FC2ブログ

やり残したことは

「断捨離」

 この言葉が巷で流行ったのは昨年あたりのことでしょうか。



 断捨離とは……、


 ヨガの「断行」、「捨行」、「離行」という考え方を応用し、

 人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え。

 断=入ってくる要らない物を断つ
 
 捨=家にずっとある要らない物を捨てる

 離=物への執着から離れる


 不要・不適・不快なモノとの関係を文字通り、断ち・捨て・離れ、

 停滞を取り除き、身体の、気持ちの、人生の、新陳代謝を促すこと。




 この言葉がふと頭に過ったのは、


 実家の片付けを手伝いに行き、


 その物のあまりの多さに改めて驚かされたからでした。



「それ、捨てちゃうの? 勿体ないじゃない」


 流行りの過ぎた服を躊躇いもなく処分しようとする私を見て、


 母はいつもそう嘆きました。


「まだ着られるじゃない、全然傷んでないでしょ」


「もう着ないよ~」


「勿体ないから、取っておくよ」


「取っておいても仕方ないじゃん」



 身長162cmの私の服が、150cmにも満たない母の身体に合う筈もなく、


 私が着古した流行りの廃った服はクローゼットに残されたままで……。


「だから『捨てちゃえば?』って、あれほど言ったのに」




 母の死後、家の中の片付けはおろか、母の身の回りの物の処分すら、


 一向に片付かずにいます。


 母の物に執着しているというより、


 ただその物の多さに圧倒され、家族もどこから手を付ければいいのか分からない様子なのです。


 

 そう言えばあの日、母は半ば諦め気味に呟いていました。


「半年あれば、あのガラクタも少しは片付けられるかな」


 半年とは、医師から告げられた母の余命のことでした。


「半年あれば、まあやらなくちゃならないこと、できるかな」



 母の思う「やらなくちゃならないこと」って……なんだったのだろう。


 週に一度の通院と処方薬以外、母はそれまでと変わらぬ日常を送っているように見えました。


 勿論、病気から来る不安や苦痛がない筈はありません。


 それでも、単なる通院のつもりで訪れた病院にそのまま入院し、


 二日と経たぬうちに逝ってしまうことになろうとは、


 家族は勿論、本人にも予期せぬできごとだったに違いありません。




 さすがに、「遺言のこしてね」なんて、あの時の母には言える筈もなく……。




 結局、母の言う「ガラクタ」とやらは片付かず、


「やらなくちゃならないこと」をどこまで済ませることができたのかも、


 家族には最早知る術もありません。




「これ、取っておいてほしいと思ってるかな~?」


「『そんなの捨てちゃいなさい』って言ってるよ、たぶん」


 そんな会話を繰り返しながら、母の後片付けは暫く続くことになりそうです。




「断捨離」という言葉は、単に物の片付けだけにとどまらず、


 大袈裟に言えば、自分の人生を見直すこと、ではないかと思っています。




 そう言えば、私も子供の頃「遺書」を認めたことがありました。


 決して、何かを深く思い悩んでいた訳ではありません。


 小学生の頃私はひどく身体が弱く、


 一学期に一度、決まって高熱を出すと学校を休んでいました。


 水銀体温計の表示いっぱいまで熱を上げる私を横目に、


 母は「これ以上熱が上がると……バカになっちゃうかも」などと呟いたものです。


 氷枕を手に部屋を出て行く母の後ろ姿を見送ると、


 私はこっそり布団から抜け出し紙と鉛筆を手にしました。


 遺書を認める為、でした。


 小学生の私が遺した「遺書」に決まって認められた「お願い事」は、


「パンダ子さん(← パンダのぬいぐるみ)を一緒にお棺に入れてください」


 ……というものでした 




 今年もあと三週間あまり、


 この一年を振り返り色々なことを整理整頓して新しい年を迎えたいものです。



11-12-05_1654.jpg






11-11-09_2106.jpg



 おいらからの「お願い事」……、


 留守番頑張った日は、もっとたくさんナデナデしてください 



 あっ、あの……「お願い事」の話題ではないのですが 


 まあ、いつもよりたくさんたくさんナデナデしてあげますよ 


 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

たもつ先生、こんにちわ。
実はわたしも、思い出のものや、なんか思い入れのある服、とか、とにかくいろいろ捨てられない質で、それで、押入れを開けるたびに、もう収納しきれずに大変なことになっている服(ほとんどがもうまず着ない)を見てみぬふりで来たんですけど。。
ちょうどここのところ、思い始めていたんですよ。
「もったいない、なんか捨てられない」で、ものがあふれてゆくから、
本当に今たいせつなものが見えにくくなっているんじゃないかなって。
だからほんとに、整理しよう!思い切って、要らない服、捨てよう!って、ちょうど思っていたときでした。

とっておくことが必ずしも「大切にする」ことともちがうだろし、
捨てたからといって大切なものはずっと大切。

そう思えましたよ。


*まりこうた*

深いですね。

えびです。

深くて良いお話ですね。
とても、お勉強になりました。
お部屋といっしょで、人生の整理整頓もしなくちゃ!(^^)!

聞きたいですね

たもつ先生、亡くなった方のやり残した事はどうやっても聞けませんが、でも、出来る事ならもう一度、ちゃんと話を聞いて、やり残した事をやらせてあげたいと思うのは、単なる感傷でしかないのですかね(;_・)

No title

お母さま 急に亡くなられたのですね、義母も突然でしたので 居なくなった時のままの状態です、一度百か日の法要の時 かたずけようとしたのですが余りにも物の多さにi-238 それに義母の子供達(義姉妹)には思い出の物なんですよね、いずれは処分するしかないのですが 一周忌までそのままにして それからと思っています。                  断捨離 ただ物を捨てるの意味だけではなく 深い意味があったのですね、勉強になりました。

まりこうたさま

まりこうたさんはね~、捨てられない人って、私気付いていましたよ i-239
だって、「これはあの時の服だわ」とか「これはあの人に貰った物だわ」とか、情が移っちゃう人って感じがするもの。
基本、優しい人なんですよ、まりこうたさんは i-214
私自身は「捨て魔」ですが、決して捨てることを推奨してはいないんです。
ただ、時折立ち止まって取捨選択することも必要なのかな~という気はしています i-179

えびちゃんさま

洋服やアクセサリーの整理もありますが、私の場合本の整理を始めると反省することがたくさんありまして i-201
「勉強しようと思って買ったのに、中途半端だったなぁ」とか「似たような辞書、また買っちゃったなぁ」とか i-182
身の回りの物を見直すことで、色んな目標とか夢とかを考え直す切っ掛けにもなるんですよね i-179

姫凛パパさま

本当に「何か思い残すことあるぅ?」って訊いてみたいです i-179
母は「心配しなくていいよ~」って言いそうだけど i-278
今日できることを明日に先延ばしにしがちな私ですが、そんなふうに生きていたら「やり残したこと」だらけになっちゃいますよね i-201
今更ながら、反省です i-229

tibikarinnさま

そうですね~、突然でした。
うちも、亡くなった時とほとんど変わらない状態です i-229
同居していた家族が少しずつ整理してくれていますが、それでも人一人分の荷物ってかなりの量になりますよね i-201
残された家族で思い出を語りながら整理を始めたら、いつになっても片付かないかもしれません i-229

プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR