FC2ブログ

霞ヶ浦は今日も凪

        日曜日、




     17-02-12-17.jpg


           オランダに来てるよ♪




     ……って、そのタイトルでこの展開はないでしょ。





   
    17-02-12-23.jpg



      今月は坊ちゃんのお散歩強化月間。

           え? そうなの?



 だって、たくさん歩いていつまでも健康でいてほしいじゃん。






       17-02-12-03.jpg


     たわわに実ったフルーツのトンネルをくぐり、

        (作り物だけどね)




      17-02-12-04.jpg



         丘の上の水車のところへ。




     ここは、土浦市霞ヶ浦総合公園。

 
  人が少なくてのんびり歩けるところ……で選んだのが、

       ここ霞ヶ浦の湖畔。





     17-02-12-12.jpg


          スンスンに余念がない。






      風車の展望台から見た景色。




    17-02-12-11.jpg


        遠くに見えるのは筑波山。

     山の西(左)の方に、たもつの生まれ故郷があるよ。







    17-02-12-08.jpg




17-02-12-05.jpg




      17-02-12-06.jpg


            霞ヶ浦。

      湖面積は国内2番目なんだって。

         知らなければ、海?って思うよね。



    

   もう10年も昔のことになるのだけれど、

 私たち夫婦がとてもお世話になった方と

           霞ヶ浦を訪れたことがあった。

    それは年の瀬も押し詰まった日のことで、

その慌ただしい時期に図々しくもお宅へお邪魔した私たちを

   快く歓待してくれ美味しいものをご馳走してくれ、

        観光案内までしてくださったご夫婦と、

     最後に訪れたのがこの霞ヶ浦だった。

  お世話になった方というのは、

       私たちが以前勤めていた会社の社長。

    彼が病気を患い会社を畳んでから、

      それはちょうど半年が過ぎた頃のことだった。

   その人は、仕事にとても厳しい人だった。

 誰より勉強熱心で仕事熱心で、

     ついて行けずに辞めていく社員も多かった。

    寝食を惜しみ仕事に没頭する姿に、

 「仕事しながらポックリ逝くのが一番幸せなんじゃない?」

下で働く私たちはそう言って揶揄することも少なくなかった。


     この霞ヶ浦総合公園、

  彼の住いからは車で10分と掛からない場所にある。

       広大な霞ヶ浦を見渡しながら、

    「近くに、こんな良いところがあったんだねぇ」

         彼はしみじみと、そう呟いた。

   夫も私も言葉にならず、

      ただ、彼の後ろ姿を見つめていたように思う。

    
 彼が逝ったのは、それから1年と少しが経ってからのことだった。

      見送るべく駆け付けた教会で、

彼の最期を看取ったという神父さんから話を伺うことができた。

   「最期は少しだけ苦しそうでした。

      それでも今は、苦しみからは解放されています。

     今はもう、神の御許にありますから」 


        心が、少しだけ軽くなったような気がしていた。






    昨日に戻るよ。


      
       公園の中で、

   ヘリコプターの遊覧飛行が行われていた。



      17-02-12-16.jpg


     夫はすっかりヘリに夢中で、私たちを放置。




          [広告] VPS

       

        たもつと私は遠くに退避中。

      夫はヘリに乗りたかったらしい(笑)






       霞ヶ浦に別れを告げた後は、




    17-02-12-27.jpg



           牛久阿弥陀大仏へ。


   「青銅製立像」として世界一の高さなんだって。





       17-02-12-29.jpg


    エレベーターで展望台まで行けるらしい。







      17-02-12-31.jpg


            綺麗なお顔だね。








     
      たくさん歩いて帰ったのに、



       17-02-12_2143.jpg


      結局夜も散歩に駆り出された。

    オッサンだと思ってたけど、

          案外体力あるんだね……(汗)






     


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

素敵な景色ですねぇ

はい、湖と聞くまで
海だと思って拝見してました。

たもつ先生とご主人さまは
職場結婚なのですか?

その社長さんの思い出・・・
何だか切ないですね。

たもちゃん、元気で何よりです!(^-^)

牛久?
姪っ子の一人が嫁いでいます・・・

No title

広くて眺めのいい公園ですね!
お天気いいのに人が少なかったのですね。
ご主人ヘリに乗って行っちゃったのですか?
牛久の大仏さん、前に映画の中で見たことがあります。
とっても大きいのですよね?
たもちゃん元気ですよね~!
ちょっとふっくらして体力もついてきて元気に歩くのかな?
毛もフサフサになってきたし(^.^)

曇と水面が近くてステキな場所!!たわわに実ったフルーツもこれから、たーんと増えていくのかな?
って・・・おーい!ニセモンかいっ
仕事命の男性って多いですね
でもその方から学んだ事も多かったのではないでしょか?
こんな近くにこんな場所が・・・って気がついた事がなんか、ぐっときました。
たもちゃん、歩くねぇ。男だねぇ。
おかーちゃん、グタグタだったんじゃない?ふっふっふっ

アルままさま

霞ヶ浦とか諏訪湖とか大きな湖を見ると、湖畔に暮らすのもいいなぁと思ってしまいます。
海よりも穏やかで遠くまで見渡せて気持ちがいいかな~って。
夫と私は職場結婚もどき……かな。
私が退職する頃に夫が入社してきて、一緒に働いた期間は4ヶ月ほどです。夫からすると「すごくコワイ人」だったみたい(笑)
社長は自分で会社を立ち上げたくらいの人だったのでとにかくバイタリティに溢れていて、社員はみんな振り回されていました(笑) そんな人の晩年に色々と話をすることができたのは、貴重な経験だと思っています。
牛久大仏って、茨城出身の芸能人がよく自慢してるんですよね(笑) 今回初めて訪ねました。
時間の関係で展望室まで上がらなかったんですけど、たぶんものすごく遠くまで見渡せるんじゃないかな。
機会があったら姪っ子さんと一緒に上ってみては如何でしょう?

*はなママ*さま

霞ヶ浦ってものすご~く広いんですよね。
実はよく知らないままに出掛けてしまい、たもつを歩かせられる場所を探し右往左往。
ここは道路を挟んで大きな広場などもありたくさんの人が訪れていました。それでも都内の公園に比べたらのびのび散歩ができましたよ。
夫はヘリの撮影をしていただけです。
たもつ連れだしどうせ乗れないんだしと私はあまり関心を示さなかったんですけど、夫はやっぱり乗りたかったみたい。
「え、乗りたくない? あなた、乗ったことあるの?」と訊くので、「乗ったことあるよ、オーストラリアで」と答えたら、オモシロクないといった顔をしてました(笑)
牛久大仏って茨城県人の自慢?みたいで、よくテレビでも取り上げられてますよね。展望室まで上がればいい景色が望めるかも。
たもつは一時期より体力付いてきたような気がします。
諦めてたアンダーコートもじわじわ増えてきています♪

きょうねぇさま

なんかね、の~んびりとしたところだった。
湖が広いから対岸も遠いし、遠くを眺めていたら目の疲れが取れるみたいでね(笑)
仕事命の男の人って多いよね、特に昔の人。今はコンプラとか色々ウルサイから、モーレツ社員的な働き方はNGなんだろうけどね。
この社長は敵も多かったけど、結局この人から学んだことも多かったなと思ってる。まあ同じようには働けないな~とは思うけど。
この日は予定外にたくさん歩いてヘロヘロだった筈なんだけど、夜散歩でもアホみたいに走りだしたりしてこっちはもうヘロヘロ。
私のオバサン化を止めないとついて行けなくなっちゃうよ。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR