ぐましい」と半笑い。


 そしてその反応に、

  
なぜだか私も大笑い(ホントは笑ってる場合じゃないんですけどね)


 それでも、翌日父に手渡すまで私は不安を拭いきれませんでした。


   プライドの高い父のこと、


  「注意喚起」を促すこの札が彼の自尊心を傷付けないとも限らない訳ですから。


 昨日実家を訪ねた際、


    私は恐る恐るこの札を父の前に差し出しました。


 「スルメを炭にしちゃったって聞いたよ~」


父は一瞬黙り込み、そして記憶を手繰り寄せているように見えました。


  あれれ、数日前の失敗も既に忘却の彼方ですか?


 「危ないじゃん、○○ちん(←父のこと)まで炭になっちゃったら堪んないよぉ~」


  「こういうの、私も使ってるんだよ(ウソだけど)」


「私もね、火つけたまま忘れちゃうことがあるからさ(これはホント)」


「ガス台つけたらさ、目立つところにこの札置いておけばいいじゃん」


    畳みかけるように言いたい事だけ捲し立てると、


   私は父の顔を覗き込みました。


 「そっか、字が小さ過ぎるね。今度太い字で作り直してくるよ」


   

    「……このままで、いいよ」


  私の勢いに押されていた父が、初めてそう口を開きました。


 自分の失敗を責められたと感じたか、


   或いは自分の衰えを思い知らされたと感じたか、


 その時の父が何を思ったのかは分かりません。


  それでも、その札を黙って受け入れた父の気持ちを思うと、


   嬉しいよりなぜか切なく、


その後は父の顔をあまり見ることもなく私は早々に実家を後にしたのでした。 
 



    そんな子供騙しの策で、父のウッカリを防止できるかどうかは分かりません。


  あの札も時間が経てば居間の中の風景の一つと化してしまうことでしょう。


   それでも今は、自分たちに出来得ることをするしかないのです。


 実家にこれ以上の『炭』が増えないことを今はただ祈るばかりの私です。




    ところで、私の「ウッカリ」防止の方ですが……。


   実は、この方が非常に力を発揮してくれているのです。



   13-01-16_1337.jpg


      私が食べた菓子パンの袋に頭を突っ込んで、

        必死にペロリンしているたもつさんですが……。





   12-06-13_1803.jpg


          母ちゃん、なんか異音が聞こえてきてますが 


    
     「なぁにぃ、たもちゃん。台所なんかに用ないでしょ~?」



    12-06-12_1831_20130118224311.jpg


           母ちゃ~ん、これでもぉ?


    
    「ひゃっ   お湯沸かしてたの忘れてたっ 


       
          たもちゃん、いつもお世話になってます 


    
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

実はうちのオカンも物忘れが時々ありますよi-179
人の名前が出てこなかったり、アレどこに置いたっけ?程度なら放置なんですが、やはり料理中のガスが心配でついつい言ってしまうんですよね。「離れないで」「袖が燃えるよ」とか。
同性同士なので怒らずに自ら進んでIHにしてくれたけど、父親だったら私も少し考えちゃうな~i-232
逆効果になったら元も子もないので言葉選んじゃいますね。
「このままでいいよ」ってお父さん、畳み掛けるように喋るたもつ先生の様子を見て、気持ちを分かってくれたんだと思いますよi-179
心配してくれてる、気をつけようってi-178
たもつ先生もたもちゃんに心配されないよ~に気をつけてねi-237

No title

もー!
たもつ様様じゃん。
たもつにガス消す訓練しといたらv-290

No title

あ~、こう言うの本当によくわかります。きょうねぇさんの言うようにうちも母は「そうだね、そうだねー」って聞いてくれるんですが、父は。。。
うちは(以前ももしかして書いた?かな?)車の運転が今一番のネックです。自分はまだまだ大丈夫、全然平気と思っているのですが。
いつ免許を返上させるか、自分から運転をやめてくれるか?
事故してからやめさせるのだけは避けたいのですが、火事もそうですが他人を撒きこんでしまったらと思うと。。。です。
たもつ先生の言い方、参考にします。いつでも相手が引けるように、拒否もありだよ、という所を作って置かないとダメですね。ワタシはついつい正しいと思うと押しまくって相手に逃げ道を作らない傾向があるんで。

でも全て親に見られる事はやがて自分にも来る事。その身になったら謙虚に自分の変化を受け止められる・・・ように・・・なれるのかなぁ?(-_-)

きょうねぇさま

物忘れ、増えることはあっても減ることはないですからねぇ(自分も含め)
そうそう、人の名前くらいなら笑って済ませられるけど、なにかの消し忘れってホントに怖い i-183
そっかぁ、きょうねぇさまのところはIHにしてくれたんですね i-190
うちの母も生前「IHもいいかもね~」なんて言ってたんですよね。
けど、家の中のこといじるのを父が良しとしないタイプなので……。
たぶん、自分が新しいことに慣れられないことを分かっていたからでしょうね i-230
父も、「炭」にしちゃった時は「ヤバイ!」って思ってる筈なんですよ。
けどね、たぶんすぐ忘れちゃうんだろうな~って思います。
これはもう、コトが起こらないことを祈るだけなんですよね i-230

たもつ先生もたもちゃんに心配されないよ~に気をつけてねi-237笑 ← ふふっ、気を付けま~す i-278

ごん&サファままさま

ホント、ガス消したり電気消したりエアコンの室温管理したり……、色々やってくれると安心なんだけどな i-278
もぉ~、また無駄な動きばっかしてぇi-183……なんて思ってると助けられてることが結構多い…… i-229

paraさま

何故なんでしょう、女性の方が素直に色んなこと受け入れる人が多いように感じるのはたんなる偏見でしょうか?
「お母さんはいいけど、お父さんは頑固だから~」なんていうお宅よくありますよね。
自らの衰えや時代の変化を受け入れることができるのは、ある意味女性の方が強さを持ち合わせているから……かなとも思います。

車の運転に関しては、実のところうちもヒヤヒヤしています。
ただ本人が「もう運転したくない」という本音を零しているので、このまま車に乗らないで時が流れてくれるといいんだけど……という感じです。
「車を手放せ、免許証を返上しろ」というのは受け入れ難いみたいなので、静観しています。
家族の責任でなんとかしなさい……と世間からお叱りを受けそうですが…… i-230

相手を納得させる言い方って難しいですよね。
「あなたにはもうその能力がないんだから」ってことを伝えるのは特に……。
私もたぶん「自分がやってることが正しい!」って思い込んでることたくさんありますよ i-229
だから、第三者的な立ち位置でアドバイスしてくれる夫の意見を参考にすることが多いです。
肉親とは違って冷静な目で判断できるからですね。

あぁ、歳とった時の自分がどうなってるか…… i-201
人の意見を素直に聞けるようになっていたいです i-229
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ
2021年10月12日お空組に

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR