FC2ブログ

てっぱく後編

     ※ 予約投稿です。   


   前回(てっぱく前編)の続きです。



    
    
    DSC_4327_20181217141353312.jpg





DSC_4328_20181217141355d3f.jpg








    DSC_4361_20181217141356d33.jpg




DSC_4363_20181217141358860.jpg



       昔の車両、中の色合いが素敵ですよね~。




     DSC_4365_20181217141359ba3.jpg








    IMG_8204.jpg



      寝台車、眠れぬまま朝を迎えそう。






  IMG_8209.jpg





    IMG_8212.jpg




IMG_8219.jpg





      IMG_8220.jpg



     鉄道オタクは撮るポイントが違う。







    

    IMG_8221.jpg





DSC_4369_20181217141950e9d.jpg







      またまたジオラマ。





   DSC_4358.jpg






IMG_8201.jpg





      DSC_4359_201812171421056ba.jpg



         転車台とかも。






   IMG_8200.jpg





      IMG_8197.jpg






         [広告] VPS



      これ、本物みたいに見えます。スゴイです。






   途中お互い好き勝手に見て周っていたのですが、

 夫の姿が見えないなと思い連絡を取ってみたところ……。

夫 「今どこ? こっちは『E〇 △△』の前に居るけど?」

私 「いや、『E〇 なんとか』とか言われても、分かんないし」

  夫 「じゃあ、そっちはどこに居るの?」

私 「へ? あぁ、私は……『E……F 66?』の前に居るよ」

   夫 「オッケー。じゃあ、そっちに行くよ♪」

  あ、いや、『EF なんとか』だけで分かるの?

     ……っていうか、

   『EF なんとか』が何ヵ所かにあるかもしれないじゃん。

      いったいどうやって、ここまで来るっていうのさ。

    
  ん? なんか、夫らしき形状の影があそこを移動している。

        ……っていうか、あの角曲って、

 なんの躊躇いもなくこっちへまっすぐ向かって来ているしーっ!?

       ちょっ、恐いよ。恐すぎるでしょ。

  私 「『EF なんとか』で、よく分かったね(汗)」

夫 「なに言ってんの? 『EF 66』はここしかないから」

          いや……、コワイよ。



     あ、ちなみに『EF 66』ってこれです。




    DSC_4367.jpg





      なんだかんだで楽しかったです♪

    夫はてっぱく3回目だというのに、

   写真と動画で200枚近く行っちゃったし。






     IMG_8222.jpg




IMG_8223.jpg








     周辺のガードレールも、



    DSC_4374.jpg



        こんな可愛い感じになっています。








     ……で、帰宅してからもひと騒動が。



    ニヤニヤしながら写真を見ていた夫、

       「あーっ、やっぱり!!!」

      たもつも引っくり返るような大声を上げて……。







   IMG_8213.jpg



    てっぱくの古い車両の中にあった写真。



   「これ、どこかで見たことあるって思ってたんだよ~」と夫。




       ……で、「見て見て! これ、見て!」と

         差し出してきたのが、この写真。




      IMG_8226.jpg



   「ほら! 同じ! ピッタリ同じ構図! 同じ写真!」

      かなり興奮気味の夫、若干引き気味の私。




     ↑の写真、



    IMG_8227.jpg



    この本の中に掲載されているものです。


   これは、昭和55年10月号の鉄道本。

未就学児の夫がこんな本捲っていたこと自体驚きだけど、

    その中のたった1枚の写真を、

   夫がそこまで鮮明に覚えていただなんて……。

        マジ、ヤバすぎでしょ。




    あ、てっぱく(鉄道博物館)は、

  オタクじゃなくても充分に楽しめます♪

     みなさまも、是非!







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

やばいうちの息子も同じです
なんせ社内の音声を収集したりするくらいのオタクですから
こんな映像みたら行きたくてしょうがないだろうなぁ
好きなものはスポンジが水を吸うようにどんどん入ってくるんですよ
それに引き換え嫌いな勉強はどんだけ椅子にすわっていてもうちの息子は頭に入らないから困ったものです

No title

凄い!
やはり興味があるものはいくら幼くてもちゃんと覚えているんですね、
同じ構図の写真
  何回も何回も眺めていた本だったんでしょうね、
うちの 長男は ウルトラマンでした、あの中に出て来る怪獣の名前は
今も出て来ると言いますよ、
大人が見る本をねだり 毎日眺めていました、
もっと勉強に役立つもの覚えてよ!と思ったものです

No title

これはオタクじゃなくても楽しめますね(^.^)
京都に鉄道博物館があって、前に行ったのですが、オタクすぎてわからない展示がいっぱい!なりんとかね(^_^;)
私も鉄道は好きだけど、乗るのが好きで撮ったりはしなかったな~
パパさん、車も好きでしたよね?
動くのが好きなのかな?船は?(^.^)

ゴルのママさま

息子さん、鉄道オタクって言ってましたよね(笑)
車内の音声を収録するなんて、かなりディープなオタクです!
じゃあ、タモリ俱楽部とか笑神様の鉄道四天王とか見てるかな?
この鉄道博物館は東北新幹線が停まる駅からも歩いて行けるので、息子さん、もうちょっと大人になったら独りでも行けるかも。
鉄道のこと何でも頭に入っちゃうんだから、勉強だってどんどん吸収すると思いますよ。見守りましょう♪

tibikarinnさま

この鉄道本見せられた時は、もう恐怖で震えました(笑)
幼い頃覚えたことって大人になっても忘れないって言うけど、この1枚の写真が記憶に残っていたって……。やっぱりコワイでしょ?(笑)
長男さんはウルトラマンですか! 怪獣の名前って結構難しいと思うけど、やっぱり子供の脳って柔軟なのかな?
大人が見るような本をねだっちゃうあたり、本気モードですよね。
役に立つもの覚えて!ってなんか分かる(笑) でも、それだけ夢中になれるってスゴイことですよね。ちょっと羨ましいです。

*はなママ*さま

私は鉄道のことはまったくの素人なんですけど、ここはみんなが楽しめる博物館かなと思います。
京都の鉄道博物館、夫はそこにも行ってます(汗)
京都に親戚がいるのですが、訪ねるついでに寄ったんですよね。親戚訪ねるのがメインなのか、鉄道博物館行くのがメインなのか……って感じでしたが。
私も鉄道は好きだけど、車両の記号覚えようとは思わないな~(笑)
夫は車も鉄道も好きです。
飛行機や船は詳しくないけど、動いてるの見るのは好きなんじゃないかな。男性は乗り物好きな人が多いですね。

へぇぇぇ~

すごいですね~
電車の中って、こんなにきれいだった?
とか、思いました~

電車ってきれいなんですね~
案外いろんな事、知らない。
普段、何も意識せずに見てるから。

大好きな方たちには
きらっきらってなんでしょうね。

すご~い!

アルままさま

新幹線とか未来の電車のコーナーより、レトロな電車を見る方が楽しかったですね。
昔の電車って案外オシャレだなって思いました。
西郷どんをずーっと見てきてたので頭の中が幕末から明治の感じになっていて、鉄道の歴史とか感動しちゃった。
シミュレーションのコーナーとかはオタクっぽい人がたくさんいたけど、フツーの人も勿論たくさん見学に来てるので私自身場違いを感じることはなかったです。
驚いたのは、小さいお子さんを連れてるママが車両の型番?とか色々詳しかったりしたこと(笑) 子供さんと一緒に遊んでると、覚えちゃうのかな?
知識のない私でも充分楽しめました。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR