fc2ブログ

全身麻酔が嫌なんだ

    ゴールデンウイーク真っ只中、

  陽気で浮かれたお話など載せたいところですが、

     本日も病気の記録です。



  3月31日(水)

 たもつに腫瘍疑いが発覚した翌日、

  再度先生に話を伺おうと夫と共に病院へ。

まず先生に訴えたいことは「全身麻酔は避けたい」ということでした。

 夫の中では、全身麻酔→そのままサヨナラ という構図が

      出来上がってしまっていたようで、

   それまで何度となくその不安を口にしていました。

 一方私の中では「一刻も早くCT・病理検査を受け、現状を知りたい」

     「明日にも検査、明後日にも切除を」という欲求が、
 
            渦巻いていました。

 とにかく事を急く私と、慎重に事を運ぼうとする夫との違いが、

       如実に表れた出来事でもありました。


  ここで先生に再度確認。

・全身麻酔ではなく局所麻酔で、
  注射針或いは穿刺での病理検査はできないのか?

・いきなり大学病院へ行くのではなく、
  ここで細胞だけでも取り検査機関に送ることはできないのか?
  (その結果を見てからCT検査を検討)

・たもつの年齢的に、また薬に対する虚弱さも含め、
  全身麻酔のリスクはどれくらいか?
  (ネット上13歳では全身麻酔を諦める例が多く見られました)

 
  先生からの回答はこういうものでした。

・患部の場所次第では局所麻酔で取ることも可能だが、
  口腔内は出血も多いので設備の整った病院で行うべき

・ジッとしていることが難しいので、病理検査だけでも麻酔が必要

・同様の理由から、CT検査は全身麻酔が必要

・何れにせよ全身麻酔が必要になるので、
  麻酔下で全ての検査を行うのがベスト
 (局所麻酔で病理だけやっても意味がない)

 「全身麻酔のリスク、たもつに関してはどうか?」訊いたところ、

  「もし今16歳ということなら、勧めないです」とのことでした。

 ※ 16歳という年齢でも全身麻酔は可能です。
    要はその子の体力体質次第ということ。


  それから「紹介された病院は何れも遠い」と訴えたら、

       以下の病院を提案されました。

 ・日本動物高度医療センター(JARMeC)(足立区)
 ・ER動物救急センター(文京区)

   何れの病院も我が家からのアクセスは比較的良いです。

 これで1歩前進したようも見えましたが、

   何より「全身麻酔」という大きな問題が解決しない限り、

       話は堂々巡りを続けるばかり。

 前日この2病院を提案しなかったのはなぜだろう?と考えましたが、

放射線設備がないことから選択肢に入らなかったのかもしれません。

    (やはり放射線治療を避けては通れないのか)と、

       この時酷く落ち込んだのを覚えています。

 
 夫はその後、たもつを撫でては不安を口にするように。

   「親(を喪う)よりツライ」 ←夫の両親は健在です。

 「親の時よりツライ」 ←夫は両親を見送った経験はありません。







  お散歩する姿も、いつもと変わらず。





 全身麻酔を回避する方法はないかと検索していると、

  無麻酔によるCT検査が可能な病院が見つかりました。

・キャミックひがし東京(江戸川区) 
  検査施設で治療は行っていない 費用は100,000円ほど

・東京サンライズアニマルケアセンター(足立区)
  病院なので手術入院も可 費用は30,000円ほど

 無麻酔CTを売りにしている病院、意外にも少なくありませんでした。

   ただ、これをクリアできたとしても、

  無麻酔での病理検査が難しいことに変わりはありません。


 4月2日(金)

 フィラリア検査時の血液検査で分かることがあるかもと思い、

             再び病院へ。

  腫瘍マーカーとは違いますが、

検査項目によってはガン疑いを知ることができると知ったからです。
 
   CRP検査(←ガンの検査ではありません)によると、

  「今のところ体内に炎症などはない」ということが判明しました。

「身体がキツイということはないでしょう」と聞くことができ、

                ひとまず安堵。


   「ガンかもしれない」と告げられてから、

歩みが遅いだけで(元気がないように見える!)と思ってしまうし、

   体重が50g減っただけで

 (げっそりしたように見える!)と過敏に反応してしまうし、

   妄想が暴走するのを抑えられなくなっていました。

 それから、中性脂肪値があり得ない高さになっており面喰いました。

    このような数値が出たのは初めてのことです。

 「代謝が悪くなっているのかもしれない」と言われると、

    (それもガンのせいなのでは?)と疑ってしまいます。

 更には、この日の便に少し血が付いていたこともあり

(口内出血なのでは? 患部からもう出血している?)と悲観的に。

 先生曰く「鮮血であることから、口内出血ではないでしょう

(口内からならもっと黒くなっている筈)」との回答を頂きましたが、

  (口内以外のところにもガンが?)と暴走は止まりません。


  腫瘍マーカーについては、

「(その検査は)一時期出たけれど、今はやっていない。

  やっていたとしても、精度は低いです」との回答を頂きました。

 まあ、腫瘍マーカーでガン疑いを言われても、

  結局は病理・CT検査で麻酔が必要になってくるので、

         やる意味はないのでしょう。


 そして、改めて全身麻酔について相談をさせて頂きました。

        しつこいですね、すみません。

 「たもさんは薬に敏感だし、

    お父さん(夫)が迷われる気持ちもよく分かります」と、

        先生も無理強いはしない姿勢のようでした。


  無麻酔CTについても訊いてみると、

 「それでも、病理検査には(全身)麻酔が必要なので」と、

            先生も戸惑いを隠せません。

 無麻酔CTの検査費に差があるのは?と訊くと、

   「料金はやはり機械の良さに比例します」とのことでした。


  先生によると

 「治療する病院が決まったら、

やはり検査の段階からそこでお願いした方が良い」とのこと。

 「『他所でやった検査結果を持ってこられても困る。

検査から治療まで一貫してうちでやるので』という場合がほとんど」

            とのことでした。

   (病院って、案外面倒臭いところなの?)


  無麻酔CTを受けた場合、

・はっきりと転移が見られたら「悪性」と診断。
・転移が見られない場合「悪性」か「良性」か、診断はつけられない。
・転移の有無程度ならどのCTでも見られるが、
  転移ナシでも「良性」とは限らないのでリスクが大きい。
・確定させるにはやはり全身麻酔での病理検査が必要になる。

  結局、全身麻酔が嫌なら診断を確定させることもできず、

        患部を放置せざるを得ない状況になります。


 切除になった場合は、

・周囲に飛んでいることを考慮し、
  患部の周辺1~3cmを余分に切除する。
・「顎や骨の切除を拒み、デキモノだけ切除するのは?」と訊くと、
  先生は返答に困っていました。
  

  治療方法としては、

・外科手術・放射線治療は要全身麻酔。
・抗がん剤は無麻酔。
 

   医者としては

「抗がん剤より切除手術の方が身体への負担が少ない」と

        見るようです。


 それから、ここ数日酷く顔を掻いていたので、

   「不快感はこのデキモノのせいか?」と訊くと、

・デキモノそのものに痒みや痛みはほとんどない
   (疼痛などは見られることも)
・骨に浸潤した場合は、骨折したような痛みを伴うようになる。

        ……とのことでした。

 「骨に痛みが出たら鎮痛剤で凌ぐ?」と訊くと、

      「うーん」と先生言葉に窮していました。


 「ただ、メラノーマは進行が速く転移もしやすいんですよね」と。

  (えっと……。モタモタしている場合じゃないってことかな?)

「腫瘍は顔を変形させたり、皮膚を突き破ることもあります」とも。

   (あ、これって、なにげに急かしてるよね?)

 診察後、たもつを赤ちゃんの頃から看てくれている看護師さんに、

          こっそり話を伺いました。

 「全身麻酔は勿論リスクゼロではないです。

たもちゃんはお薬に反応しやすいし、年齢でリスクも上がります」

「でも……。ご紹介した高度医療センターの先生方は

   やっぱり麻酔とかに特化した先生方ですから

       (安心してお任せして良いと思います)」

  彼女は凛とした眼差しをこちらに向け、

    落ち着いた口調でそう話してくれました。

  一気に憑き物が取れた、

   そんな不思議な感覚を私は味わっていました。

 「勿論、麻酔はリスクゼロではないです。

    たもちゃんは敏感だし、やっぱり、心配ですよね」

  それでも、これが我が家にとっての

     大きな転機になったのは間違いありません。


    (全身麻酔、やってもいいんじゃない?)
 


           ……続きます。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

全身麻酔は悩みますよね。うちの夫なら手術しないというような気がします。本人が痛みを感じていないのに、全身麻酔でなにかあれば後悔するからだと。
東京は獣医さんの大きな専門病院がたくさんあっていいですよね。
こちらは大阪市に1軒あるくらいです。
近くに救急病院はあるのですけどね。
たもちゃんが元気に戻ってきてくれてほんと良かった。

No title

こんばんは
前回の記事を読んで思ったのは人間と違い犬の場合は
わりと包み隠さずストレートに癌だと言うのですね
それでも治療については最適を先生にお任せするしかないのです
たもこさんはよく勉強されて自分でも提案された治療や検査に判断ができる強みがあって立派です
私なんて病院でゴルの件でお世話になった時には
ただただ先生お願いします
かなり危険ですの言葉には「それ困ります」あと泣いてただけでしたから
情けないです
ご主人もかなりつらかったでしょうね
たもちゃんはお二人のお子さんだもん
問題のひとつである麻酔のこともなんとかしてやりたいそう思うのわかる

普通に散歩するたもちゃんが健気だよん
ご飯食べたときにちょっと異常があったでしょ
あれやっぱり痛かったのかなぁ 泣
そんなこと考えてもしょうがないですね

治療の経過をたもこさん丁寧に書かれてるからほんと参考になる
お世話にならないことが一番望ましいのですけどね

*はなママ*さま

かかりつけ医も「男性の方が麻酔を嫌がる」と言っていました。
「女性は他人事だと簡単に麻酔を決める」とか言って、夫と意気投合していて笑っちゃった。
高度医療センターの先生も「『手術は絶対に嫌だ』という飼い主さんは少なくない」と話していました。
我が子にメスを入れるって、決めきれない人が多いのはよく分かります。
私はネット検索していて「この治療受けさせたいな」っていう病院、大阪とか名古屋とかに多かったりしましたよ。
近くに救急病院があるのは心強いですね。勿論、お世話にならない方が良いんだけど。
ご心配おかけしました。そして、優しく見守ってくださりありがとうございます。

ゴルのママさま

こんばんは。
うふふ、ワンコは「癌」という言葉を理解しないからね、結構あっさり告げられちゃうんですよね。
それで「この後どうする?」って二次医療の説明が始まっちゃう。
かかりつけの先生に手放されちゃうのか~ってちょっと寂しい気持ちにもなりました。
いやいや、私はただネット検索した結果を先生に投げかけてるだけで、先生も素人相手に大変だろうなぁと思います。
たもつの先生はとても優しいので、素人の質問にも丁寧に答えてくれるけど。
「危険です」なんて言われたら、そりゃ泣くしかないよ。私もたぶん同じ反応すると思います。
今回は夫の方が参っていると思います。私は案外気持ちの切り替えが早い(笑)
入院生活がダイエットになったのか、退院後の方が足取り軽いのよね。
食べた時に変な感じだったのは、患部の奥の歯がちょっとぐらついてたからみたい。
もうね、お口ケアがまったくできてなかったことを大反省ですよ。色々尽くしてるつもりだったけど、全然だった。
病気に関するブログは誰にも必要とされない方が良いんだけど、こういう怖いこともあるんだよってことがみんなに伝われば、それはそれで意味のあることなのかなと思っています。
私自身よその方のブログを参考にさせてもらってるし、こういう時SNSって有難いね。

何と言っていいのか、わからない・・・

しばらく自分のブログをおサボりしていて、
こちらに訪問もしていなかった間に、
たもちゃん、大変だったのですね・・・(・_・、)

それぞれのお家で愛犬については
いろいろな考えがあると思うので、
安易なことは言えないし、
症状や治療についても無知なので
何の助けもできないのが、とっても残念。

アルマがこれから先、癌とか、
悪性リンパ腫とか・・・
年齢とともに何かの病気に罹っていくだろう時、
私は方針を決めていますが、

そして、自分自身がそのような病気に罹った時にも
どのような道を選ぶか・・・
決めているのですが、

どんな方法を選んだとしても、
やっぱり不安や迷いは出てくるのだろうな、
と思っています。

たもこさんは聡明だし、
たもちゃんをいっぱい愛しているので、
きっと、たもちゃんにとって最も良い検査方法や
治療方法を見つけ出せると
信じています。

人間にもはっきり言うんですよ

「癌です」って。

正直、私は、最初驚きましたけど、
昔と違うみたいです。

「手術してもしなくても、
あと7年です」
とか言います。

は?
という感じですわ。

でも、夫の父、
7年過ぎても元気です。

あの「あと7年宣告」受けてから
15年以上経っているように思います。

お医者さんって、最悪の状態を想定して
話すみたいなんですよね。

アルままさま

もうね、この1ヶ月は余裕がなくて、私もみなさんのところへはまったく行けませんでした。
病気治療やシニアケアって、その子の体質や性格や様々考慮して家族が考えることだと思うので、よそのワンコさんのことで助言するのってなかなか難しいですよね。
私のワンコ友達も大切な我が子が望むことをしていたにも関わらず、何も知らない人から「可哀相」とか「気の毒だ」とか言われ傷ついていたことがありました。
そのワンコさんや飼い主さんと親しく交流しているなら助言も感謝されるだろうけど、見ず知らずの人から否定的なことを言われるのは辛いですよね。
アルマくんに何かあった時のこと、アルままさんはちゃんと考えているんですね。
私は正直何も考えていなかったです。
ゆっくり年を取り、時間を掛けてお別れの日を迎えるのだと、勝手に想像していたんですよね。
だからとても戸惑ったし、たもつにとって最良の選択をできているのか、迷いがなかなか消えませんでした。
私は自分のことはパパっと決められると思う。あれこれ考えるの苦手だし(笑)
私は聡明じゃあないけど、たもつをいっぱい愛しているっていうのは当たってます。
応援ありがとうございます。ワンコの犬生は短い、いっぱい愛していっぱい尽くしたいと思います。

アルままさま

最近は人間にもハッキリ伝えますよね「癌です」って。
10年前、母が癌になった時も即座にハッキリと言われたそうです。
母は気丈な人だったけれどやはりショックは大きかったようで、死を連想させる病名を軽々しく口にした医者を恨みましたね。
7年って、なんか微妙な年数じゃないですか? どう捉えていいのか分からない感じ。
7年過ぎても元気って素晴らしい。……っていうか、7年ってあまり参考にならない期限のような気がします。
お医者さんはたぶん、平均値で話したんでしょうね。
でも、その人の期限なんて、誰にも分からないと思う。
告げられた期限に落ち込むより、飄々と生きてる方が良いのかもしれませんね。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ
2021年10月12日お空組に

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR