川の向こう側

     河原のニャンコさん問題、

      これまでにも何度か書いてきましたが……。

  つい最近のものはこちら、仲良くしましょう



 ここ最近、以前にも増して激しい感情剥き出しの貼り紙が

    そこここに出現するようになりました。



「〇〇町△△マンションに住む●●(犬種)を連れてるジイサン!

      猫を虐めるのを見たら警察に通報します!」

   実はもっとあれこれ書いてます、

    「猫は汚くない、汚いのはお前の心だ」みたいなこと。

  猫は汚くない……のは良いとして、

        え? マンション名まで特定?

     後を付けて行ってるってこと?


    後日、別の場所に別の貼り紙が出現。

 「◎◎区△△マンションに住む●●を連れている40代男性!

      猫に水を掛けるな。

  猫が嫌なら◎◎区にいろ! ▲▲区に来るな!」

           え!?

    またまた、後を付けて行った?

      ▲▲区に来るな!ってそんな……。






    17-05-04_1112_201706011549051c9.jpg


     たもつがいつも散歩しているこの河原、

この小さな川を挟んで、こちらは▲▲区、あちらは◎◎区。

  ◎◎区に暮らすたもつも当然のように▲▲区の河原を歩くし、

        勿論その逆もあります。

 どこの河原を歩こうが、ケチをつける人なんて勿論いません。


    えっと、話が逸れて行きそうだけど……。

 野良ニャンコの餌やり場になっているのは、

      ▲▲区側の橋の下。

   ニャンコを守る為(と、ご本人は思っている)

    通行人に向かい喧嘩腰で毒を吐き、

猫を虐めたかどうかも定かでない他人を追跡し住所を晒し、

 人々に恐怖心を与える貼り紙を増やし続けるニャンコの番人。

   ここで「猫を虐めたかどうか定かでない」と書くのは、

     追跡された人の話を人伝に聞き、

 「猫虐め」が貼り紙の主の勘違いである可能性が高いからです。

      
   「猫が嫌ならこっちに来るな!」なんてオカシナ話だし、

 公共の場を猫の餌やり場にする己の身勝手や責任を、

     彼らは一体どう考えているのだろうか……、

             疑問に思います。


 夫からは「アブナイから関わらないように」と言われています。

    勿論彼らに関わるつもりはないけれど、

   なぜ普通に散歩しているだけの私たちが、

  猫に怯え(襲われたワンコがいます)

    猫の番人の顔色を窺いながら行かねばならないのか……。

 自分自身を納得させる為の材料が未だ見付からず、

     悶々としながら行く川向うの河原なのです。






     17-05-17_1009.jpg


      生き物も多い、穏やかな河原。










17-05-30_1131.jpg


     このところ、「とーちゃんの抱っこ」がマイブーム。

         あんなに抱っこ嫌いだったのに(笑)









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

びっくりな貼り紙ですね

書かれている内容にも書き方にも
びつくり!

広々として素敵な河原なのに
もっと大らかに
友好的にできないのでしょうか・・・

これでは大きな反感を買って
猫さんたちが
惨殺される可能性もありますよねぇ

その好戦的な人たちも恐いですが、
これからどうなっていくのか・・・

恐ろしいです・・・・(-_-;)

あのじーさんカナヅチ持ってあとつけてくるらしいから怖いよ。
関わっちゃダメだよ。

アルままさま

覚えきれなかったからここには書かなかったけど、貼り紙には随分な長文であれこれと書いてありました。
犬の散歩中に猫と出会うって、ものすごく危険なことですよね。
狩猟犬を連れている友達などは常に猫に目を光らせて歩いています。
この橋の下も人間が餌やりを始めなかったら猫は集まってきていなかった訳で、猫の番人のことを苦々しく思っている人は少なくないと思うんですよね。
よその路地で見掛ける、通り掛かりのサラリーマンがニャンコを撫でているようなほのぼのとした風景、ここでは永遠に見ることができないような気がします。
動物好き同士がどうして仲良くできないのかなと哀しくなりますね。

ポンヒーママさま

カ、カナヅチ!?
追跡されちゃった人の話、ニコルのオヤジから聞いたんだよ。「棒みたいの持って後つけてきた」らしいって。
猫守りたいのは分かるけど、その執念が恐ろしすぎるわ……。
私はたもつを守るのでいっぱいいっぱいだから、じーさんと喧嘩する余力がないよ(笑)

No title

何処にでも一人や二人 いますね~わけのかからないような人~
自分では正しいことしていると勘違いしているのでは?
地域猫って そんなに手を掛けずに見守って行くがモットーでないのかな?
でも腹が立つね、そんな事まで猫を守りたかったら 自分では引き取ったら!なんて言いたくなってしまう。
この世の中、猫の好きな人も嫌いな人も居るのに 公共の場の河川敷で睨んでいるなんて・・・・
今日 こちらの新聞で猫の被害が問題になった町内会が 独自で地域猫を見守る活動を始めたと載っていました。これ以上猫を増やさないためにもとの話から避妊 去勢などから餌やりまでと
最後の締めに
町内会には猫の好きな人も嫌いな人も居る
活動はあくまで野良猫対策 すでにここにいる命は最後まで見守る 
そんな野良猫との共存を目指して活動しています。と締めくくっています。
たもつ先生の所の河川敷では
まるでワンコ連れの人達に敵意丸出しですね、
そう、余り関わらない方が賢明でしょうね。

たもちゃん 赤ちゃん返りかい(笑い)

tibikarinnさま

やっぱり、何処にでもいますよね、イマイチ理解できない人。
価値観が違うのは当たり前のことだけど、だからこそ譲り合いというか認め合いというか、そういうのが必要だと思うんですけどね。
地域猫の活動、大切なのは手を掛け過ぎないことだと私も思います。
自分で引き取ったら?って、本当にそう思います! みんな自分の場所で自分が責任を持てる範囲で動物のお世話をしてるのに。
仮に地域猫としてお世話をするとしても、周りを全部敵にしちゃあダメですよね。
町内会で地域猫の活動、スバラシイですね。数のコントロールって大切なことだと思います。
本当に、動物を好きな人もいれば苦手な人もいる。互いを認め合わないと諍いはなくならないと思います。
ここの餌やり場も地域猫の活動としてやってるみたいなんですけど、番人?のようになってしまったジイサンが暴走しちゃってるみたいです。
動物を好きな人に悪い人はいないと思いたいんですけど……。
たもつは赤ちゃん返り(汗) 益々甘ったれになってきてます……。
プロフィール

たもつ先生

Author:たもつ先生
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR