fc2ブログ

迷子の〇〇〇ちゃん

     ※ 予約投稿です。  



   
     つい先日のことです。

  午後7時過ぎ、お散歩途中の坊ちゃんは

   交差点でどっちへ進むか思案中(休憩中)

「たもちゃ~ん、どっちでも良いから進んでおくれよぉ」

  「たもちゃ~ん、もうすぐとーちゃんも帰ってくるよぉ」

    一度座り込むと、

 急かせば急かすほど立ち上がろうとしなくなる坊ちゃん。

     ホント、我が強くて困っちゃう。


   そんな私たちのところへ、

  不意に歩み寄ってきた1人の老女。

    「あのぉ、交番はどこですか?」

       「え? こ、交番ですか?」

 えっと……、交番の場所は分かるんだけど、

      説明するのはちょっと難しいなぁ。

   しかも、ここからだとすごーく遠い。

  見ると、おばあちゃんの手には1枚の紙切れ。

    そこには、住所らしきものが書かれています。

おばあちゃんが言うには「この住所へ行きたい」とのこと。

   こういう時、グーグルマップって便利ですね。

     住所を入れると、その場所がすぐに表示されちゃう。

  あぁ、説明するのは簡単な場所だな。

   「えっと、この道をずーっと真っ直ぐ行って。

左側に○○(かなり目立つ建物)があるんですけど、分かります?」

      「んー、ちょっと分からない」とおばあちゃん。

   「あ、でも、この道ずーっと真っ直ぐなんですよね」

  そう説明していながら、

 このおばあちゃんの足で辿り着くことができるかな?という

        疑問も湧いてきます。

          はて、どうしたものか……。


  そんな困り果てた私たちの元へ、

     なんと救世主が現れましたよ。

   「どーしたのー?」

声を掛けてきてくれたのは、元気とそのおかーちゃん。

    あ、元気は無言だったけど(笑)




   12-06-27_1855.jpg


      ↑ 元気。2012年の写真ですが。



   かくかくしかじか、彼女に事情を説明しました。

 ……で、おばあちゃんと元気のおかーちゃんと私、

 3人で額を突き合わせその住所についてあーだこーだ。

 おばあちゃん曰く「ここ(書かれた住所)は友人の家、

訪ねようと出てきたのだけれど、分からなくなっちゃった」と。

  見ると、その紙には電話番号らしきものも書かれています。

    「あれ? この電話番号は?」

  「電話を掛けてみたけど、誰も出ないの」とおばあちゃん。

       ふーん。

   後から思ったんだけど、

おばあちゃん、携帯電話も財布も持ってなかったようなのですが。

 「あの、ご家族とかは? おうちに電話してみましょうか」

     「ううん、私、独り暮らしなの」

    そっかぁ、そうなのね……。

  困ったねぇ、ご友人?のお宅は分かったけれど、

      歩いて行くにはどうにも遠い。

    ワンコ連れでなければ、

 即「そこまで一緒に行きましょう」となるのだけれど、

  このグダグダ坊主を連れてじゃ却って迷惑になるし……。


    「こりゃ、一緒に行くしかないか」

 決断が早かったのは、元気のおかーちゃんの方でした。

   おばあちゃんも「いいんですかぁ」なんて言ってるし、

  あー、これ、一緒に歩いて行くしかないパターンだね(汗)


    歩き出す元気とおかーちゃんとおばあちゃん。

   「ほれ、たもちゃん。たもちゃんも立って!」

  グズグズ言う坊主を急かし、彼らの後を追いますよ。

 「たもちゃんは(疲れてて)可哀相だから、(来なくて)いいよ」

  元気のおかーちゃんはそう気遣ってくれたのだけれど、

   「そんじゃヨロシク~」なんて言える? 言えないよね~。

  どんどん先を行っちゃう、元気たち。

    グズグズ言って先へ進まない、うちの坊ちゃん。

   ……で、急かせば急かすほど、

  わざとあっちをスンスンこっちをスンスン、

    時間稼ぎをしようとする我の強さ(泣)


   目指していた住所地が近付いてくると、

  元気のおかーちゃんの声が聞こえてきました。

    警察へ電話を掛けてくれているようでした。

 ここまで来てどうして警察のお世話に……と言いますと。

  おばあちゃんの話、

 色々と辻褄が合わなくなってきていたのです。

 「書かれた住所は自分の家だ」とか「友人の家だ」とか。

  辿り着いた家は2階の戸建て住宅だったのだけれど、

 書かれた住所にはアパートかマンションかという建物名が。

   ついでに「私の家は平屋」とおばあちゃんは言う。

  ……で、この家はおばあちゃんの家なの?

     それとも、ご友人のお宅なの?

  友人宅を訪ねてきたと言う割に、

    お宅に明りも灯ってはいないし。

   元気のおかーちゃんはというと、

 「誰か来てくれるまで、ちゃんと一緒に居ますから」と、

     未だ警察の人と電話中。

    これは……、長丁場になりそうだわ。

しかし、元気のおかーちゃんに丸投げ状態になっちゃってるな。

   おばあちゃん、そこのお宅の門扉を揺すると、

 「あぁ、ここうちだわ」なんて言い出し入って行こうとするし。

  「え!? ここ? ここで良いの? ここがご自宅?」

    「うーん……」とまた迷い出すおばあちゃん。

   警察の指示通り、

 おばあちゃんに氏名と年齢を確認する元気のおかーちゃん。

   うん、名前と歳はちゃんと言えるのね。

  けど、若干「認知症」の気配があるよねぇ。


  そこへ1人の女性が通り掛かったんですけどね、

   おばあちゃんの背後、

1歩下がったところで何やらこちらの様子を窺っているんです。

   あ、ワンコが苦手なのかな? 道を空けてあげなくちゃ。

  そこで、ふと振り返ったおばあちゃん、

 様子を窺う女性の姿を目にし「あぁ」と声を上げました。

     「え、なんの騒ぎ? 何してんの?」

   ここへきてようやく、この女性が参入しますよ。

  「ようやく」って書いたのはですね、

この女性こそが、このお宅の住人と判明したからなのです。

    え? もっと早く声を掛けてよ~。

  おばあちゃんと住所地の女性とがご友人、

      そう分かってひと安心。

    警察にもその旨を説明、

 私たちはようやくこの迷子騒動から解放されたのでした。

  
   帰り道、たもつはもうヘロヘロ。

  元気とバイバイした後ふと見ると、

    元気もおかーちゃんに抱っこされちゃってました(笑)



   帰宅後、事の次第を夫に報告すると、

 「そういう時は、すぐに警察に電話した方がいいよ」と

       冷静すぎるひと言が。


    私の頭の中には、

 「このおばあちゃんをどうやって現地まで連れて行くか」

   そのことしかなかったのですが……。

  後から整理してみると、

おばあちゃんの話は支離滅裂であった部分もあるし、

 ご友人の反応を見るに約束をしていたようにも思えない。

    場合によっては、

参加者全員が危ない目に遭っていた可能性もなくはないなと。

   まあ、住宅街だし真夜中でもないし……とは思いますが。


  最初に「交番はどこですか?」と訊かれた時点で、

   110番、掛けてしまっても良かったのかな……。

 110番って、やっぱりちょっと躊躇ってしまいます。

「もっと緊急の事態に備えているのでは?」そう思うとなかなか。

    こういう時って、どうするのが正解なんでしょうねぇ。

  道を尋ねてきた相手が、ご高齢か否か、

    そんなところで判断すべきなんでしょうかねぇ。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変お疲れ様でした
やはり日本はいいなぁ
こんな世話焼きさんがいてくれるから安心です
って人事のように言っておりますが気持よくわかります
でもこうして書かれた住所にたどり着いてきっとよかっと思いますよ
だってもしも案内しなければきっと眠れぬ夜をむかえたことでしょうし
心残りだったでしょう
だから「あんたは偉い!」と申し上げて労をねぎらいたいと思います
がしかしたもつちゃんの訳わからんまま歩かされたことを思うとお気の毒さまだったなぁ~
たもつちゃんなんでこんな暑い時期にロング散歩やねんとつくづく関西弁で思っていたことでしょう
良いことをしたらきっと心が軽くうれしい気持になりますのでね
正解だったと思いますよ
お疲れ様でした~

No title

私も前に近くで座っているというか、壁にもたれているおばあちゃんを見て、どうかしました?って聞くと、家に帰る道がわからなくなったと。
すぐに地元の警察に電話して、おまわりさんがくるまで一緒にいました。おまわりさんがくると、「あ~〇〇さん、こんな遠まで来た?」って常連さんのようでした。でも自宅って言うのが私があるいても1時間くらいかかりそうなところなんですよ。
たもちゃんも付き合って疲れたね。
やっぱり警察に電話したほうが良かったのかわかりませんね。
でもその友人という人に会えて良かったですね。
これで知りませんって言われたらどっと疲れますよね。(>_<)

ちょっと?って思うような年寄りに遭遇した場合は旦那の言うように警察に連絡して任せた方が良いよ
ひょっとしたら捜索願いが出されてる年寄りかもしれないからね
たもつも母ちゃんもお疲れ様

まぁぁぁぁ~!

大変でしたね。
たもちゃんも・・・(^_^;)

交番は気軽に利用していいもの
・・・と私は思ってました。

だって人々のお役に立つために
警察や交番ってあるのでしょ?
・・・というのが、
私の認識でした。

大事件じゃなくても
いいんじゃないかな~
いや、むしろ大事件にしないために、
交番に行きましょうっ!

我が家の長女なんて
幼稚園児の時に
友達と遊んでいて、
突然にいなくなったと
友達たちが言うので、
どーしんたんだろうって
他のお母さんたちと話している時に
パトカーに乗って、帰ってきて
びっくりしましたよ。

遊んでいるうちに
方向音痴なので
とんでもない所に
行ってしまったようです。

とりあえず
名前、年齢、住所、電話番号は
言えたのですね。

交番に助けを求めた時に
大福が出されて
「食べる?」と聞かれたらしく、
こういう時には
食べてはいけないかと思って
遠慮したそうです。

「食べたかった・・・」
なら、食べればよかったのに
と、母は言いました( ̄∇ ̄)

幼児も老人も同じレベル
・・・かもしれません。

たもこさん、お疲れさま~\(・_・)

No title

わぁ~お疲れ様でしたm(_ _)m
どちらが良かったのかは何とも言えないけど 私だったらって考えると 行き先がわかっていれば行くかもしれないけど たもちゃん抱っこもありえるし そこにお友達は嬉しいよね でも確かにお友達任せは出来ないし 一緒に行くって事になるかも・・・だけど結構怪しい感じのやり取りだもんね・・・(T_T)お友達のところに行っても電話に出ないなら行っても?って思うしお友達の家に行くのに迷った・・・もちょっと考えにくいしね・・・結論はやっぱり警察屋さんにお願いするかな・・・
この田舎でもよく防災無線で迷子のお年寄りの目撃情報の依頼がありますよ もちろん見つかる場合もあるけど こんな田舎ではなかなか難しいんですよね やはり都会だとわからなければ声をかければなんとかしてもらえるけど ここは声を掛ける人がいないんですものね・・・おばあちゃん無事で良かった
たもこさん本当にお疲れ様でした
でもとりあえずこの日はあの後どうなったんだろう?って悩む事はないからね
でも本当にひとり暮らしで この状態は今後が心配ですよね・・・

No title

いや~難しい問題ですね、でもたも子さんも元気ママさんも、めんどくさがらずそれなりの対応 ご苦労様でした、拍手です、人によっては、そこ真っ直ぐたからと言って逃げてしまう方も、私だったらどうするだろうと考えてしまいました❗

No title

すみません、名無しの権瓶 私ですi-229

ゴルのママさま

いやぁ、結局他人に丸投げ状態になってしまい、大した役には立ちませんでした。
この辺りは下町っぽさが残っているので、世話焼きさんが多いように思います。
困ってる人がいると、結構みんなワイワイ集まってきちゃうというか(笑)
住所を見ても「あっち方面?」くらいしか分からず、グーグルマップに助けられました。
場所が分かってもおばあちゃんが歩いて行けるかな?という心配もあったので、やっぱりすぐに警察に電話した方が良かったのかもしれませんね。
途中でギブアップされたら、それこそどうしようもできなかったと思うし。
たもつも元気もお散歩終了ってタイミングだったので、「なんで余計に歩かされてんのー」って不満だったかも(笑)
こっちは連日肌寒いような陽気なので、それだけが助かりました。
取り敢えず無事に送り届けることができたし、結果オーライってことで。
ただ、難しい時は警察のお世話になった方が良いのかなと思いましたよ。

*はなママ*さま

はなママさんも助けが必要なおばあちゃんに遭遇したことがあるんですね。
そっか、そういう時は110番じゃなくて地元の警察に電話するのがベターですね。近くの交番の電話番号をスマホに入れておこうかな。
おまわりさんが顔見知りだったってことは、度々お世話になっちゃってるおばあちゃんってことですね。
けど、普通に歩いて1時間かかる距離って相当ですよね。
認知症とかだと認識のないままものすごい距離を歩いちゃうことがあるみたいですね。そう考えると、やっぱり無理に同行するより警察のお世話になった方が安全なんだなと感じますね。
たもつは「もう歩きたくない!」状態で、本当に難儀しました。そのくせおばあちゃんと別れてからの帰り道は、なんだか元気になっちゃって。まあ、急かされるのが嫌だ!ってことなんでしょうけど。
昨日も散歩中に道を訊かれました。パン屋さんの場所を訊かれたけど、昨日は日曜日でお休みだったかも……と後になってから思い出し、ちょっとビクビクしています(笑)

ポンヒーママさま

やっぱり、すぐに警察のお世話になった方が安全かもね。
「捜索願いが出てるかも」って夫も言ってた。そんなこと想像すらしなかったよ。
私はボケっとしながら歩いてるように見えるのか、よく道を訊かれるのよ。
相手の反応が???だったら、独りで対応するのは難しいね。たもつも言うこと聞かないし、疲労がハンパなかったよ。

アルままさま

私独りだったら大した騒動にもならなかったと思うんですけど、ワンコ連れだと自由度が半減しちゃうので大変でした。
交番の場所は分かってたんですけど、おばあちゃんの脚では辿り着けないのでは?と思い躊躇してしまいましたね。
けど、110番したら結局近場の交番からおまわりさんが来るんですよね。こっちから交番まで行く必要ないんだななんて、後になってから思いましたよ。
ホント、騒ぎになる前におまわりさん呼んだ方が良かったですね。
書かれた住所のところまで行って、結局警察に電話することになっちゃったし。
長女ちゃん、みんなとはぐれてパトカー乗ってご帰還ですか?(笑)
けど、幼稚園児でお友達とはぐれて……だったら、周りは大騒ぎだったんじゃないですか?
遊んでいるうちに迷子に……っていうのは私もやったことがあります。私の場合はもう小学生になってましたが。
幼稚園児で「名前・年齢・住所・電話番号」を言えたなんてスゴイです! 私はたぶん、名前くらいしか言えなかったんじゃないかな。
大福を出されて「こういう時は食べてはいけないかなと思った」だなんて、並みの幼稚園児には考えつかないことですよ。私だったらフツーに食べてる(笑)
後になってから「食べたかった……」っていうのもキュート(笑)
今は泣いてる子を助けるにも誘拐犯に間違えられるなどのリスクがあるみたいですからね。
自分の力だけに頼らず、警察に連絡するのが一番かもしれませんね。

茶々ママさま

いやぁ、頭も混乱したし、距離は大したことなかったんですけどたもつを宥めすかすのも大変で(汗)
おばあちゃんと話しているうちに「なんか変だな」っていうのは感じていたんですけど、ここで突き放す訳にいかないしとにかく行くしかないかっていう気になっちゃって。
現地に着いてからいよいよ「これはオカシイ」ってことになり、ワンコ友達が警察に電話をしてくれて。
その最中にご友人が帰宅したんですけど、おばあちゃんがそこにいること自体にビックリしてたくらいだから、約束も何にもしてなかったんだろうなと思います。
その後ワンコ友達と検証しながら帰ってきたんですけど、「やっぱり認知症?……のちょっと手前くらい?」という結果に落ち着きました。
防災無線ってそういう情報も流れるんですね。この辺りではそういうのは聞いたことがないかな。
夜中でもまあまあ人が歩いているので、危なっかしいお年寄りがいたら誰かが声を掛けているのかもしれません。
下町っぽいところなので、お節介焼きさんも多い地域なんですよね(笑)
独り暮らしのお年寄りだと、今後もこういうことがあるかもしれませんね。
人助けも自分独りの力に頼るより、警察に連絡するのが一番かもしれないなと思いました。

tibikarinnさま

うぷぷ、すぐにハハさまって分かりましたよ~。
私、道を訊かれることが多いんですよね。人相悪いし人当たりきつそうに見えると思うんだけど、ボケっと歩いてるように見えるのかしら?(汗)
説明するより一緒に行っちゃう方が楽かなって思ったんですよね。突き放してもまた迷子になっちゃいそうだったし。
けど、賢明な判断だったかどうかは分かりませんねぇ。
夫からも言われましたが「捜索願いが出されてる人」の場合もあるんですよね。話の内容に???が付いてきたら、やっぱり警察に連絡するのが良いんだろうなと。
私自身、そこまで頭が回りませんでした。とにかくたもつにムチ打ち(笑)、久しぶりの遠距離散歩を敢行してきましたよ。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ
2021年10月12日お空組に

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR