FC2ブログ

バラの季節

    バラ祭りへ行ってきました 


         千葉市都市緑化植物園

        


 調子に乗って撮り過ぎたので、ジャンジャン載せちゃいます 




12-05-19-07.jpg



   12-05-19-05.jpg



12-05-19-03.jpg



     12-05-19-02.jpg



 12-05-19-01.jpg





     12-05-19-23.jpg




12-05-19-15.jpg


      12-05-19-13.jpg





 12-05-19-10.jpg



   12-05-19-09.jpg






12-05-19-31.jpg


    ホウノキ


  あの、棒葉焼きに使われる葉っぱはこれだそうです 






     12-05-19-29.jpg



12-05-19-28.jpg




  12-05-19-26.jpg



12-05-19-35.jpg


   

      12-05-19-27.jpg




  実家から車で20分程のこの植物園、


 千葉市で生まれ育ったのにも関わらず、


   私はこの度初めて足を踏み入れることとなりました 




 
 ……とはいえ、両親はここ数年度々この植物園を訪れていたようでして。



   昨春母が逝ってしまい、ぶらり旅を共にする相手を父が失うと、


 今度は姉が静かにその役を務め、


  昨年のこの季節は父と二人この植物園を訪れておりました。


   確か、母の四十九日法要前後の頃のことだったと思います。


 写真の中で、


   バラに囲まれ静かに微笑む父の表情はなぜかもの悲しく、


  母が病気と闘った数ヶ月の間に、


頬の肉が削げ落ちたのは闘病したその本人だけでなかったことを思わせました。


  

   そして……2年目を迎えた今年、


 初めて夫と私を交えた4人でこの植物園を訪れることとなったのです。



 
  訪問者が増えるとやたら饒舌になる父ですが、


 母との思い出話を語るでも大袈裟に燥いでみせるでもなく、


  ただ夢中でカメラのシャッターを切り続ける姿に、


    私は少々の戸惑いを覚えておりました。




 「○○(←母のこと)と来た時はさぁ……」


    訊いてもいないのにそう話したがる父が、


  今日はやけに静かで…………。





  隣に寄り添う筈の妻の姿がない現実から目を背けているのか、


 或いはそのような日常に無理やり自分を慣れさせてしまったのか、


   それは父本人にも分からないことなのかもしれません。


 
 ただ、こうして淡々と普通の日々を重ねることで、


  人は与えられた現実に慣れていくものなのでしょう。





  
   2人ぼっちだったバラ園巡りが今年は4人に増え、


         父はとても喜んでくれたようでした。


  少し早めの父の日の贈り物ができたこと、


 それも日頃より私の実家を気遣ってくれる夫の優しさのお陰と、


  幸福感に浸りながらの帰り道となりました 







   12-05-19_828.jpg



        おいらのこと忘れてるでしょ  



  「お、覚えてますって 」 



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

バラ 凄いです~v-254

大事な人が居なくなっても 毎日の日常がやってくるのですものね!
今回の記事を読み 東日本大震災の事を考えてしまいました、すみません
あの悲惨な光景 何時になったら復興出来るのかと思っていたのに・・・・
日が昇らない日は無いと言いますけどほんとうですね

お父様とお母さま仲が良かったのですね、二人の穏やかな時間をお父様 思い出していたのかな?娘さん達と一緒でうれしかったでしょね!
大事な人や 今までの日常を失った人は慣れるしか無いのでしょうね!

現実、今を 生きて行かなきゃ成らないのだし・・・・・ でも これも寂しいですね!
最後に 優しい旦那様で羨ましいですよ~e-415

tibikarinnさま

同じバラでも形も色も様々ですよね i-190 
それほど広い植物園ではないのですが、結構見応えがありました i-189

ホント、日常って止まらないんですよね。
哀しいことがあってもお腹は空くし、泣きたいことがあってもどこかで笑っちゃう。
そんなことの繰り返しで人生は過ぎていくのかな~と思います。
ただ、心の準備ができたうえで逝けた人とそうでなかった人とではやはり違うのだろうなとは思います。
そういう意味では、母は幸せだったのかもしれません。

うちは両親仲良しというよりも、父が母にベッタリという感じでしたね i-229
そういう家庭も多いと思いますが、夫が取り残されると後がタイヘンです i-183
たぶん、女の人の方が強いんでしょうね i-278
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR