FC2ブログ

夜明け前の失禁

    前記事「描いてみた【54】」では、

 「今日は母のお墓参りに行ってきます」なんて書いて、

      予約投稿しているのですが……。


     投稿時刻の午前6時過ぎ、

 私たちはたもつを連れ夜間診療を行っている病院へと

      駆け込んだところだったのです。



  それはちょうど空がようやく白み始めた頃のことでした。

 このところ私の頭に張り付くように眠ることが多いたもつ。

      んー、頭の上でゴソゴソしてるなぁ。

   また寝返りを打ってるのか、体勢を整え直しているのか、

        なんだか動きが激しいなぁ。

      どしたー、たもちゃん。寝られないぞー。



           !? !? !?



         え? なに? どした?

           たもつの動きが変です。

     え? なに? のたうち回ってる?
 
        いや、そんな感じじゃない。

          なんだろ? 痙攣? いや違う。

 身体をのけぞらせながら、布団の上で跳ねているような?

    例えて言うなら、

  ハトヤホテルのCMで子供に抱えられ暴れている魚?

       「たもちゃん! どうしたの、たもちゃん!」

     たもつは目を開けていますが、

  自身の身体を起こすことができずにいるのです

    私が腕を回し身体を支えてみると、

      たもつの頭は不規則に横に振れています。

    なにこれ! 死んじゃう! たもつが死んじゃう!

       「たもちゃん、しっかりして!」

     あれ? たもつの体臭、なんかオカシイ。



         え? 漏らしてる?

      私の布団の上で、失禁していました。

        こんなことは、初めてです。

 すると、それまで頭のふら付きを抑えられずにいたたもつが、

    ふと我に返り股間を舐め始めたのです。

   あ、そういうところへの意識は行くんだ……。

     夫は救急病院へ電話を。

朝6時前、実は最寄りの救急病院は時間外になってしまいます。

   それでも誰か出てくれるかも……の願いは叶わず。

      なんの為の夜間救急なんだよっ!

 ワンコ友達から聞いていた往診専門の先生にも繋がらず、

     もうどうしていいのか分かりません。

     「たもちゃん! しっかり、たもちゃん!」

       ただ騒ぐだけの私の横で、

夫は夜間も受け付けてくれている病院を見つけ出していました。


          すぐに出よう!


    夫は車を走らせ、

その後部座席で私はバスタオルに包んだたもつを抱えています。

  身体をのけぞらせるような激しい動きは止まっていましたが、

   それが症状が治まってきたことを告げるものなのか、

 更に弱っていっていることを暗示しているのかも分からず、

  私はただたもつの呼吸音に耳をそばだて続けていました。

    その後足先が小刻みに震えるのを見ましたが、

  たまに顔を上げ私の腕の中でじっとしていたので、

     いくらか安心してくれていたのかもしれません。


   病院へ着くと、先生が受付で待っていてくれました。

 状況を説明後「それではちょっとお預かりしますね」と

    たもつを抱えて先生が行ってしまったので、

        不安は募るばかりです。

     離れているうちに死んじゃったらどうしよう。

       死に目に会えなかったらどうしよう。

落ち着かない私の横で、夫は淡々と問診票を埋めていっています。

        「それでは診察室へどうぞ」

          先生から呼ばれました。






 医師からの説明や処置についても長くなりそうなので、

       次回に持ち越します。

    ……っていうか、

     ここまで書いて疲れてしまいました。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょっとびっくりしてます
たもちゃんどーしたの
大丈夫なんですよね
続きはすぐ書いてもらえるんですよね
すごい気になるんですけど

え~っ!?

大丈夫ですか? たもちゃんっ!

尋常ではない様子ですね。
我が家はアルマで三代めですが、
今までそういう症状の経験はないです。

その時間に診てもらえてよかったです。
さすが、都会は違いますね。

どういうことだったのか・・・
気になる~(・_・、)

無事でありますように・・・

ゴルのママさま

ごめんね、ビックリさせちゃって。
そんなパニック状態のこと載せる必要もないんだけど、忘れないようにと書き残しました。
その後落ち着いて、今日はほぼ通常に戻った……かな。
でも、身体の自由が利かず頭が横揺れしているたもつを見たら、本当に死んじゃうかと思ったよ。
高齢犬に見られる症状らしいので、経験してる人も多いかもしれません。

アルままさま

心配させてごめんなさい。
お陰さまで、今は普通に戻っています。
けど、症状が出た時はもうパニックで。
起きようとすると倒れるし、頭は横に揺れてるし、呼びかけても反応がよく分からないし。
それに、失禁したのがとてもショックでした。
高齢犬に出やすい症状みたいです。
都市部は比較的病院が多いのが有難いです。
老犬の身体のこと、勉強不足だったなーと痛感しましたよ。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR