おばあちゃんと柴

そのブログに巡り会ったのはもう2ヶ月も前のことなのですが……。

    相も変わらず自分の中でモヤモヤが止まらないので、

       ここで吐き出すことにしました。


   書かれていたのは、ペット屋の売れ残り柴ちゃんと、

     その子を買おうとしているおばあちゃんのこと。

    柴ちゃんは生後半年ほど。

生後1ヶ月半~2ヶ月ほどで売り場に出してしまうペット業界では、

      確かに「売れ残り」と言えます。

    買おうとしていたのは、背中の曲がったおばあちゃん。

 ブログ主さんはおばあちゃんに問い掛けたのだそうです、

        「買うの?」と。

   おばあちゃんは答えます。

    「じいさんが先に逝ってしまって淋しいから飼うの。

       番犬代わりに置いとけばいいし」

    更に話を続けてみると、

  おばあちゃんには身近にお身内もいない、

     お子さんもいらっしゃらないということが分かります。

 手押し車で歩くのがやっとのおばあちゃんが、

          柴を買おうとしている。

   堪らずブログ主さんはお店の店長代理さんに向かい

 「おばあちゃんに柴を売るのを待ってほしい」と訴えます。

    (おばあちゃんの目の届かないところで)

  歩くのがやっとのおばあちゃん、

   これから15年も20年も生きる可能性のある柴ちゃん。

      彼らを二人っきりにしたら、

        二人とも不幸になるのは目に見えています。





    07-12-23_902_201712211432558b6.jpg


     生後2ヶ月で2キロ近くある。

   生後半年だったら何キロ? 

       おうちまでどうやって運ぶのでしょう?





     07-12-24_1508_20171221143256e59.jpg


        小さい時はぬいぐるみみたいだし、




  08-09-13_1834.jpg


      こんなふうに寄り添ってくれたりもするし、




    動物は人間に癒しを与えてくれますよね。






       11-05-01_1740_20171221143259c4b.jpg


   こんな表情を見せれば、番犬の代わりにもなります。

  但し、飼い主相手にこんな顔するヤツがいるのもお忘れなく。





      14-01-26_1454_201712211433009a0.jpg


   飼い主が倒れればこうして心配もしてくれる。

 だけど、独り暮らしのおばあちゃんがもし倒れたら?

     おばあちゃんの看病は勿論、

    柴ちゃんのお世話は誰がするのでしょう?




  「柴ちゃんをおばあちゃんに売るのは止めてほしい」

    ブログ主さんの訴えは、

     至極真っ当なことであると私も思います。






        ……ですが、






   「その環境では犬を飼うのは難しい」

     ブログ主さんはなぜそのことを、

 おばあちゃんにきちんとお伝えしなかったのでしょう?

    ペット屋に「売らないで」と訴えたところで、

       おばあちゃんが「買いたい」と言えば、

 ペット屋は売るでしょう、ブログ主さんの見ていないところで。
  
動物を飼うことの大変さを知らずにおばあちゃんは柴ちゃんを迎え、

    おばあちゃんは翻弄され、

      柴ちゃんにはストレスが溜まり、

   結局みんな不幸になってしまう。

  




      14-12-29_1046.jpg


    放っておけば構ってちゃんになるし、





   14-12-31_2334.jpg


       叱れば拗ねるし、


    動物と暮らすってそんなに容易くない。





  「売りたくて(稼ぎたくて)仕方ない」ペット屋に

    「売るな」と訴えるのも勇気ある行動ですが、

  「買いたい」人たちに「動物と暮らすとはどういうことか」

    それをお伝えすることも、

  それ以上に大切なことなのではないかと私は思います。


   ブログにはペットを展示するガラスケースを見つめる

    おばあちゃんの後ろ姿の写真が載せられていました。

      最もモヤモヤさせられたのは、ここです。

  「手押し車で歩くのがやっと、

     近隣に頼れる人もいない高齢者」

 これだけ書けば、おばあちゃんの写真は必要なかった筈です。

       人権を、侵害しているのでは?

    コメント欄に目を通すと、

 やはり写真についての否定的な意見が散見されました。

   そして、ブログ主さんの逆ギレ気味の返答を目にして、

     私はガッカリしてしまったんですよね。

  ※ 今はコメント欄を閉じているようです。


 ブログ主さんは多くの動物の命を救うべく

       大変尽力されている方のようです。

   賛同しブログ訪問される方も多いようでした。

     ……ですが、

   この記事とコメントへの返答を読み、

     動物を愛する者の傲慢を

    ここに見てしまったような気がしたんですよね。


   動物と暮らすことへの無知を晒され、

 弱々しい後ろ姿まで晒されたおばあちゃんのことを思うと、

      涙が出てきてしまいます。  



    たもつのお世話で精一杯、

 保護動物のお世話すらしたことのない私が、

  このブログ主さんの行動を責めるのは

    差し出がましいことなのかもしれません。

   

  それでも、

   不幸な動物を減らす為にする行動、

 多方面において思い遣りが必要なのではないかと

         感じているのです。









     17-12-09_1404_201712211545538b6.jpg


     一緒に暮らすのはとても幸せなこと。

        だけど、責任も重大なんだよね。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

時々ワンコブログの中でも幸せなワンコが多いことを喜ぶべきだと思うのですが、正直そのたいへんな部分も語らなくてはと感じてます。
寒い毎日でも散歩にいく大変さ、餌代の確保、動物病院にかかる費用などなどの負担が大きいことなどを案外わかっていないです。
殺処分の理由によくある飼い主の高齢化、このケースもそれになる可能性が大きいです。
テレビのニュースで見たのですが、70代の夫婦がもう一度犬を飼いたいと思ったのですが、夫婦の年齢からすると最後まで面倒を見ることができそうにない、そこで、もしもの時に里親を探し最後まで面倒を見てくれる人を探す団体と契約し、持参金をもって次の飼い主に引き渡すという制度を利用して新しく犬を飼う決断をしたという内容を番組で紹介しておりました。
持参金の内容は生涯の餌代や病気などを想定した金額を用意することが条件です、そして団体は新しい家族を必ず見つけることを約束しているため料金はかなりのものと考えます。しかも安心してお任せできるように、元の飼い主さんが時々様子を知ることも許されているとか。すごいと思いますが、こんなことってあり?そんな都合のよい次の飼い主っているの?と疑問だらけでした。
世の中の仕組みどこか間違いだらけな気がします。
高齢になっても犬との生活を望みますが、簡単ではないと自分にも言い聞かせないと同じことしちゃいそうで怖いです。生き物との生活ってほんと難しいです。

とってもよくわかります

動物を愛してやまない人々が
時々、ヒトに対しては
とっても傲慢で、無礼であること。

動物の命を大切にしたいがために
時々、とっても非常識なこと。

ヒトを傷つけることには
無頓着で、
むしろ無神経なこと。

そして
「可愛い」「淋しい」だけで、
自分の命の長さと
遺される可愛い子のもつ
時間の長さとを
しっかり考えずに
今だけを見て、
手に入れようとする人々がたくさんいること。

命というものがどういうものなのか・・・
しっかり考えて欲しいと・・・
本当に・・・果てしなく、悲しくなります・・・

No title

それはやっぱりおばあさんに言うべきですよね。
犬を飼うことの大変さを教えてあげないとね。
どうしてもなら猫にするとかね。
猫でもかわいそうか・・・
ペットショップは売れればいいのだから相手が高齢でも売りますよね。
売るほうにも規制をかけないとね。
里親募集なら高齢者のひとり暮らしには譲りませんからね。
近くに身内がいるとか、自分が病気した時に面倒を見てくれる人がいないと里親にはされませんからね。
そのブログの人も動物に関わってるなら、おばあさんを説得しないといけないと思いますけどね。

No title

犬だって 生きているんです、ただ可愛いから! だけでは済まないのですよね、ペットショップは 子犬の可愛い時期に売れない時は 手数料ぐらいの値段でひきうけてくれるひとをさがす!と聞いたことがあります、
近くにも1歳の柴を引き取った人が居ますが そちらの良いような値段でと言われたようです、そこの方は大変な犬好きでしたので 本当にかわいがってもらっていますが 犬一匹でも 子供を育てるような労力は必要となりますよね、でも皆様はそれなりの愛情をもって育てていられます、
可愛いから、寂しいからでは 犬の先々の事は・・・・
どう考えても 高齢者には無理な事
そして そのブロブ主さんの記事にしても 納得いきません!
何のためにその事を記事にしたのかと
本当に 助けるためなら そのおばあちゃんに話することが本当なのに!
私も何か間違っていると思います、
ただブログのネタで記事にしているような気がします、でそれがまさかの反感となっているのではね~
ブログ主さんもびっくりなのかも!
でも実際問題 高齢者のペットの飼育 考えさせられますね、
どうしよも無くて保健所に持ち込まれるケースが後を絶たないとか
本当にわかっている方なら もうこの歳だから 飼うのは諦めているのよと!話されますよ。

ゴルのママさま

実際飼っている人の話を聞けば「朝晩の散歩は欠かせないし、病気や怪我はあるし、制限されることはたくさんあるし……」と苦労も多いことを分かってもらえるのかなと思いますが、赤ちゃんの可愛らしさばかりを強調するテレビ番組しか見ていなければ飼ってみて初めて戸惑うということも多いのかなと思いますね。
かく言う我が家もブリーダーさんを訪ねワンコを飼うとはどういうことかお話を伺うだけのつもりが、その日のうちにたもつを迎えることを決めてしまったクチで、偉そうなことは言えないのですが……。
保護ワン預かりをしている友人によると「飼える環境にない人に売り付けるペットショップが多い」とのことで、高齢者が散歩を充分にできず手放してしまうというケースも多いようですね。
以前預かっていたゴールデンレトリバーは「散歩が充分でなかったようで脚がとても弱い」という子でした。そこから充分食べさせ筋肉を付けてあげるまで時間が掛かっていましたね。
ゴルママさんの仰るニュースは知らなかったのですが「飼えなくなった時には誰かに引き渡すという契約を結んでから迎える」読んでいて寒々とした気持ちになりました。それでも捨て犬になっちゃうよりはマシなのでしょうか? よく分からないです。
勿論、人生何が起こるか分かりません。フォローし合えるだけの人数で動物のお世話をしていたとしても、事故や災害はいつどこで起きるか分からないし、その後を看てくれる人を確保できるのは有り難いことなのかもしれないけれど……。
己の状況を見た時に「今から飼い始めて大丈夫かな?」ということは熟考すべきことなのかなと、冷たい言い方になっちゃいますけどね。
私はどちらかと言うと「犬生をスタートさせたばかりの赤ちゃん」ではなく「その先の年数を想像できる高齢の保護ワンさん」を迎えたいです。自身の年齢を考えるとその方が合っているような気がしています。

アルままさま

ヨカッタ、アルままさんが分かりやすく書き直してくれた。
おばあちゃんの写真を載せたことに関しては「ブログに載せる為に写真を撮りました」としていて、続く記事では逆ギレ気味に話を逸らしていってしまったような感じで……。
正しいと思うことを正しく進めることの難しさを感じましたね。
インターネットって怖いですね。自分の知らないところで自分の姿や環境(この場合は人間関係ですね)を晒されてしまう。
この主さんはおばあちゃんを上から目線で見ていたんだと思います。ご本人はそうは思ってないだろうけど。
ただ、このおばあちゃんがワンコを迎える環境にないことは私にも分かります。
ペットショップがそれを説明できるかと言うと、それは難しいでしょうね。
悪い店だと「そんなに大きくなりませんよ」とか「そんなに散歩に出なくても犬はトイレを我慢できますよ」とか言うみたいですから。
動物を迎えるとこんなに大変!という番組を、もっとやってくれれば良いのになと思います。
「可愛い赤ちゃん」ばかりじゃなく「お世話の大変な高齢犬」の紹介とか。
とにかく、我が家にいる毛むくじゃらをちゃんと最期まで看ること。これが大切ですね。

*はなママ*さま

この主さんはおばあちゃんに声を掛けた時にどうして「飼うのはこんなに大変だよ。お散歩とか大丈夫?」と話してあげられなかったのでしょうね。
おばあちゃんの環境とかは事細かく訊き出しているのに「手押し車ではお散歩は無理なんじゃない?」となぜ言ってあげられなかったのかな?って。
私もね、ワンコではなく別の小動物ではダメなのかな?……なんてことを思いました。お世話の負担が少なくて寿命もそんなに長くなくて……って、色々いると思うのだけど。
ペットショップは、誰にでも売っちゃいますよね。
近所に家の前で繋がれたままの大型犬がいたんですけど、家の大人は脚の不自由な人と高齢者でお散歩も儘ならず。
見かねたワンコ友達が交代で散歩に連れ出したりしていましたが、結局飼いきれず誰かに譲ってしまったようでした。
ワンコと暮らすって想像以上に気力体力要りますよね。こんなに大変だって、飼うまでは知りませんでした。
そっか、里親募集では高齢者の独り暮らしには譲らないんですね。もしもの時に代わりに面倒を看てくれる人がいないとダメなんですね。
ワンコ友達も里親探しをしているけど、条件が結構キビシイです。それまで苦労をしてきた保護ワンちゃんたちを送り出すので、どうしてもそうなるんでしょうね。
ペットショップに規制がかからないのなら、買う側が意識を高めないとダメですね。

tibikarinnさま

ホント、ワンコは生き物、ぬいぐるみじゃないんですよね。
ご飯も食べるしウ〇チもするし、暴れてみたり病気になってみたり、人間にも何かと不自由を強いる生き物で、本当に簡単なヤツじゃないんですよね。
売れ残りちゃんは手数料くらいの値段で売り払うんですね。確かに、大きくなってくると途端に値段が下がりますよね。
「そちらの良いような値段で」って、お店としては一日でも早く手放したかったのかな? けど、その子は可愛がってくれる家族のところへ来られてラッキーでしたね。
いよいよ売れなくなったらどうなっちゃうんだろう? 半年くらいを過ぎた子を見つけるとドキドキしてしまいます。
「うちに連れて帰ろうか?」って言うと、夫がキビシイ表情しますけど(汗) 勿論、そんな簡単な話じゃないんですよね、たった一人迎えるだけでも。
人間の子供は大きくなれば独り立ちしてくれるけれど、動物は最期の瞬間まで人間の手が必要。やっぱり、可愛がるから!という気持ちだけでは、無理なんですよね~。
このブログ主さんは本当に真剣に動物の命のことを思っているのだと感じました。
それでも、ちょっと方法が……とは思ってしまいましたね。
おばあちゃんとそれだけお話をする時間があったのなら「飼うことでおばあちゃんも苦労するよ」というお話をされた方が良かったと思うんですよね。
ペットショップの人に「売らないで」と訴える勇気があるのなら尚更そう思ってしまいます。
おばあちゃんと柴ちゃんが一緒に暮らしたら、不幸になるのは明らかに柴ちゃんの方。
おばあちゃんは手放して終わりでも、柴ちゃんは自分の行く末を自分で決められませんからね。
保健所への持ち込みって哀しいですよね。
高齢者が飼えなくなったからと手放す時に、動物たちは何を思うのでしょうね。
プロフィール

たもつ先生

Author:たもつ先生
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR