FC2ブログ

坊ちゃんギャン鳴き

     それは土曜の夜のこと。

  たもつと夫と夜桜見物しながら

    河原をブラブラ歩いていた時のことです。



         ギャン!




       え? なに今の?

   振り返ると、

     腰の引けたたもつと、

 たもつの悲鳴にこれまた腰の引けちゃってる夫の姿。

    
    私 「なに今の声? 足でも踏んだんじゃない?」

  夫 「踏んでないよぉ。ほら、行こう」

    たもつの後ろへ回り、彼を促す夫。



         ギャン!



        えー!?

    なに? なにがあった?

   夫 「オレ、なんっにもしてないよ」

    私 「本当に? 足踏んだんじゃなくて?」

  夫 「踏んでないよぉ。踏んだらさすがに分かるよ」

    私 「ふーん」


   たもつはと言うと……、

    取り敢えず、フニャフニャ歩き始めている。

 それでも、その後も夫が後ろに回り込もうとすると、

      たもつは過敏に反応するように。

    なにそれ? なんかオカシイ……よね。

  なにが起きてるのかさっぱり分からないまま帰宅。

       たもつはフツーに歩いてる。

     否、歩けるフリをしている?

   どこかに異常があるようなんだけど、

        どこなのかがハッキリしない。

  帰宅後も、

 身体に触れられるのを嫌がる素振り。

    但し、それも限定的。

   どうも腰から後ろの部分に違和感がある様子。

  脚? 内臓? 肛門付近?
        

  その日たもつは、私たちの休む和室で一晩を過ごした。

    夫の足元で眠りにつき、

 夜中にフラフラ立ち上がったかと思うと今度は私の足元へ。

    そこで「くぅ~ん」となんとも頼りない声を上げると、

      クルクルと身体を丸め再び眠りについた。

 堪らなく不安げな表情を浮かべるたもつと目が合ってしまい、

   その日は結局浅い眠りのまま朝を迎えることに。

  夫もおそらく、ほとんど眠れないままに一晩を過ごしたと思う。


    翌朝、シャッターが開くのを待つように病院へ。

   「痛みがあるようなんです、

 それが脚なのか腰なのか内臓なのか、よく分からないんですけど」

       触診を始める先生。

  身体中グニグニもみもみ触ったり押したりしてるのに、

         無反応の坊ちゃん。

 先生 「お腹の張りとかはないようですね。

        脚もお尻も……、うーん?」

   肛門周りとかグニグニ触ってるのに、

      相変わらず反応薄の坊ちゃん。

     あれー、肛門腺とも関係なかったかー。

  肛門腺絞ってもらっても、特に悪いところは見られず。

    お尻周りとか消化器系の異常とか

   私たちなりに思い付いたことを訴えてはみたんだけど、

その辺りでの異常は(問診と触診した限りでは)見付からなかった。

 先生 「左脚が……、ちょっと震えが出る感じですねぇ。

    でも、レントゲン撮るのはまだいいでしょう。

       取り敢えず痛み止めを飲んで様子を見ましょうか」

      うんうん、痛み止めでも何でも出してくださいな。



    18-04-01_1015.jpg


    処方されたのがこのお薬。

       痛み止めと胃薬。






   病院の帰り道。


   
     18-04-01_935.jpg


     お日さまの下、気持ち良さそうに休憩中。

    歩けてるんだけどねぇ。

       どこが悪いんだかねぇ。






  ……で、日曜の午前中服用した痛み止め(胃薬含む)で、

     翌日のピーヒャラピーピーへと繋がっていく訳です。


 月曜日、お腹ピーピーに気を取られ、痛み?の場所も特定できず。

   痛み止めはバッチリ効いたようで、

 この日は歩き方に違和感もなく、

      ギャンと叫び声を上げることもなかった。

  火曜日、朝散歩も夕散歩も足の運びが危なっかしい。

    うーん、やっぱり左脚に違和感あるような気がするよねぇ。

   なんかね、関節のハマりが悪い感じ。

       いや、筋を違えた感じかな。

   水曜日、朝夕散歩ともスタスタ歩けてる。




     18-04-04_858.jpg


    オカシイ?左脚を支えにチッコもできちゃう。








      18-04-04_859.jpg


         痛み止めは飲んでないけど、




   18-04-04_900.jpg


      足取りは軽い。



  但し、たま~に思い出したように、

    「はぁ~ん(アンヨがー)」みたいな仕草をする。





    結局その後、

  たもつが「ギャン!」と悲鳴を上げることはなかった。


     なんだったのよ、あのギャン鳴き?

   「くぅ~ん」なんて不安げな表情で訴えられたら、

       こっちも寿命が縮まるわ。



     お腹ピーピーは一日のことで済んだけど、

        体重がちょっぴり減った。

   お薬については、今日先生に報告を。


     18-04-01_1015.jpg


   茶色い方の痛み止め「プレビコックス」は使用不可。

      カルテの方にもその旨記録して頂いた。



    たもつは薬に弱い。

 皮膚のお薬(痒み止め)も使用不可になったものがあるし。

   歳を重ねると薬への抵抗力も落ちるだろうから、

     今後は益々注意が必要になってくるね。



    みなさんのお宅のワンコさんニャンコさんも、

   お薬との相性にはどうぞお気を付けくださいね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

たもっちゃんどうしたんでしょうね
痛いところがわからないのも不安が残ります
やたらと足の裏を舐めるとか見た目にわかるならまだよかったですがこれでは結局痛み止めがないとどうなることか

細かく観察しているたもつ先生のお陰で下痢ピーはなんとか抑えられましたね

どうにかしてお話をしてくれたらと思います
ドラえもんに頼んで翻訳こんにゃくでも出してもらえばいいかなぁ~

どうぞお大事に

まぁぁぁぁ~(>_<)

心臓に悪いですね・・・
理由がはっきりしないのは、なおさらに。

その後、お腹も足も大丈夫?

そのまま落ち着いて、
元気になってくれるといいですね。
ものすごーく心配(・_・、)

お大事ね\(・_・)

No title

あらら、そんなことがあったのですね〜
たもつ君の足、どうしたのかなあ
ペロちゃんが靭帯を痛めた時にも似ている様な…
まあペロちゃんのほうが症状がはっきり出ていたので分かり易かったですけど
その時も、痛めた足を支えになるチッコしてました(⌒-⌒; )
結局、痛み止めを飲ませるしかないみたいですね
それで下痢Pなんて可愛そうでしたね
その後何もなくても
しばらくは要観察かなあ〜〜
薬との相性ってあるんですね
今のところペロちゃんは大丈夫そうだけど…薬も怖いね〜〜😱

散歩途中で足捻ったのかな?
薬でピーヒャラドンドンも辛かったね
お大事に

ゴルのママさま

悲鳴を上げた晩は本人も不安だったようで頼りない声を上げていました。
私たちはネットであれこれ調べまくり、結局のところ先生に診てもらうしかないということに。
これまでも脚を痛めることは何度もあったんです。
子供の頃は激しいワンプロで「あーん、痛くて歩けないよー」なんてことはしょっちゅうだったし。
それでも一晩中不安そうにしてたのは初めてで、私たちも焦りました。
結局脚の不具合よりお腹ピーピーの方が堪えた形になっちゃいましたが。
脚はもう問題ないようです。ご心配頂きありがとうございました。

アルままさま

ギャン!と鳴いて身体に触れさせないという状況、よその方のブログで読んでいたのでかなり焦りました。その子は膵炎だったんです。もうすっかり良くなっていますが。
まずは内臓疾患を心配しましたが、結局脚を痛めていたようでちょっぴり安堵。
それでもたもつは「放っておけばそのうち治るでしょ」って歳でもないんですよね~。
痛み止めのせいでお腹を壊しちゃったのが計算外だったけど。
これからはエイジングケアにもっと力をいれていかなくちゃ。
ご心配頂きありがとうございます。

なおちゃんさま

なおちゃんのコメント読んで、夫と二人「ガッテン!」しちゃいました。
最初はね、内臓かもってビクビクしてたんです。腰から後ろの方触ろうとするともの凄く抵抗して、どんな悪い病気になっちゃったんだろう……って。
ペロちゃん靭帯痛めたことがあるんですね。けど、痛い筈の足をフツーに支えにして片足上げるんだから、見てる方はどーなってるのよ?って感じですよね。
靭帯も悪くなると手術になるって書いてありました。取り敢えずそのような事態にはなっていないのでホッとしています。
痛み止めでお腹ピーピー、何の為に病院行ったんだか……って感じです。
夫は「ちょっと様子見ようか」って言ってたんだけど、私が強引に病院行ったんですよね。たもつのこととなると過剰に心配性になっちゃう私です。
脚はもう問題ないようです。薬の使用は、今後も気を付けていかなきゃいけないなと感じています。
ご心配頂きありがとうございます。

ポンヒーママさま

友達の家で階段踏み外したかなーと思ってるんだよね。
その時なんにも言わなかったから気付かなかったけど、それくらいしか思いつかないんだよ。
お腹ピーピーは本当に堪えたよ。その時は脚がダメなのか消化器系を痛めてるのか分からなかったから。
心配してくれてありがとね。

No title

たもちゃんどこが痛かったのかな~
うちの場合は膵炎だったけどね。なにもしてないのにギャン泣きだったからどこが悪いのかわからなかったのですよね。歩き方も普通だし。
でもたもちゃんは歩き方がおかしかったのですよね。
関節が時々ちょっとずれるとか?
またギャン泣きしたら今度はレントゲンですね。
たもちゃんがんばって~!

*はなママ*さま

たぶんね、脚に不具合があった感じです。お陰さまでもうすっかり以前のような歩みに戻りました。
身体に触れようとすると嫌がる、ギャン!と聞いたことないような悲鳴を上げる……、真っ先にはなさんの時の状況を思い出しました。
ただ、たもつは抱っことかは平気で、腰か太股か?の辺りを触ろうとするとスッと逃げるって感じで、内臓なのか脚なのかが分かり難かったです。
先生にグニグニ触られて文句を言わなかったのもよく分からなかったし。
歳も歳だし「急な方向転換とかジャンプとかはさせない方がいい」とネットには書いてあるし、今後はもうちょっと注意が必要かな。
取り敢えず今は元気にしています。
ご心配頂きありがとうございます。
プロフィール

たもつ先生

Author:たもつ先生
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR