超絶技巧にクラクラ

    17-11-02_815.jpg


      秋も終わりの風景になってきたね。








    木曜日、坊主に留守番をお願いして、



     17-11-02-01.jpg


         日本橋にある三井記念美術館へ。








       入口前では、



     17-11-02-05.jpg


           シカがお出迎え。







    お邪魔したのはこちら、「驚異の超絶技巧!」展です。







   入口付近の2点のみ、撮影オッケーになっていました。





     17-11-02-03.jpg


     初代 宮川香山 作   「猫ニ花細工花瓶」


   照明と人影がうっすら写り込んじゃってますが……。







     17-11-02-04.jpg


     髙橋賢悟 作    「origin as a human」







    館内は基本撮影禁止なので……、

       ここからは絵ハガキを。





    DSC_3625.jpg



      前原冬樹 作    「一刻 : 皿に秋刀魚」


   皿も秋刀魚も一体の一木造りになっています。

  頭と尻尾に近い部分は皿の縁にくっ付いていて、

    胴体の下にはちゃんと空間があるんです。

 隙間に彫刻刀を滑り込ませて彫った……と書いてありました。

      彩色は油絵の具です。

        まさに超絶!






    DSC_3627.jpg


     
      安藤緑山 作     「パイナップル、バナナ」


   象牙を彫って彩色をほどこしています。

      普通に手に取って食べちゃいそう。

 パイナップルやバナナの栽培や輸入が

    始まったばかりの頃の作品だそうです。








    DSC_3629.jpg



      安藤緑山 作     「松茸、占地(しめじ)」


    こちらも象牙を彫って彩色したもの(牙彫)です。

      松茸のカサが裂けていってる感じとか、

   雨露に濡れた感じとか……、

        造り物とは思えません。 







     こちらは出展作品ではないのですが、


 
      DSC_3631.jpg


     安藤緑山 作    「染象牙果菜置物」


  実家の台所を見ているようです。

 「誰かが柿採ってきてくれたんだな」としか思いません(笑)





    展示作品は、

  「七宝」「漆工」「牙彫」「木彫」「自在」「陶磁」

 「金工」「染織」「水墨」と、実に様々で見応えがありました。




      個人的には、
 
    安藤緑山氏の作品が並ぶことがあったら、

       また足を運びたいなと思いました。





  それから、展示会場内でビックリしたことがちらほら。

 今回の会場、

入口付近の2点のみが写真撮影OKになっていたのですが……。


  展示作品も中盤に差し掛かった辺りのことでした。




        パシャッ!




          ん?
          



     みなさん、辺りをキョロキョロ。





         パシャッ!





          え!?





    みなさんの視線の先を追うと、

      作品にカメラ(スマホ)を向ける女性の姿が。

   え? まさか……。


          パシャッ!


 その女性、ガラスケースの中の作品を

      笑顔で撮影していたのです。




      凍り付く会場内。

 撮影していた女性は、連れの女性と嬉しそうに談笑。

  真正面に立っていた男性は表情を強張らせ女性を凝視。
     

        え? 学芸員さんは?

    普通なら、走ってきて注意する人がいる筈だけど……。


      撮影禁止を知らない?

  「日本の人じゃない(日本語が読めない)のかなぁ?」

     そんなふうに姉と話しながら作品を観ていたのですが、

    彼女がなんと私たちの横へやってきて、

      再び作品に向けスマホをかざしたのです。


   私 「撮っていいんですか?(ダメですよね?)」

 女性 「『フラッシュ使わなければ良い』って書いてあったので」

  姉 「(撮って)良いのは入口の2点だけだと思いますよ」

 女性 「へ? そうなんですか! すみません」

   彼女は苦笑いを浮かべ、私たちの傍を離れて行きました。

 その後、彼女の撮影する様子を目の前で目撃していた男性が

     警備員さんを連れ舞い戻ってくると、

   女性を小さく指差し彼女の禁止行為を訴えていたようですが、

警備員さんも彼女に警告することはなくただ見守るばかりで……。

      あ、いや、もう私たちが注意しちゃったし。

   
    しかしビックリするわ~と思っていたら……。


   その後、私と別れて鑑賞していた姉が、

      再び撮影する女性(↑とは別人)と遭遇。


           パシャッ!

    姉 「撮影しちゃいけないと思いますが……」

  女性 「『ダメ』って書いてないですけど」

    姉 「…………」

  女性 「じゃあ警備員さんに訊いてきますっ!」

  警備員さんを探しに?

    女性は姿を消してしまったそうですが……。



   優しい姉は何も言い返さなかったようですが、

    「『ダメ』って書いてないけど」なんて反発されたら、

 私は「あ゛ぁ!?(バカなの?)」って言い返しちゃいそう、

                        プンプン!



   このところ「撮影OK」を謳う美術展が増えましたね。

  SNSで是非拡散して欲しいというところなのでしょうが、

      美術作品は「撮影厳禁」が基本。

  「許可の方が特別」なのだということを、

 会場内の注意書き等徹底して頂きたいなと思いました。

   愚痴っぽくなってしまいましたが……。



      


    ランチを済ませ姉と別れた後は、




      17-11-02_1457.jpg


       福徳神社にお邪魔しました。






     17-11-02_1506.jpg

 
    日本橋のビル群の中にある、静かな神社です。

   お参りに見える人の姿が引っ切り無しで、

        写真を撮るのに苦労しました。

    境内あまり広くはないのですが、

  ここだけ空気が違うように感じられとても好きな神社です。

    御守りを頂いて、坊主の待つ家へ。







      
       17-10-31_1329.jpg


     1週間ほど前の、皇居周辺です(撮影:姉)

       今年は銀杏が色付くのが例年より少し早いかな。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うわぁ

すごいですぇ

 Origin as a human

頭蓋骨にお花・・・笑えます。
いや、笑いをねらっているわけではないのね・・・

人の技ってすご~い!!

しかし、警備員さんはなぜ注意しないのでしょう?
わからないわぁ・・・

大体、あのバシャって音、
不快ですよねぇ

たもつ先生、どんどん叱ってやって!!
 

No title

美術館と博物館とんと縁のない生活をしてますが
写真はダメなんだろうと
その位は分かりますよ〜〜
警備員さんはなぜ?
それ以前にはっきりと、ダメ‼️だと表示した方がいいのに…と思いますね
しかし、とても良くできてる
あれ?バナナは本物でしょう?笑

No title

う~ん どの作品も素晴らしい!!
私も安藤緑山さんですね・・・間違って食べちゃいそう(^◇^)
やっぱり東京は凄いですね(*^_^*)
この田舎ではこんな素敵な作品に出逢う事もまずないですね
なおちゃんさんではないけど 無縁の生活ですからね・・・
でも私も撮影禁止はよ~く理解出来ていますよ( ゚Д゚)
何のための警備員さんなん??って聞いてみたいわ(# ゚Д゚)
それにしても常識ってもんはないのでしょうかね・・・

アルままさま

頭蓋骨がキラキラしていてビックリ。
現代アートの作家さんは若い方も多く、短期にこれだけの技術を身に着けたのかと本当に驚かされました。
「3Dプリンターで作ったよう」と解説にも書かれていて納得。
人の手が生み出したとはにわかに信じ難い作品が多かったです。
普通は1部屋に1名(以上)学芸員さんがいらっしゃるかと思うんですが、こちらは警備員さんが巡回している感じで。
男性が指摘しても注意しなかったのは、現行犯?じゃなかったからかな?
パシャって音が鳴り響いていてね、周りの人もギョッとして振り返ってるんだけど、ご本人は気付かないもんですねぇ。
自分も気を付けようと思いました。
私も海外の美術館でうっかりフラッシュを切り忘れていて(撮影自体はOKでした)警備の人に注意されたことがあったので。
ウルサイおばさんだと思われたくないんだけど、つい口に出しちゃいましたよ(汗)

なおちゃんさま

写真はダメですよねぇ。
入口に撮影OKの作品があったとしても、その後誰一人カメラを向けてる人がいなければさすがに気付くと思うのですが……。
とは言え、最近は一部撮影OKを出す美術展も増え、カメラの影響を受け難い陶磁器などは全点撮影OKになったりもするので、会場側が分かりやすく表示してくれないと迷う人もいるかもしれません。
人に注意するって難しいですね。警備員さんも、なんだか躊躇ってるように見えました。
それを注意しちゃう私はしっかり小姑体質ですかね(汗) 年取るとコワイものがなくなってくるもんですね。
バナナもパイナップルも香ってきそうでしょ?(笑)

茶々ママさま

絵ハガキがなかったのが残念だったのですが、本当にどの作品も見応えがあって行って良かったなと思いました。
安藤緑山さんの作品は初めて見たのですが、もう人の手が作り出したとは思えなくて。
象牙ってそんなに簡単に削れるの?……って、そこからですよ。本当に驚きました。
メディアなどで取り上げられる美術展は東京・大阪などが多くなりがちですもんね。
もっと全国行脚してくれれば良いのにといつも思います。
静寂の中突然のパシャ!パシャ!で、周りはみんなギョッとしてました。
その視線を感じて止めるだろうと予想していたら、ご本人は全く気付かず更にパシャ!パシャ!(驚)
目撃した男性も堪らず警備員さんを呼びに行ったんでしょうね。けど、警備員さんは注意しませんでしたけど。
人が多い場所では色んなことが起こりますね。

No title

ドクロが衝撃的~~~~~っ
嫌いじゃないぞ!むしろ好きかも。
象牙には見えない!リアルすぎて写真かと思っちゃったよ。
特に魚~、空間があるってすごい技術だよねー

美術館で撮影はマズイでしょ~
普通ダメでしょ。美術館とか、あまり来ない人なのかな?
知らない?いや、んな訳ない。
学芸員さん!こんな時こそお仕事でしょーっ!(-_-;)動きなさい

福徳神社、私もだーい好き

きょうねぇさま

ドクロが、怖いんだか綺麗なんだか……って感じだよね。きょうねぇさま、こういうの好き?
牙彫がリアル過ぎでしょ? 実物見ても人の手で彫ったものとは思えないのよ。
彫りの技術もスゴイんだけど、色付けも素晴らしいんだろうね。
魚はね、小骨の感じがすごくリアル。焦げたニオイも漂ってきそうな感じだった。
撮影はマズイよね~。周りの人がまったく撮ってないのに、なぜOKだと思えるのだろ? ホント不思議だよ。
「ダメって書いてないから」って、ワナワナきちゃう台詞でしょ?(笑)
マナーを守ってる人たちがみんな顔をしかめてたよ。美術館サイドにもしっかりしてほしいと思っちゃった。
福徳神社は、ご利益あると信じてるんだよ~。

No title

ほんとうに生き生きとした作品の数々、すごいですね~
どう見ても本物に見えます

せっかく作品を楽しんでいるときにル-ルを守らない人がいると興ざめですよね~ その場にいた方達みんなが不快な思いをされたでしょう
注意をするのはとても勇気がいるし、後味が悪いものです
注意してくださって、周りの方は心の中で拍手だったと思います
来館者がそんな思いをすることがないよう、掲示や警備の方のお仕事等しっかりしてほしいものですね
最近は何にでもスマホのカメラを向けますからね・・・

お留守番だったたもつくん、ご機嫌は大丈夫でしたか?

桜太かあさんさま

美術展で見てるから作品だと分かるけど、野菜や果物がそのまま台所にあったら食べる気満々で手を伸ばしちゃいそうです(笑)
絵ハガキがなかったのですが、トウモロコシのヒゲまで細かに表現した作品があってこれを人の手が作り出したのかと驚きでした。
写真撮影にはビックリでした。
シーンとした会場内に響き渡っちゃって、周りのみなさんも驚き過ぎて言葉も出ない様子でした。
撮影OKなら他の方もバンバン撮ってると思うんですよね。なんで気付かないんだろ?とまたまたビックリ。
私もね、相手が女性だったから声を掛けることができたのかも。
強面の男性だったら、たぶん躊躇っちゃうと思います(汗)
スマホもデジカメと変わらないくらい綺麗な写真が撮れるようになったし、今はいつでもどこでも写真を撮る人が増えましたよね。自分も気を付けなきゃ!と思いました。
お留守番させた分、帰宅してからはいつも以上にボール投げに付き合わされました。
大暴れで、家が壊れちゃうー(汗)
プロフィール

たもつ先生

Author:たもつ先生
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR