ライバルの本

     昨夜のお散歩。
       



17-05-30_1928.jpg


     月夜に照らされ、急に毛深くなった坊ちゃん。






       17-05-30_1931.jpg


           エヘヘ。


     えっと……、

   この毛深い子は、お友達のハルちゃん(♂)






       17-05-30_1930.jpg


         たもつ          ハル


    お互いよそのおかーさんをガン見。

     「そのポッケから何が出てくんのぉ~?♪」






     17-05-30_1926.jpg


          「何が出てくんの?」

            真剣過ぎる(笑)





      17-05-30_1927.jpg


           「早く出しなよ~♪」   





   ハルちゃんに初めて会った時、

たもつは年下&非力な後輩に向かい非情な「ガウガウ」

     次に会った時も、

  たもつはやっぱり「ハーッ!」とか「カッ!」とか言って

        気弱なハルちゃんを威嚇。

    おかーさんは恥ずかしいよ…… 

   
    それでも今こうして仲良くできているのは、

 ハルちゃんのおかーさんがとっても大らかで

   気難しいたもつを受け容れてくれたからなんだよね。

     これからも仲良しでお願いします!








  先日先生の本を借りたことは書きましたが、


        DSC_2285.jpg


     

       続いて、



    DSC_2294.jpg


         こちらの本も借りてみました。

   又吉先生と同時に芥川賞を受賞した作品ですね。


 「火花」の売上が240万部超え(2015年末)、

   それに比べ自身の本は全然売れてない!とぼやき、

  羽田さんは又吉さんをライバル視してましたね。

     勿論ジョークで言ってたんだろうけど、

 本が売れるかどうかって何で決まるんだろ……、

       ちょっと考えさせられてしまいました。

  あ、勝手にライバル視してるのは羽田さんの方なので、

「ライバルの本」というタイトルは違うような気もするけど、まあ。

   バラエティ番組などで見る羽田さんのキャラ、

         私は好きなんだけどな~。

 
     

   「スクラップ・アンド・ビルド」

     昨日の午前中に借りてきて、

   家事の合間に読みまくり、

      その日の晩には読み終えました。

  「火花」と「スクラップ・アンド・ビルド」

    どちらがオモシロイかと言うと、ちと難しい。


   図書館のサイトを見てみたら、

    「火花」の予約人数は、未だ398人。

 「スクラップ・アンド・ビルド」のそれは、1人でした。

      羽田さん、ガンバレ~。


   ちなみに又吉先生の新作「劇場」、

  図書館サイトでは、予約人数261人でした。

        おそるべし。








     17-05-25_2254.jpg


        パンの空き袋を見付けてきた。


   「取れるもんなら取ってみればいーじゃん」


      構ってチャンが始まりましたよ 






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱ読書家ですね~

私、中高生の頃は
「芥川賞受賞作品」は必ず読んでました。
でも、大抵、「面白い」って思えなくて・・・
あの頃は夏目漱石や太宰治にハマってたし。

この数年は、
小説・・、とんと読まなくなりました。

そー言えば・・・
森鴎外の写真を見ると、
父方の祖父を思い出します。
あの恐そーな顔とヒゲ、そっくりなんですよ~(^_^;)
(話が飛んだ・・・(>_<))

本の売れ具合・・・
広く世間一般、特に読書をしない人たちまでも
巻き込むっていうのは、
そーゆー世界の人じゃないからですかね。

「お、読んでみるか」・・・って気に
させるのかも。

たもちゃんは
遊んぼうぜ攻撃ですね(o^^o)

No title

たもちゃん!お手手がきれいになってる!
あとはお目目だけだね。
花粉が終わればいいのだけど、やっぱりゴーグルか?

どちらの本もまだ読んでないです。
火花はおもしろそうなのかなと思うのですが、ドラマ化されたのを少し見たら、あんまり面白くなくて見るのをやめたのです。
まぁ、これは俳優さんとかの問題もあるでしょうから、原作はおもしろいのかな?なんて思ってます。
羽田さん、もっとがんばって~!

アルままさま

「芥川賞受賞作品」は必ず読んでました。 ← こういう人を読書家って言うんですよぉ。
アルままさんのコメ読んで芥川賞作品一覧を見てみたんだけど、今回の2冊を除き私はこれまで1冊も読んでませんでした(笑)
受賞作だから万人にオモシロイってことはないと思いますねぇ。
amazonで「火花」と「スクラップ・アンド・ビルド」のレビューを見たけど、評価は真っ二つでした。当たり前だけど受け取り方に個人差はありますよね。
私は日頃短編しか読まないんですよ、堪え性がないから。
森鴎外に似てるお祖父ちゃま、カッコイイですね!
本を売るって難しいですよね。
直木賞も芥川賞も本を売る為に作られた賞だし、書き手が有名だというのも重要なんだろうなと思います。
羽田さん自身「本買って欲しいから一生懸命テレビに出てる♪」って言ってたし。
太宰治は難しいーと思ってたけど、今度読んでみようかな。
たもつはお子ちゃまなオジサンです。遊んで♪攻撃がスゴイです。

*はなママ*さま

たもつもジワジワと普通の柴に近付いてきています!
花粉が終わればなぁと思う反面、アレルゲンに強い子になってくれないかなぁなんて思いもあります。
ゴーグル着ける柴犬、カッコイイと思うんだけどな~。着けてくれるかどうかが問題(汗)
原作とドラマ、どちらに先に触れるかで感じ方も違うでしょうね。
「火花」も「スクラップ・アンド・ビルド」も案外短時間で読めました。本当はしっかり噛み締めながら読んだ方が良いんだろうけど、つい先を急いじゃうのがイケナイとこだなって自分でも思います。
作品の評価と本の売り上げ、必ずしも連動しないんだなぁというのが個人的な感想です。
プロフィール

たもつ先生

Author:たもつ先生
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR