FC2ブログ

相変わらず弱い

    雪は降ってはいませんが、

     とっても寒いたもやんエリアです。


   これは昨日の出来事。

  自分の中で上手く消化できないので、

 書き記すことで発散することにしました。


  たもつを連れ病院へ向かっていた時のことです。

   それはちょうど、

 ガソリンスタンドの前を通り掛かった時に起きました。


    ワン! ワンワンワンワン!


   ん? 何処からか、ワンコの鳴き声。

  そこはバスも通る交通量の多い通り、

 鳴き声が聞こえるってことは、ワンコはそう遠くない筈
       
       ……って。えーっ!!!


   そこには、ガソリンスタンドに止めた車から
 
     飛び出してきたであろう1匹のワンコ。

  ちょっ、こっちに向かって突進してきているーっ!!

         わー、待て待て!

    坊主を抱き上げる間もなく、

      ワンコはたもつに向かってまっしぐら。

  えっとですね、坊主より若干小さめのワンコです。

    ついでにですね、

柴なんかよりずーっと「おとなしい」とされる種類のワンコです。

 それでも、坊主の元へ容赦なく突っ込んできたワンコ。

      引き剥がそうと必死の私。

  助けてくれたのは、ガソリンスタンドのスタッフさんでした。

    彼は素早く私たちの元へ駆け寄ると、

   暴走ワンコのリードをサッと拾い上げてくれたのです。

         助かったー。

  そこへ遅れて現れたのが飼い主らしきオッサン。

     オッサン、へらへらしながらやってくると、

   スタッフさんからワンコを受け取り

      苦笑いを浮かべながら立ち去ろうとしている。

        ちょっ、どーゆーことよ。

 私の中で、毛細血管が20本くらい切れた音がしていました。

    ……で、伝えましたよ「ちゃんと繋いでおいてよ」と。

   そしたらオッサン、

 「カゴから出ちゃったんだから、しょーがねーべよぉー」と

       のたまいやがりました。

    「しょーがねーべよぉー」だとぉおぉー!

  私の中で、毛細血管が更に30本ほど切れました。
    
    オッサン、そそくさと立ち去りましたよ。
    
   私はというと、たぶん、

      殺し屋の目をしていたと思います。

 スタンドのスタッフさんが表情を強張らせているのが

        目の端に留まりましたが、

    オッサンへの怒りを抑え込むことができません。

      いやしかし、今は丸腰だし。

     ……っていうか、常に丸腰だし。

勿論、ストリートファイトとかしませんよ、一応オトナなので。

      イライラしながら病院へ。

    優しい先生と看護師さんに接し、

      病院内では落ち着きを取り戻しましたが、

     帰り道でもやっぱりモヤモヤが止まらない。

  あーもー、殺意しか湧かない、殺意しか湧かない。

   ワンコに突撃されても、

  か細い声で「ウッ」としか反撃できなかった坊主。

     相変わらず弱いし、

   これ、おかーさんが強くなるしかないでしょ。

   
  たもつが不意に襲われたのも面白くないけど、

   オッサンのワンコ、カゴから飛び出しちゃって、

      車からも飛び降りちゃって、

   よそのワンコに突進していってるんですよ。

  我が子が「よそのワンコの返り討ちに遭っても」

 「ガソリンスタンドにいるよその車に轢かれても」

   「車道まで飛び出してバスに跳ね飛ばされても」

  「しょーがねーべよぉー」って言えるんですかね。

  どうして、「繋ぐ」という簡単なことができないのでしょう。


    ここへ遊びに来てくださる方も、

  ワンコと車でお出掛けする機会があるかと思います。

   ちょっとの隙にワンコが車から飛び出してしまう、

     どこででもあり得ることなんですよね。

 我が家も含め、気を付けなければならないなと感じました。



   たもつのこととなると、途端に怒りの沸点が低くなる私。

      夫からは厳重注意を受けました。



    20-01-26_2308.jpg


       突進してきたワンコより、

     かーちゃんの方がコワイんだよなぁ……。







      20-01-25_944.jpg


        河原の河津桜。

     3日ほど前ですが、2~3つ開いていました。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いや、へらへらしてる場合じゃないし!

しょーがないって言葉、キライです。
しょーがないって、逃げなんですよ。

しょーがないなんて、
あってはいけないんですよ。

そんなゆるゆるの気分でいて、
ヨソ様のわんこや、ヨソ様の小さな子どもを
もしも傷つけても、
へらへらとしていられる?
大けがをさせても?
賠償請求されても?

車に轢かれて愛犬が命を落としたら?
それでも
しょーがねーべや って済ませるの?

責任感なさすぎ。
信じられない。

たもこさん、怒って当たり前ですよ~
ホント、信じられない!

たもちゃんが無事だったのは
たまたま・・・なんですよ。
助けてくれた人がいたからなんですよ。

たもちゃんもびっくりしたでしょうね。
可哀想に・・・

大馬鹿者だな、そのオッサン・・・

No title

毛細血管が50本くらい切れたたもこさん
丸腰でよかったですがそこは私強く言えないところです

おとといはわが身と申しますか
随分前にゴルが私の伸縮リードから突然逃げて
同じ公園にいた柴わんこに飛び掛ったことあるので
そこは立場が弱いのですが
そのおやじのようなこと言いませんでした

勿論相手のわんこも念のため病院に見てもらい
何度も誤り倒しましたが
手からリードがすり抜けた不注意にすべての非は私にあるわけでしたので・・・

車から降りたわんこは足が丈夫だったのですかね
けっこうな高さあったでしょうから

男の人にありがちな対応ですがどうして素直に謝れないかなぁ
ゴルは逆パターンも経験済みで
逃げ出してきたわんこに噛まれたことあったんです
でも飼い主のおっさんは軽く頭を下げただけで逃げていきました
えぇ~っそれで済ませるか!!!!
とたもこさん同様丸腰でよかったと思え!です


明日はわが身と思い飼い主モラルはまもりたいですね
ちなみにまだ熱がさめないようでしたら
返事に吐き出せるだけ吐き出しちゃってください

No title

えっ もう桜!
あ~ 本題ね、
しょうがないって、もしそのワンコ車に引かれたら しょうがないで終わるんだろうか、まず車から飛び出してくるような乗せ方しているのも悪いし
しょうがないで済ませて ちゃんと誤らないのも腹が立つね!なんかいい加減すぎる~
うちは先代犬チビも 大型犬から咬まれたことあるし、花梨なんか幼馴染だったゴールデンからやられていますが 両者とも本当に丁寧な対応でした、でもこれが普通なんですよね、犬を飼っている以上 人に迷惑はかけないと言うマナーは守ってもらいたいものですよね、
たも子さんが熱くなるの解ります、そしてたもっちゃんを守ろうとしたことも!
でも、車から飛び出してくるような子をよく車に乗せてリードを繋いで置かない事に不信感です、普通そんな子はケージに入れて移動とか
リードを繋いで置くのに 
なんかモヤモヤです(苦笑)

アルままさま

もし我が子が車から飛び出してしまったと知ったら、もう血の気が引いて慌てまくって平常心じゃいられないと思うんですよね。
オッサンの反応の緩さにもイライラしてしまいました。
気の荒い子でたもつを咬みにきていたらと思うとゾッとします。
たぶんね、私もたもつを連れていなければ「あらあら大変」くらいな感じで、その子が車道に飛び出さないように協力してたと思うんです。
でも実際うちの坊主に突進してきているし。
小型犬の飼い主さんの中には「我が子が他人を傷付ける筈がない」って思い込んでる人が一定数いると思っています。
こっちからすると「グレートデンの方がよっぽど安全だわ」と思ってしまうけど。
車からの飛び出しを想定してないって、考えられないですよね。
うちのは段差にビビって飛び降りないタイプだけど、若い頃で外に気になるワンコの気配があったらやっぱり分からなかったなと思います。
ちょっとの気の緩みがワンコを危険に晒すことになるんですよね。
自身も改めて気を付けようと思いました。あー、カッとなりやすい部分も気を付けなきゃいけないね。

ゴルのママさま

毛細血管50本も切れてたらもう生きてないかな?(笑)
なんて言うか……、たもつのこととなると一気に血の気が多くなっちゃうんですよ。
働いてた時なんて「怒ったとこ見たことない」って言われてたくらい菩薩の私なのに。
ゴルさんが逃げちゃった事件、覚えています。でも、それはあくまでも事故。
ちゃんと謝罪をしているし相手のワンコさんのケアもしている。
たもつが牙4本刺さる怪我を負わされた時なんて、謝罪はあったものの治療のことなんて1つも気に掛けてもらえなかったよ。
「その子は何度も咬みつき事故(事件?)を起こしているので、飼い主も治療費を出したくないんだろう」という話を後に聞かされたことがありました。
私はゴルママさんのこと責められないです。
私なんて何度も何度もやらかしちゃってます。首輪が抜けたりチョーカーが抜けたりリードを落としちゃったり……。
その度に多くの方々に助けられました。幸い陽気によその子に絡んでいくタイプじゃなかったので、よその子をビビらせたことがないだけ。
車から飛び降りるってリスク大きいですよね。うちより身体の小さい子だったけど、若い感じだったら怪我せずに済んだのかも。
男性にありがちな素直に謝れない……って、なんか分かります。だからへらへら笑いにして誤魔化していたのかも。
ゴルさん、逃走ワンコに咬まれたことあるんですね。それで飼い主逃げて行った!?
それはもう、その辺にある石とかブロックとか手にしたくなる状況ですよ。
私も以前は「繋いでほしい」ってなかなか口にできなかったんです。
でも、我慢してるばかりじゃたもつのことを守れないって思って、突っ込んでくるような子に遭遇した時だけは言う努力をしています。
逆ギレのような態度を取るのはたいていオッサン。年下に向かって謝ることができないんでしょうね。……って、私もそこそこいい歳いってるぞ!って思うけど。
他人のことばかり言ってないで、自身も気を付けなくちゃいけないなと改めて思いました。
吐き出せて聞いてくれてスッキリしたよ~。

tibikarinnさま

そう、もう桜!(笑) 今朝は更に咲いている木を見つけましたよ。
車から飛び出してくるなんて、どんだけ威勢が良いんだ!って思いました。
わざわざ飛び出してきてたもつに向かってまっしぐらだったから、もう脅威でした。
たもつはトロトロ歩いていたし「ワン」とも言ってないのに、なぜわざわざ飛び出してきたのか理解不能です。
車がビュンビュン走ってる大通り沿いのガソリンスタンドだったから、ワンコを興奮させるのも怖くてこちらも大きな声が出せませんでした。
スタッフさんが素早く捕まえてくれて本当に感謝です。
チビさんも花梨姫もよその子にやられてるんですね。でも、その後の飼い主さんの対応で、こちらの心象はまったく違ったものになりますよね。
うちは最も大きな怪我をさせられた時の飼い主が治療のことについて一切触れず……で、その後もよその子を咬む事件を繰り返していたにも関わらず一切治療費を出さず……でした。
マナーも守ってもらいたいし、とにかく車から飛び出すなんて危険なこと飼い主がちゃんと防いでほしいですよね。
とっても可愛いワンコさんだったし、あんな飼われ方していたらいつかどこかで大きな事故に遭うんじゃないかと気の毒に思ってしまいます。
うちのは車から飛び降りる勢いなんてもうないけど(笑)、それでも安全にだけは常に気を配っていたいなと思いました。

No title

考えられないおっさんですね!繋げてないのに窓開ける?ドアだっけ?頭にきて忘れた(^^;
うちはとーちゃんがそんな事あったらもう怒鳴りつけてますよ!
はなが歩いているところを自転車でチン!って鳴らしただけで文句言うからね。
伸縮リードで近づいてくる🐕の飼い主に「短く持て!」って怒ってましたよ。
常識のない飼い主が多いのですよね(>_<)

*はなママ*さま

いやぁ、想定してない場所から突っ走ってきたから、私も一瞬固まっちゃいました。
たぶん開けっ放しのドアから飛び出してきちゃったんだと思う。
けど、よそのワンコの匂いを感じ取ったからって、わざわざ飛び出して吠えて向かってくるかね?って、その荒さにドン引きです。
見た目は大人しそうな可愛いワンコだったんだけど。
ワンコが歩いてるのに猛スピードで横切っていく自転車とか、相手の反応お構いなしに伸縮リード伸ばしっぱなしで歩いてる飼い主とか、やっぱりモヤモヤしますよ。
我が子が可愛いのも分かるし「他人に危害を加える筈なんてない!」って思いたくなるのも分かるけど、やっぱり他人がどう感じるかを思いやれないのはダメですよね。
はなさんも気を付けてね。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR