FC2ブログ

いい加減にしてほしい

 ご近所に、いつもやる気満々のワンコさんがいます。

  
  そのやる気が「元気いっぱいで良いじゃない」と

 好意的に捉えられるそれならば問題ないのですが……。

   実はその子、とにかくワンコというワンコを見るや

「ケンカ上等!」とばかりにあまり有り難くないやる気を漲らせ

   見境なくグイグイ迫ってきてしまうワンコさんなのです。

 
    身体は、たもつより一回り小さいくらい。

  犬種についてここでは伏せますが、

 一般的には「大人しい」「気が弱い」と認識され

      愛玩犬と言われる種類の子です。

  たもつより年下で元気真っ盛りというお年頃でしょうか。


   河原で初めて見掛けたのは数年前のこと。

     え? あの子、リードを付けてない?

   そこにはふわふわの毛を風になびかせ、

 足元も覚束ない様子で草の上を行く小さなワンコ。
    
      大丈夫? まだ赤ちゃんだよね。


次に見掛けた時も、その子はやはりノーリードで歩いていました。

    たもつが怖がることはないけれど、

  たもつがあの子を脅かしてしまう可能性はあるよね。

その頃たもつは、既に犬見知りをするようになっていました。
 
   初対面でむやみに急接近してくる子を受け入れる度量を

      たもつは持ち合わせてはいなかったのです。

    これは、接近される前に遠ざからねば!

      私はたもつを急かし、

 一刻も早くその子の視界から消えることだけを考えていました。

  ちょっと迷惑だなぁ、大人しそうな子ではあるけれど……。

     見ると、まだ躾も入っていないような幼い子です。

  呼び戻しはおろか、自身の名前すら分かっていないのでは?

       そう勘繰りたくなるほど、

 その子の耳に飼い主の声は届いていないように見えました。


     次に見掛けた時にもその子はノーリード。

  しつこく後ろを追われたたもつは、

 「ヴッ」と小さな声を上げささやかに抵抗してみせました。

その子はただ好奇心のままにたもつの後を追っているのであって、

     嫌がらせをする気など毛頭ないのです。

まだ幼く攻撃性など持ち合わせていないことも分かります。

    それでも私は、たもつとの相性も分からない

 ノーリードの子を受け入れるつもりは一切ありませんでした。

   飼い主は必死で呼び戻そうとしていますが、

 その子は聞く耳持たず、しつこくたもつに纏わりついてきます。



        「繋いでくださいっ!」



    堪らず、私はそう声を上げました。

 飼い主は「すいませんっ、すいませんっ」と繰り返すと、

  その子の尻を追いその場から消えて無くなろうと必死です。

     本当に困る! たもつが嫌がってるじゃん!






 それから数日後、更に困った事態が発生してしまいました。

    すっかり陽も落ちた河原、

 周囲に誰もいないことを確認し、腰を下ろしたたもつ。

      その直後のことです……。




         え???




    私たちの背後には、

  目を輝かせフラフラと歩み寄ってくる例のワンコ。



      ちょっと! おトイレ中なんですけど!




事態を把握したたもつはなんともやるせない表情を浮かべ、

    必死にウンチを絞り出しています。


      もー! 飼い主、いったいどこにいるのよ!


  辺りを見回すと、

 慌てた様子で走り寄ってくる飼い主の姿。

   そしてその飼い主が叫んでも叫んでも、

  その子は私たちの傍を離れようとはしません。


      
         「繋いでよっ!」



   前回より少しきつめに、私は飼い主に訴えました。

     「すいませんっ、すいませんっ」

  平謝りする飼い主は、

 大人しそうで控えめそう(に見える)私より小柄な女性。

   知ってる人は分かると思うけど、私は人相も良くないし

    態度もデカイし(←それは誉められるとこじゃないけど)

  事情を知らない人からしたら、

     私が苛めてるようにしか見えないじゃん!

    ホント、いい加減にしてほしい!




  
  その後暫くぶりに見掛けると、

その子はリードで繋がれるようになっていました。

   どこかでトラブルにでもなったのか……、

       その理由は分かりません。

 とにかく、私たちの散歩にも平穏が訪れました。

  飼い主が私を見てオドオドするのには閉口しましたが、

     そこには目を瞑ることにしました。




        ……長いですよ。




 それから数年後、一見気弱そうだったその子は、

   よそのワンコを見ては殺気立ってしまう

  やる気満々のワンコへと変貌を遂げていました。

   ワンコ同士の交流の作法を覚えるきっかけ、

それを飼い主が上手に作ってあげられなかったのかなと、

     勝手な想像ですがそう思ってしまいます。


 
   静かな河原、平和な散歩を楽しむ私たち、

その遠く後ろ、悲鳴にも似た「ヒーッ」という掠れ声と共に、

     その子が近付いてくるのが見えました。

    飼い主の手には伸縮リード。

そのリードを目一杯伸ばし飼い主を置き去りにするような形で、

     その子はグングン近づいてきています。

    飼い主が宥めるように声を掛けますが、

  興奮状態のその子は立ち止まるような素振りも見せず。


    だからぁ……。そこ、リードを縮めるところだよ!


   また怯えたような表情をされるのが嫌で、

     私はつい言葉を飲み込んでしまいます。



いつ遭遇してもその子は興奮が頂点に達しているような状態で、

  伸びきったリードではワンコの制御など可能な筈もありません。



   もう、いい加減にしてよっ!!!



  常軌を逸した叫び声を上げたのは、私ではありません。

 ワンコのそれより数段ヒステリックな声を上げた飼い主は、

   危険を察知し身を隠した私たちの方を一瞥すると、

  苛々の蒸気を頭のテッペンから噴き出しながら、

      闇の中へと消えていったのです。


    「いい加減にしてよ!」って……。

何がいけないのか、その子はちっとも分かってないじゃん。


   そのワンコさんのことが、

      少し気の毒になってしまいました。






   そしてこの夏、よその子が視界に入ると、

飼い主はリードをグッと引き付けて持つようになっていました。

  ワンコは相変わらず「ヒィッ」と小さな声を上げますが、

    こちらが危険を感じることは少なくなったように思います。

 見かねた誰かが、アドバイスしてくれたのかもしれません。

これで、あの子がヒステリックな声で詰られることも減るだろうし、

   たもつも周囲を警戒せず散歩を楽しむことができるだろう。


       ようやく河原に平穏が訪れました。














    昔の写真を見返していたら……。







     14-07-25-07.jpg


        坊主がこんなにデブちん。







   14-07-25-76_20180803145011432.jpg


       どーしてまた、そんなに太ってるのよ?











      14-07-25-109.jpg


    かーちゃん……。

     「デリカシー」って言葉、知ってる?





   ※ 写真は2014年7月のものです。











スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

犬の躾けに関してはゴルもよそ子に必死に近づきたがるときがあるのでちょっと耳の痛い(ここでは目が痛いが正しいか)話でした
勿論リードはしっかりしていますがご近所ではゴルデカワンコなので小さい子は怖がるから仲良くしてくれる子が少なくて

今回のケースよくぞ「繋いで」とおしゃっていただきました
同じ思いの人はかなりいると思います
躾けのいきとどいたワンコでも相手の出方によってはどうなるかわからないものです

しかし文面からはよくわからないものですね
だって人相も良くない・態度デカイとは 笑
そのままのたもつ先生が素敵に見えるのはどうしてだぁ

たもちゃんやっぱり若いと魅力的
太ってる?
全然いい感じです

今日も名古屋40度越え
暑くて飲むしかない夜です  笑

No title

こういう飼い主いますよね!うちの近所で小型犬なんですが、いつも道の真ん中に立ってるのです、散歩じゃなくて立ってるだけ。
はなが通る道なんですよ。向こうもそれは知ってるはず。
近づけようとしてるのかもしれないけど、そのワンコが必ず吠えるのですよ!他にもウンpしてるのに近づいてくるワンコというか飼い主。
うちはそういう子がいたら、待つか、反対側に行きます。
うちもしつけというほどのことはしてないけど、最低限迷惑をかけないようにはしてるつもりなんですけどね。
そのワンコはどういう育てられ方をしたのでしょうね。
たもちゃんは相手にしないから偉いよ!

うわーもぉ、勘弁してほしーっ
かなり迷惑な飼い主だね。
よく耐えたよたもつ先生。
私なら1発目で『コラ』だもんね。
それよりその子が心配。
元気な子に噛まれたりだとか、事故に合ったりだとか・・・
たもちゃんもいい迷惑だったね。
でももう大丈夫だね。良かった良かった。
たもちゃん丸々してかわええ~
その肉ガクにくれないかい?
ガクの毛と物々交換で(笑)😊

No title

嫌な思いをされましたね。
相手にしないのが一番ですね。

ワンコは、吠えるもの噛むものと思っている。
飼い主さんに会ったことがあります。
先代ごまは、2度噛まれましたが。
謝った事はありませんでした。
今は、二代目のワンコになりましたが。
しおを近づける事はありません。


ノーリーダーにしているワンコを見て。
直ぐにごまを抱き上げたら。
「うちの子は、噛まないから。」と言う飼い主さん。
おたくは良くってもの言葉を飲み込んで。
「うちの子は、ワンコが苦手なんで。」と言って。
その場をさりました。
困った飼い主さんは、どこにでもいるんですね。

ゴルのママさま

いえいえ、必死に近付きたがるのは全く問題ないと思います。……というか寧ろ社交的と言っていいのでは?
リードを付けていれば相手に拒まれた時にもちゃんと制御できるし大丈夫。
私は初対面でのノーリードは信用していません。
既にお互い相性を分かり合っていれば(これはワンコ同士だけでなく飼い主同士も)、あちらがノーリードでも気になりません。
ゴルさんガウっちゃうことありますか?
もしかしたら、相手の子(それが小さい子でも)の方が気の強さをジワジワ出してきてるのかもしれませんよ。ゴルさん、警戒して(或いはビビって)ガウっているのかも。
ここの河原はワンコ密集地帯なので、ノーリードの子はたまに見かけます。そしてたもつは小さい子に何度も襲われてます。
他人に物申すのって難しいですよね。揉めた時にたもつに被害が及ばないかとドキドキしますが、そのままでは自分の気が済まないので(笑)「繋いで」と伝えます。
そのままのたもつ先生が素敵に見えるのはどうしてだぁ ← それはまだゴルままさんが本当の私を知らないからです、はっはっはっ。
若い時のたもつ、ダイエットフードを食べてたこともあるんです。やっぱどう見てもデブちん(笑)
しかし名古屋は暑過ぎですね。毎日名古屋の気温にばかり目が行きます。熱中症気を付けてー!

*はなママ*さま

道の真ん中に立ってる!? 歩いてるんじゃなくてただ立ってる!? 「何がしたいの?」って言いたくなりますよね。
挨拶したいんだろうけど、その子がガウっちゃってるなら無理だと分かりそうなのに……。困りますね。
ウンP中とかホント勘弁してほしいですよね。
自分の子をよその子に慣れさせたいからなのか、しつこく近くをウロウロする飼い主さんがたまにいます。困るー!っていうビームを発してるつもりなんだけど、全然気づいてくれないんですよ。
なんでうちが我慢したり遠回りしたりしなきゃならないんだろ……と思いながら、やっぱりはなママさんのようにこちらから回避するしかないんですよね。
うちも躾ができてる訳じゃないんですけど、だからこそリード繋いで安易に近付けないようにそれだけは気を付けているつもりです。
はなさんもよその子には気を付けてね。

きょうねぇさま

最初はやっぱり「幼い&大人しい犬種」ってことで何も言えなかったんだよね。
その後もノーリードでいるのを見掛けてはいたけど、そのうち誰かに注意されるかなって。
けど、ちょっときつめに「繋いで」って言った後も、結局ノーリードで歩いてた。
強い子に咬み殺されても知らないぞーって思ってたけど、躾も上手くできなかったみたいでようやく繋がれることに。
リードの件に限らず、飼い主さんがワンコさんと上手に付き合えてないのかな?とも感じてる。いつも悲鳴みたいな声上げながら歩いてるのよ。なんだか可哀相だよ。
たもつは呆れるほどデブちんだった。
たもつの贅肉とガクちんの豊かな被毛、交換こするかーい?(笑)

ごまねぇさま

それはどうなの?と思ってしまう飼い主さんにはたまに遭遇します。
今後のことを思うとあまり揉めたくないのですが、たもつに被害が及ぶと思うと言わざるを得ません。
「吠えるもの噛むもの」って、歪んだ考えというか開き直り?ですかね。
怯えて吠えてるような子は気にならないのですが、ケンカを売るように吠えてる子を制御しない飼い主さんには閉口しますね。
ごまさん、2度も噛まれてしまったんですね、可哀相。
たもつも0歳の時に大型犬に咬まれて振り回されて大騒ぎになりましたが、相手の子はその前にも後にも色んな子を咬んでいて……。防げる事故だったのにと悔しい思いをしました。勿論、治療費などは払ってはくれませんでした。
しおちゃんはそんな非常識な人に飼われたワンコに遭遇することがないといいけど。
ノーリードにしてる人って決まって「うちの子は大丈夫よ」って言うんですよね。
「お宅は良くてもうちが……」って私も思います。飼い主にとってはいい子でも、よその子との相性なんて誰にも分からないですよね。
しおちゃんも気を付けてね。敵はワンコじゃなくて飼い主の方なのかもしれませんね。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR