FC2ブログ

共感する能力

 犬や猫はペットとしてどのように人間に寄り添ってきたのか、



 数ある動物の中で、犬や猫がペットとして選ばれたのはなぜなのか、



 とあるテレビ番組の中で大変興味深い話に触れる機会に恵まれました。





 犬には、共感する能力がある。





“ 共感 ”辞書で引いてみました。


 他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。もしくはその感情のこと。
 
 たとえば知り合いがつらい表情をしているとき、
 
 相手が「辛い思いをしているのだ」ということが分かるだけでなく、

 自分も辛い感情を持つのがこれである。
 
 通常は、人間に本能的に備わっているものである。




 犬がペットとして人間と生活を共にするようになった理由の一つが、


 この、共感する能力に恵まれていた為、なのだそうです。





 ふ~ん、我が家の ↓



DVC00148_convert_20110919131633.jpg



 この方で、検証してみました。





 あれは、今から1年ほど前のことです。



 我が家の ↓



11-11-21_1335_convert_20111127145050.jpg



 食いしん坊が、



 ある日すっかりご飯に手を付けなくなったのです。



「たもちゃん、ご飯食べなさ~い」



11-02-05_1547.jpg



               どよ~ん



「そうやって我が儘してると知らないよ~」



「ご飯食べなきゃ、オヤツも何にもあげないからね~」



11-02-05_2130.jpg



                 どんより~




「ご飯に飽きちゃってるだけでしょ~?」



「トッピングとか期待してても無駄ですからね~」





 それでも、思い出したように僅かばかりのご飯を口にするだけで、



 後は身体を横たえ、日がな一日ただぼんやりと過ごしているのです。



 あれっ? 本当に具合が悪いのかしら?



 夫と相談し、翌日私は彼を病院へ連れて行きました。



 幸いなことに、たもつは病院が大好きです。



 診察台の上でも落ち着きなく目の端に留まった看護師さんを手招きするたもつの姿に、



「どこも悪くなさそうですね~」



 と、医師は苦笑いを浮かべるばかりです。

       (勿論、きっちり診察して頂きました)



「ご飯食べないのは、我が儘病ですかねぇ?」



「『我が儘』かどうかは……?(笑) 様子見て、また連れてきてみてください」





 結局これといった処置が必要だった訳でもなく、



 大好きな先生と看護師さんにじゃれ付いただけのたもつを連れ、


 
 私は病院を後にしました。





 病院の帰り道、



 私は少し回り道して晩秋にしては温かい日差しの注ぐ河原を、



 たもつと共に歩きました。



 ゆったりのんびり歩くのは、数日振りのことでした。



 少し長めの散歩を終え帰宅すると、



 たもつは一目散にいつものご飯が盛られた皿へと向かいました。



 カシュカシュカシュ。



 たもつがご飯を噛み砕くいつも通りの乾いた音が聞こえてきました。



 やっぱり、ただの我が儘病だったんだ……。



 その時の私は、半ば安堵し、そして半ば呆れていたのです。







 私が大変な思い違いをしていたことに気付いたのは、それから数日後のことでした。



 たもつが食べることを拒み、一日グダグダと寝転がってばかりいた2日半。



 それは、



 実家の母が唐突にその病名と余命とを告知され、



 その現実を受け入れようと私が怯えながら過ごした2日半だったのです。



 勿論、



「お母さんが死んじゃう、どうしよう」



 という事実をたもつが理解していたとは思えません。



 それでも、彼は敏感に感じ取っていたのでしょう。





 病院の帰り道、なぜか心が落ち着き始めていた私を見て、



 彼も心の平穏を取り戻したのだと思うのは、



 安易な考えでしょうか。





 人の気持ちが容易く彼らに伝わってしまうのなら、



 私たちは、喜怒哀楽の “ 喜 ” と “ 楽 ” を感じていられるように、



 彼らにもそう感じてもらえるように、



 過ごしていけたらいいですよね。





 だって彼らはいつだって、



11-11-24_2026.jpg



 こうして、飼い主さんのことをジーッと見詰めているのですから。

 




  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

犬の共感…

凄くわかります!

我が家のワンコも、
私が泣いていたり、
怒っていると、
時には慰めてくれたり、
一緒に哀しんでくれたり、
怒るな~ってなだめてくれたり…

本当に人の心の状態をよく感じています。

新聞にも書いてありました。

犬は飼い主の表情を読み取ると…。

言葉は発していないけど、
人の心も読み取るし、
私たちとも心の会話が出来ますよね。

やっぱり犬は可愛いですね‼

No title

ワンコは飼い主がどよーんとしてたり、具合悪かったり、テンション下がってるのを
敏感に感じ取るよーv-286

数年前にインフルエンザに罹った時は高熱で起きれない私の隣りで
添い寝してくれたよe-448i-196

No title

フムフム
なるほど
あ~、そうかもしれない
そして最後の写真で120%確信しましたv-352v-352
ほんとに・・・裏切る事を知らず、いつも真っ直ぐに見てくれる犬。
そんな所が可愛くもあり、私も誠実でありたいと邁進するのみですi-180
そして・・・
たもつ先生って、お話書くのがとてもお上手だなって毎回感心いたします。
ダラダラ書くだけじゃ~イカンッッッと少し反省v-290v-356

考えさせられます

たもつ先生のブログは時には笑い、時には悲しく、又、有る時には考えさせられます(;_・)
確かにワンコ達は飼い主である私達の一挙一途足を、良く観察していますよね、そして、少しでもおかしいと感じたら、直ぐに寄ってきて体を刷り寄せたりしますよね。
もしかして、共感しているのであれば、それは寄り添う事で不安を解消しようとしているのかもしれませんね(;_・)

てりたま☆まるこさま

分かってくださいますか i-190

まるこさんの家のワンコも、慰めてくれたり哀しんでくれたりするんですね i-179
“怒るな~ってなだめてくれたり…”って、いいですねぇ i-278
動物の心を読み取る女性がいるくらいだから、彼らの方はもっともっと私たちのことを分かっているのかもしれませんね i-179

ごん&サファままさま

やっぱり敏感なんだ~ i-189

病気の飼い主に添い寝してくれるなんて……ウルッてきちゃいそう i-241
なんか、病気の治りも早くなりそうですね i-234

きょうねぇさま

ホント、犬って真っ直ぐなんですよね i-189
人間みたいに計算が無いっていうか。
愛情掛けるとその分全身で返してくれるっていうか。
きょうねぇさま同様、私も誠実でありたいと思います i-203

それから、お褒め頂き恐縮です i-201
きょうねぇさまのブログを覗きに行くのは、ガクさんラブなのは勿論のこと、ガクさんの描写がツボだからなのです i-189

姫凛パパさま

思い付いたことをダラダラ書いているだけで……、恐縮です i-201
私も色々な方のブログから刺激を受けています i-214
ワンコは、私たちが彼らを見ている以上にこちらを見ているのかもしれないですね i-230

“共感しているのであれば、それは寄り添う事で不安を解消しようとしている”← ホント、その通りかもしれません i-190
なんだか目の前が開けた感じがしました i-84
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR