fc2ブログ

空飛ぶペット



  先日羽田空港で、日本航空と海上保安庁の機体が

      衝突するという大事故がありましたね。

 その映像を初めて目にした時は、

  衝撃の大きさ火の回りの速さから

(まさかこれ、人が乗ってたりしないよね?)と

   身震いを抑えることができませんでした。

 すぐさま負傷者等の情報が出なかったこともあり、

ネットでは「回送機なのでは?」という憶測が

     流れたりもしていましたね。

その後海保機乗員の死傷という痛ましい情報が伝えられる一方で、

   日航機乗員乗客全員の無事脱出が伝えられると、

  その軌跡に世界からも称賛の声が届くこととなりました。

 そして、少し遅れてニュースに載ったのが

     「乗客のペットを救出できず」という、

 動物を愛する者としてはとても胸の痛む哀しい現実でした。

   更には今もネットを騒がせているのは、

事故の原因究明より全員脱出を可能にした日航機乗員の有能さより

  「飛行機にペットを乗せることについての是非」

        のような気がしています。

   以前、たもつもまだ若かった頃

「イタリアでは客室にペットを乗せることが許されている」との

       ニュースを耳にすることがあり、

   慌てて映像に目を向けるとそこには

飼い主さんに肩を抱かれ笑顔で客席に鎮座するワンコさんのお姿が。

     イタリア! なんて素敵な国なのーっ!!!

 一方で(日本ではどうして許されないの? 日本って遅れてない?)

    そう不満を覚えたのも事実です(←はい、浅薄です)

 今では国際線でもペットを客室に乗せることを許容する

      海外の航空会社は多いですが、

  日本の航空機ではペットは貨物室へというのが基本。

  アレルギー・衛生・マナー等々、

 乗客への配慮が必要となる項目は多岐にわたるのでしょう。

乗客の多くが動物(ましてや何の思い入れもない他人のペット)と

    密閉空間を共にすることへ不快感を覚えるとしても、

   それは致し方ないことなのかもしれません。

 私自身は他人様の子が「ワンワン」「ニャオニャオ」言っていたら

   (お喋りが好きなんだな)(隙あらばモフらせて頂きたい♪)と

        考えてしまう方ですが、

 それもまた人間の赤子が泣くのとは訳が違うようでして……。

    個人的な感情でつい語ってしまいましたが、

        本質は別のところにあり、

  非常時にペットをどうするのか?という部分ですよね。

 仮に客室に乗せたとしても「ペットは手荷物」扱い、

  非常時には置いて人間だけで脱出しなければならない、

           そういうことですよね。

     え!? そんなこと、できる筈がない……。

  今回の出来事を機に世間では

   「人間と動物との明確な線引きは必要」との

    声が圧倒的多数(らしい)ということを知り、

 後頭部を鈍器で殴られたような気分を味わっているところなのです。

   勿論「貨物室か客室か以前に、

 飛行機に乗せること自体が動物に負担を掛けること」という、

    動物を思っての意見にも触れることができたので、

     殴られっ放しということでもないのですが……。

 多くの意見を目の当たりにし今回感じたのは

  「動物が苦手」「ペットが嫌い」ということより何より

 「ペットを愛するあまり傍若無人ぶりを発揮する

   バ〇な飼い主のことを忌々しく思っている」人たちが

     一定数いるのであろうということです。

   我が家ではたもつを連れての飛行機旅を

       想定したことはありませんでしたが、

止むに止まれぬ事情で我が子を乗せなければならないという方も

        中にはいらっしゃるのでしょう。

  本音を言えば私自身も

 「ペットを客室に乗せられる時代が来ると良いな」と、

         そう思っています。

   勿論、こんな閑散としたブログだから言えることです。

 今回のペット論争では、

ちょっとした思いを書いたに過ぎない有名人が

   ここぞとばかりに攻撃されていることに、

         恐怖を覚えています。

 今すぐ全機全客室無条件でペット乗り込みOK!と、

    そういう流れになっている訳ではないですよね。

   ましてや、貨物室で大切な命が喪われたばかり。

  こういう意見もそういう考えもある……、

 そんな緩い感じで受け止めるのじゃダメなのかな?と、

    何事にもユルイ私はそう思ってしまうのです。

  今回の事故では、

 海保機で被災地へ向かおうとしていた乗員の尊い命が、

日航機では飼い主さんに大切に育まれていたであろう小さな命が、

          喪われました。

      謹んでお悔みを申し上げます。




  14-02-22-006_20240109165322d01.jpg


    たもやんは飛行機に乗ったことはありませんが、

      何度か飛行機を見に行ったことはあります。

  まあ、実際のところ飛行機には関心がなかったようで、

     大概空港に背を向けているんですけどね(笑)


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

飛行機事故の映像はショックでした。燃えながら着陸して乗客は?って思いましたね。
よく全員無事で助かったなって。
それからペっとは居なかったのか?
うしろの出口からも脱出できた人達がいて、そのとき、荷物室に中から行けなかったのだろうか?とか。
でも今なお日本ではあくまで荷物なんですよね。
一部客席に同乗デスクイル航空会社もあるけど、それでももしもの時はなにも持たないで脱出なので、ペットは置いて逃げることになってるそうです。
うちは飛行機も船も乗せたことがないですが、どうしても乗せなければいけない状況ってありますものね。
宮古島からたくさんの保護犬が飛行機で各地に飛んでます。
それを思うと怖いですね。

*はなママ*さま

あの映像はショッキングでしたよね。
最初は日航機しか見えず、まさか他の機との衝突とは思いませんでした。
炎が上がっている状態で動いていたので、乗客がいたとしても厳しいかなと。
ペットに関しては「乗っていたらしい」とか「乗っていたけど助かった」とかTwitter(X)でも噂が交錯していて、とにかく助かって!と思っていましたが……。
貨物室にいる動物の映像は何度か見たことがあります。
室温や気圧を客室と同等に保っているという機もあるようですが、やはり動物にとってはストレスが大きいでしょうね。
客室に入れても緊急時は置いていくって、そんな残酷なことある?って思います。
確かに多くの保護動物が飛行機のお世話になっているんですよね。
誰かの家族になった子だけでなく、命を運ぶということをもう少し丁寧に考えても良いのでは?と思いますね。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ
2021年10月12日お空組に

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR