FC2ブログ

高齢の柴犬に多い……

    前記事ではみなさまを驚かせてしまい

       申し訳ありませんでした。

     続きです。またまた長いです。



  以下、夜間診療してくださった先生による説明です。


   たもつの症状から考えられる病名は「前庭疾患」

    たもつの症状をおさらいしてみると……。

  ・ 頭が一方に傾いている(斜頸)

  ・ 眼が振れている(眼振)
     先生は「垂直に振れている」と仰っていましたが、
     私たちには「水平に振れている」又は
     「グルグル回転している」ように見えました。
     この違い、とても重要です。

  ・ 立ち上がることができずジタバタする。

  ・ 嘔吐する(これは診察室で1回ありました)



     先生に促され診察室に入ると、
 
    たもつは壁にもたれかかるように、

   それでも傾いた頭をしっかり上げた状態で、

       床に身体を伏せていました。

  表情は……、まさにポカーンといった感じ。

        たもちゃん、可哀相に。

    先生がたもつを診察台に乗せなかったのは

不規則な動きをして落ちてしまうのを避ける為だったのでしょう。

     後にそう気付くことができましたが、

やはり床に寝かされていたことには少なからず衝撃を受けました。


   前庭疾患には2種類あって、

 ・ 中枢神経系の前庭疾患(比較的稀なケース)

  脳幹や小脳に異常があるもの。
  眼振では、垂直での振れが見られる。
  MRIでの診断となるので全身麻酔が必要になる。
   ……ということから、最終診断となりやすい。 
  主な原因は外傷・髄膜脳炎・腫瘍・脳梗塞。  

 ・ 末梢神経系の前庭疾患(多くはこちら)

  内耳や耳と小脳や延髄をつなぐ前庭神経に異常があるもの。
  主な原因は中耳炎・内耳炎・老犬での特発性前庭疾患。

  特発性前庭疾患では、
   弱りがある側への斜頸・眼振・ふらつき等が見られる。
    この場合の眼振は、「水平」「回転性」のもの。
   後遺症として斜頸が残ることも。

 ちなみに、特発性前庭疾患は
  「高齢犬、なかでも柴犬に多い」のだそうです。

      そうなんかー(泣)


 発症すると「激しい船酔い」に襲われているような状態になる。

    ……ということで、

  たもつが身体を起こそうとしては横に倒れていたのは、

 目が回り上下左右の感覚も麻痺してしまった状態だったから……

          なのですね。


 
 先生から説明を頂いている最中、たもつが嘔吐しました。

    先生が素早く処理してくださったのですが、

     たもつが足周りを気にしていると、

  「気持ち悪いね。ここも拭こうね」と

    優しい気遣いも見せてくださいました。

   嘔吐物に未消化物はなく胃液のみ。

 あぁ、今食べてるフード、ちゃんと消化できてるんだなぁ。

        胃腸の調子は良さそう。

  騒ぎの最中、私はそんなどうでもいいことを考えていました。


   ……にしても、たもつは壁にもたれ掛かったまま、

       足腰立たないような状況です。

    たもつはいったいどうなっちゃうんだろう……。

  身体の自由が利かないこの状況がいつまで続くのか、

   先生もなんだか言いあぐねているようにも見えます。

 「先生。こんな状態で、排泄は難しいですよねぇ?」

  「うーん。たぶん、このまましちゃうことになると思います」

        え? このまま……?

    ウ○チするのに屈んで踏ん張っていたものを、

 このまま(寝たきりで)垂れ流さなきゃならないことになるの?

     表情こそ見えませんでしたが、

       夫もまた言葉を失っているのが分かりました。

   昨日はあんなに走り回っていたのに?

     このまま寝たきりみたいになっちゃうの?


  それからひと通り説明を頂きたもつの方へと目を遣ると、

       あれ? 眼振が止まった?

    しっかりこっちを見ているし、

  心なしか表情も出てきているように見える。


 ここで、先生が以下の処置をしてくださいました。

   ・ LR(ラクトリンゲル液)120ml注射

   ・ マロピタント(制吐剤)注射

   ・ グリセリン(脳圧降下剤)1ml/kg経口
  これがかなり不味いらしく、口に含ませるのに難儀しました。
  たもつは抵抗のあまり身体を捩じらせ、
   その勢いのまま自然と足腰にも力が入ったようで……。
  

      あ! 身体を起こしたね。

    ……っていうか、自分の脚でちゃんと立った!

     覚束ない足取りではありましたが、
   
たもつはフラフラと歩き始めおまけにスンスンまで開始したのです。

 投薬したとは言え、いやいや、そんな瞬時に効くはずない(笑)

       先生も目を丸くしていました。

    診察後たもつを抱え上げたのですが、

 「弱っている方に頭が傾いてしまうと思うので、

   そちらを支えてあげた方が良いかと思います」

        はい。

         ……ん?

  ついさっきまで右に傾いていたたもつの頭、

    今は何事もなかったように

  しっかり真正面を向いているではありませんか。

    「あれ? ……大丈夫そうですね」

      先生も、苦笑いです。

  夜間診療で診てくださったこの先生、

 説明が丁寧で分かりやすく、

  また患者や家族の気持ちに寄り添ってくれる、

      とても良い先生でした。  


   
   この後は掛かりつけ医のところへ。

 状況をお話した後に、ひと通り検査をして頂きました。

・ 血液検査
   基準値より多少はみ出している項目があるものの、
    今回の症状に直結するような数値は見られず。

・ 血圧測定
   ほぼ問題なし
   最低血圧が若干高めなのは、
    多少興奮状態にあるからでしょうとのこと。

・ 甲状腺機能
   低値ではあるものの、前回検査より改善している。
   これも、今回の症状には関連付けられず。


    先生とあーだこーだお話。

 先生曰く「脳幹や小脳に異常が見られる場合、

   身体を真っ直ぐに保てなかったりするんですよね」

  この時のたもつ、もう普通に立つことができていて、

     診察台の上でも不安定さはありません。

   しかも、前足をチョイチョイっと上げ、

     隣室にいる看護師さんを呼びつける始末です。

 脳に問題ないのが一番、

   MRIなら全身麻酔になってしまいます。


  結局、原因を究明することはできませんでした。

   ならば、また同じ症状が出てしまった時、

    飼い主にできることは何なのでしょう。

 「先生。注射とかブチっと打つとかはできないんですか?」

    「んー。痙攣とかではないのでー」

   もし同じような症状が出たら、

 今回同様夜間診療をしてくれる病院へ行くのがベスト

        とのことでした。

   それから、目が回ってふらつきがあるようなら、

 電気を点け部屋を明るくしてあげるのが良いのだそうです。

   明るくするだけで上下左右の感覚を掴みやすくなり、

      パニックを少し抑えられるのだとか。

  また、飼い主が眼振に気付きやすくなるのも利点です。


   夜間診療の病院で処置をして頂いたこともあり、

      掛かりつけ医では検査のみ。


  それから、今服用しているお薬についても確認。

 火曜日よりアポキル錠(痒み止め)を1日2錠服用、

    これを1週間続ける予定でいたのですが、

     2~3日中断することとなりました。

 一般的にアポキル錠は副作用が出ないと言われていますが、

  「たもつは薬に弱い」というのがここでの共通認識で、

   「これまで症例がないと言っても、

 たもつがその症例第1号にならないとも限らない」とのことで。

     安全を見て、アポキル錠は中断。

  もし痒み(炎症)が酷い時には、

   プレドニン(ステロイド)を使うということになりました。

  「末梢神経系の前庭疾患の場合、

 ステロイドを処方することもあるくらいなので」と先生。

 内耳の炎症が前庭疾患に繋がるということなら、それも納得です。


今回発症原因の1つに「老犬の特発性前庭疾患」と書きました。

     たもつは12歳、

 彼はもう老犬なんだということを改めて思い知らされ、

   なんだか切ない気持ちになってしまいました。


  あ、前庭疾患の症状の1つに食欲不振があります。

     帰宅後のたもつはと言うと、

   「お腹空いたー。なんかちょーだい♪」

  ササミは爆食でしたが、フードは完全拒否。

 本当にお腹が空いたら食べるよねーと思っていましたが、

     結局フードには一切口を付けませんでした。

   これを食欲不振と言っていいものか……。

    ※ 翌本日は、フードもしっかり食べてくれました。


     幸いその後、それらしい症状は出ていません。

 「症状が改善するのに数日、消失するのに数週間掛かる」と

       書かれているのを見ましたが、

たもつの場合「斜頸」や「眼振」は数時間のうちに治まりました。

     老犬の中でも比較的ヤング?なたもつは、

 症状があまり重く出ずに済んだのかも……と、信じたいです。


   昨夜もやはり私の頭に張り付いて眠りについたので

    前夜のことが思い出され少々戸惑いましたが、

   私自身ひどく疲れていたこともあり

       悩む間もなく夢の中へ(笑)


  倒れる前夜には夫が投げる靴下ボールを追いかけ

     はしゃぎ回っていたたもつ。

       それなのに…………。


   年を取るって、こういうことなんですね。

  たもつが誕生日を何度迎えようが、

 私は彼を老犬と認められずにいたのかもしれません。

    老犬と暮らしていくということと、

  私はしっかりと向き合わなければならないんですね。

  



    病院からの帰り、いつもの河原に寄りました。

 ちゃんと歩けるかな、ちゃんと屈んでウ○チができるかな。

      私たちのそんな不安をよそに、

   強風の中、たもつはマイペースで歩き始めています。

    さっきまでは全身の力が抜けていたというのに、

 たもつはよく歩き排泄も問題なく済ませることができました。

  私たちの心配をよそに更に先へ行こうとするたもつの姿に、

    もう泣いていいのか笑っていいのか分かりません。   

         


      20-03-20_1023.jpg


      しっかり頭を起こし、こちらを見ています。






   20-03-20_1021.jpg


     他にはなにも要らないから、

       とにかく元気でいておくれ。




       
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

無事にお家に帰れてよかったです

「前庭疾患」、
以前に高齢ラブの飼い主さんが
ブログに書いておられました。
その時には名前だけで、
くわしい症状の話はなかったのですが、
たもこさんのご説明で、ものすごくよくわかりました。

年を重ねていくと、いろいろな病気や不具合が
出てくるのですね。
我が家はすずは10歳、ごくうはパピーでしたから
高齢犬の経験はないに等しいです。
今回、しっかりお勉強させていただきました。
ありがとうございます!v-353

たもちゃんの回復力すごいですね。
まだまだヤングですよ~
ずっと元気でいてくださいね\(・_・)

No title

そうでしたか
今は回復したということで安心しました
高齢によるものだとは言えまた次回があるのかもとなると
安心しててはいけないのかな

こんな風に何度もトラブルを起こしていくのが高齢な証拠
できればいざというときに病院を探すのが一番かもしれませんが
一時的な自宅でできる処置などあるといいのですが
それでも都会なのでこうして夜間診療もしてもらえるわけでお薬で対処もできてよかったです
田舎では無理ですもんね

なによりたもちゃんが頭をしっかり上げて
トイレもでき
普段なら喜ぶほどのことでもないですが
トイレできたことうんとうれしいですよ

たもつ家の皆さん大変お疲れ様でした

たもちゃんによくがんばったと頭ナデナデ代行お願いします

No title

愛犬が老いる、でも、どうしてもそんな風には思いたくない、何時までも
自分の周りで 遊んでいる若々しい姿ばかりを重ねて見てしまう、
でもね たもこさん、たもちゃん まだまだ若いですよ~
周りのワンちゃん高齢犬多かったけど みんな長寿を全うして 虹の橋を渡ったではないですか~それを考えればまだまだですよ~
こう言う事って 突然襲い掛かってくるんですよね、
でも たもちゃんはまだまだ大丈夫、たもちゃんの体調を見ながら
たもつ家の弾丸ドライブ、春ですものそんな記事を読めるの待っていますよ~
花梨が出来なかった長寿への挑戦 頑張れi-199

愛犬が自分の歳を越えてゆく
ワンコが歳をとるとそれなりに心配事が増えるね。
たもちゃん、ビックリしたんよ。
なんじゃヽ(♯`Д´)ノコリャーッて本犬思ったはず。
ドキドキする事が増えて心臓に悪そうだけどたもちゃん支えれるよにとーちゃんと頑張って!
そして春はいつもの弾丸見せてね
(*´∀`)

愛犬が自分の歳を越えてゆく
ワンコが歳をとるとそれなりに心配事が増えるね。
たもちゃん、ビックリしたんよ。
なんじゃヽ(♯`Д´)ノコリャーッて本犬思ったはず。
ドキドキする事が増えて心臓に悪そうだけどたもちゃん支えれるよにとーちゃんと頑張って!
そして春はいつもの弾丸見せてね
(*´∀`)

No title

前庭疾患ってよく聞くのですが、突発性だったらいいですね。
でもびっくりされたでしょうね。
柴犬って痴呆症になりやすいし、それに前庭疾患もとなると、これからどういうふうに気をつけて行けばいいのかわからなくなりますね。
でもたもちゃんすぐに元に戻ってくれたから良かったです!
まだまだ12歳!ガンバレー!たもちゃん!

鍵コメSさま

貴重な情報をありがとうございます。
1日1日の変化を噛みしめながら読ませて頂きました。読みながらもう胸が締め付けられてしまって……。
ワンコさんも主さんも本当によく頑張られましたね。
私も色んな方のブログを読みましたが、やはり斜頸が数日続くのは当たり前で服薬や通院を経て症状が治るまで数週間を要することが多いようですね。
たもつは本当に軽症だったんだなと感じます。
「前庭疾患」という病名はお友達ワンコが経験済みだったので知ってはいたのですが、発症した時点ではそんなこと頭に思い浮かびもせず。
とにかくあり得ない動きを見せるたもつにこちらはパニック状態。更には失禁までしたので、この世の終わりかと思いました。
特発性ならば原因不明。うちの場合は外耳炎などもあるので、炎症の影響もあると考えています。
何れにしろ、再発は意識せざるを得ませんね。
眼振の揺れ方向については、やはり判断しづらいですよね。
掛かりつけ医に話してみたら「シーズーとか目の大きい子だと分かりやすいんだけど、柴さんだとなかなかね……」って。
「垂直揺れだと脳に異常が……」なんて言われたら、どっち揺れなのか気になって気になって。
まあ夫と勝手に「横揺れに見えた!」って決着付けてるんだけど(笑)
主さんがとても丁寧に日々の記録を付けていたことに感動しました。愛情たっぷり注いでもらって、ワンコさん本当に幸せだったでしょうね。
リンク貼って頂き感謝します。経験した方の言葉はとても重いです。
今後の為にも参考になるし、何より勇気を頂きました。ありがとうございます。
プライベートでもお忙しい中、コメントくださりありがとうございます。
断捨離は、ゆっくりでいいよ~(笑)

アルままさま

「前庭疾患」って高齢の子に多いようですね。
お友達ワンコも以前経験していて斜頸した状態でお散歩に出てくる姿も見ていたのですが、その頃たもつはまだ若く我が子に起きることを想像すらできずにいました。
発症した時も全く頭に浮かばなかったし、診察が終わる頃ようやく「あぁ、あの子も……」と思い出した感じ。
よその子の経験談が身になってなかったことを反省しました。
もうね、いざという時冷静でいられない自分をなんとかしたいです。
高齢になっても何も出ない子もいるし、何でもかんでも頭に叩き込んでおくことは難しいですね。
けど、こういうこともあるんだなーくらいの参考になれば書いた甲斐がありました。
今回軽症だったのは不幸中の幸いでした。
色んな方のブログを読みましたが、船酔い状態が数日続くのはざらのようでその辛さを想像するともう……。
前庭疾患は再発もあることを意識していなければなりません。
あんな辛そうな状態、どこのワンコさんにも起こってほしくないです。

ゴルのママさま

幸いたもつは軽症でしたが、船酔い状態が数日続き嘔吐や失禁を繰り返すことも珍しくはないようです。
ワンコさんが辛いのは勿論ですが、寄り添う飼い主さんの心情を思うと、本当に辛い病気なんだなと感じます。
たもつは処置前に眼振が止まったし斜頸も治まりつつあったので、私たちはラッキーだったと思わざるを得ません。
本当に、若い時は何にも考えずに過ごせていたけど、年を重ねるごとに色々と出てくるものですね。
夜間救急の病院は一度お世話になったことがあるのですが、20時~3時の診療で結局のところ空白時間ができてしまうんですよね。
その時間を埋める病院を調べておけてなかったのが、私たちの詰めの甘さを物語っています。
なんかね、救命の技術を身に着けたくなってきましたよ(笑)
この辺りは病院も多いので、それは有り難いところですね。
全身の力が抜けていた時はどうなることかと思ったけど、ちゃんと立って歩ける姿を見た時には「さっきのは何だったんだー!」って叫びたくなりましたよ。
おまけに笑っちゃうくらい立派なウ○チまでしたし。
「これ、ゴルママさんからだよ」って言って、頭ナデナデしておきますね(笑)

tibikarinnさま

tibikarinnさんのコメント読んで泣いちゃった……。
本当に、我が子のことはいつまで経っても無垢な赤ちゃんと思いたい。
ワンコは永遠の5歳児と言うけれど、それはあくまで知能……の話なんですよね。
幼い邪気ない我が子もどんどん年を取る。いつの間にか、自分より年上になっている。
それにちゃんと向き合わないといけないんですよね。
周りに元気な先輩ワンコが多かったせいか、12歳はまだまだ若い!と思い込んでいました。
みんな長生きはしているけれど、何事もなく過ごせている子ばかりじゃないのかもしれませんね。
高齢になってからのこと、もっとちゃんと勉強しなくちゃ。
弾丸ドライブ、まだまだ行けますよね?
我が家にとっての普通を、たもつに負担を掛けることなく取り戻せたらいいな。
先輩ワンコさんたちの背中を追い、たもつにもまだまだ頑張ってもらいたいです。
花梨さんと一緒に一日でも長く!を目標にしていたので、責任があるものね。

きょうねぇさま

たもつはとっくに高齢犬になっていたのに、それを認めようとしなかった自分を恥じたよ。
ワンコって7歳でもうシニアの仲間入りなんだよね、信じられないことに。
うちはアレルギーケアに執着するあまり、シニアケアに無頓着過ぎたのかも。
高齢犬が掛かりやすい病気とか、勉強できてなかったなぁと反省したよ。
前庭疾患による激しい船酔い状態、たもつのようにすぐに改善するのは珍しいみたい。
マンガみたいにずーっと目がグルグル回ってる状態なんて、想像できる? そりゃ、引っくり返るし失禁もするわって思ったよ。
しかし、本当に心臓に悪いね。
あんなの見るとパニックになっちゃうんだけど、ワンコの為にも飼い主の冷静さが重要になってくるんだなって思った。
また弾丸ツアーを当たり前にできるように、たもつには頑張ってもらいたい。

*はなママ*さま

前庭疾患ってそんなに珍しい病気ではないようですね。
原因が脳の異常でなければ……、ただそれだけを祈っています。結局原因はよく分からず仕舞いだったので。
たもつの場合外耳炎もあるので、そちらからの炎症が原因の可能性も高いのかなと思っています。
……ということで、お耳の状態が良ければ発症する確率も多少下がるみたいです。
ただ、特発性の場合は予防は難しいようですね。
たもつはまだいくらか若い?から軽症で済んだみたいです。
3連休の初日に発症し夫もずっと付き添ってくれたので、たもつと私の不安も半減したように思います。
帰宅後2~3日はたもつも不安そうな表情を見せていたのですが、今日あたりは普通に戻ったように思います。
まだまだガンバルよー!
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR