モモコさんが来ましたよ

      17-06-22_1802.jpg


           「えへへ 


      たもつのようでたもつでないこの子は、

            モモコさん。




 少しの間お友達の家で預かってるジョシーバさん。

  昨日の夕方、我が家に遊びに来てくれました。

   お友達の家のワンズはまだ若くて暴れ盛り、

モモコさんをそのお散歩に付き合わせるのは可哀相ということで、

   ワンズのお散歩中我が家で預かることに。




     たもつとの初対面は柵越しに。

慣れない子と鼻突き合わせるのは嫌かなと思ったのだけど、 

   モモコさん、

  尻尾をブルンブルン回して愛嬌振りまいてくれました。




 それでもよそ様のお嬢にストレスを与えたくはないので、





     17-06-22_1743.jpg


       たもつにはベランダに出て頂いて、





   17-06-22_1755.jpg


   モモコさんには家の中を探索して頂いて……。   





      17-06-22_1744.jpg


      「かーちゃん! 入れろよ、かーちゃん!」







       17-06-22_1749.jpg


      今度はベランダを探索。





   17-06-22_1753.jpg


     「なにここ、色んなニオイがする~♪」






     17-06-22_1754.jpg



        向こうにたもつがいます。

      そりゃ、気になるよねぇ。







     17-06-22_1815.jpg


     いいねぇ、いい笑顔だよ。

       オバチャン、ちょっぴり安心したよ。








     17-06-22_1816.jpg


        「かーちゃん。あいつ、誰なのよ」


    
     家のど真ん中に、柵を立てています。

  モモコさんにはベランダ側の半分、

     たもつには玄関側の半分をあてがってます。

    どうやら喧嘩もしなそうなのだけど、

   やはりよそからお預かりしてるお嬢、

        何かあったら大変ですからね。






     17-06-22_1819.jpg


           立派な背中。


      モモコさん、

   ほとんどベランダで過ごしていたのだけど、

     ずーっとお空を見上げていたりして、

 飼い主さんのことを想ってるんだろうなぁって、

       なんだか切なくなってしまいます。

     おかーさんも頑張ってるからね、

    モモコさんも、あともう少しの間頑張ろうね。





       
       17-06-22_1838.jpg


          「向こうが気になる」



     お隣のベランダに誰か出てきているようです。






      17-06-22_1840.jpg


          「気になるぅ、気になるよぉ」


  オバチャンはキミの尻尾の方が気になるわ、

        どんだけ巻いてるのよ。





     17-06-22_1841.jpg


         「ここ、開けてくれないかしら」




    17-06-22_1843.jpg


        「ここから脱出したい……」







             え!?








     17-06-22_1844.jpg



        「オバチャン。ここの壁、ぶち抜いてよ」




               え?




     17-06-22_1845.jpg


           「向こうへ行きたい」





     17-06-22_1846.jpg


          真剣なお顔。






    17-06-22_1847.jpg


           スンスンスンスン。





     ん? なんかいい匂いがやって来てる?






       17-06-22_1848.jpg


    「オバチャン気付かないの?

          なんか匂ってきてるのよ」






   モモコさん、結局うんともすんとも言わず。

     たもつは1回だけ「ワン!」って言ったな。

  たもつの「ワン」を聞いたの、何年ぶりだろ。


   モモコさん、お水も飲まずオヤツも食べず……。

 私が台所へ行くと舌をペロリンして飛んでくるのだけど、

  ワンコが好きそうなヨーグルトもクリームチーズも食べず。





     17-06-22_1854.jpg


        「退屈なのよね」

    結構タプタプな感じなのよね。






 お迎えのピンポンが鳴り私がリードを装着させると、

       モモコさん、

    それまでの動きがウソのように、

         玄関へ向かって走り出しました。


      あ……。

   ちと寂しいけど、仕方ないことだよね。





      あともう少し、

    おかーさんに会える日まで頑張ろうね。





      17-06-22_1815.jpg







    
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日は本当にありがとう
すんごく助かりました。

今日は結局河川敷まで連れて行ったよ。
帰りに「動けません」ってやったけど・・・
そこはスパルタの私「帰るよ。あんたデブだから抱っこは無理」って
歩かせた(笑)

たもつは耳大丈夫だった?
お大事にね

本当に・・・いい笑顔(o^^o)

でも、心細かったり淋しかったり・・・
するのでしょうね。

頑張って辛抱しているのですよね。

やっぱり切ない・・・(゚´Д`゚)

たもちゃんとは、結局
ご対面なし?



ポンヒーママさま

私の方こそ預からせてもらってどうもありがとう。
ドキドキだったけど聞き分けのいい子で何にも困らなかったよ。触り心地がとっても気持ち良かった~。
2日目は台車でお迎えに行こうと思ってた(笑)
なのに、急にキャンセルしちゃってホントごめん。お陰さまでたもつも病院に連れて行くことができました。
モモコさん、河川敷まで頑張ったんだね。お宅からは結構距離あるし、よく歩いた方なんじゃない?
抱っこは気を付けた方がいいよ、マジで。
ドタキャンしておいてあれだけど、また預かれるからいつでも言ってね~。

アルままさま

何が起きてるのか分からないから、尚更不安で仕方ないと思うんですよね。
暫く預かってるお宅では、ようやく家族に身体を寄せて眠るようになったみたいです。そうして懐いてくれると、離れる時寂しくなっちゃいそう。
飼い主さんもずっとモモコさんのこと想ってるだろうし、モモコさんも空を見上げて飼い主さんのこと想ってるように見えたし、離れるって切ないですね。
たもつとは柵越しのままです。翌日も預かる予定だったんだけど、こちらがドタキャンしちゃったので接触はならず……。
柴って気性が激しいから、会わせるのもドキドキなんですよ。
プロフィール

たもつ先生

Author:たもつ先生
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR