FC2ブログ

たもちゃん、なに食べたい?

      土曜日、またまた病院へ。

  水曜日にお薬注入の予定だったのだけど、

   行こうとすると雨……って感じで、ズルズルと土曜日に。







    16-09-10_1457.jpg


    フライング気味に着いちゃった。

         ワクワクが止まらない♪






  午後の診察一番乗りで行ったら、

    先生方まだ術着のままウロウロ。

   手術の子が、いたんだね。



  たもやんはお耳のお薬注入のみ。


    オスルニア


   オスルニア、1本 2,160円(税込み)なり~。

     これを片耳につき1本注入。

   お財布から冷や汗が垂れてる……。


 「高過ぎですよねぇ、メーカーも足元見てるって言うか……」

     先生もね、そう仰る。

   今のところ競合するメーカーが出てきてないんだって。

  それでもね、よく効くよ、このお薬。

     お友達ワンコにも使ってる子がいるけど、

  「状態は良い」って飼い主さん言ってた。

この薬により家庭での処置が一切不要になる……と言うのだけど、

    実は今回の処置までの間に1回、

   痒み激しくなってきたたもやんのお耳に、

  我が家でフルメタローション(ステロイド剤)注入してる。

      これ、飼い主判断でね。

 先生に話したら「その程度で済んだなら良かった方かな」って。

   薬注入後、安定した状態がどれくらい持つか、それが問題。

     薬の使用には間3週間空けたいところなので、

   この後3週間(以上)持つかどうかをしっかりウォッチ。



  それから食べ物について改めて相談。

今使ってる低アレルゲンフードに、実は若干の不満を覚えている私。

    たもやんの皮膚、

 最悪の頃に比べればかなり改善されたとは思うけど、

   本当は手作り食も捨てきれないでいる。

  フードに何が不満なのかと言えば、

     フードに含まれる酸化した油。

 福岡の先生から「それが痒みの原因(の1つ)」と言われ、

   彼の指導の下せっせとフードの油抜きをし、

余分な酸化油をある程度は除去できているのだろうけれど。

 油気にするなら手作りすればいいのでは?……とも思う訳で。


   手作りにつき先生に相談したところ、

「手作りだとカルシウムとミネラルが不足がちになる」のだそうで、

  「カルシウムは骨粉などを加えれば良いけど、

             ミネラルはなかなか難しい」って。


    先生のメモを見せてもらった。



 《 体重18キロの犬の1日分 》

  たもつの場合だと、この半量くらいかな。

 加熱調理済み炭水化物       240g

 調理済み肉            120g

 脂肪                10g

 繊維                 3g

 骨粉                 4g

 塩化カリウム             1g

   他、成人用ビタミン・ミネラル錠


  不足分はサプリで摂るんだね。



 先生曰く、

「今食べてるフードは食物アレルゲンを除去するのみならず、

   皮膚トラブルに欠かせない必須脂肪酸も摂れるし、

  手作りでは不足がちになるビタミン・ミネラル類も摂れるし、

  一時期より改善していることを思えば、

    このままフードを続けて問題ないのでは?」とのことで。

  ただ、食事の一部を手作り食にすることについては、

     「問題ないでしょう」とのことだった。



  ……ということで、

主に低アレルゲンフード、時々手作り食という感じで、

     今後も様子をしっかりチェック。

   フードについては以前、

栄養バランス良いお高いフードを数種試してはみたものの、

    結局のところ坊主に合うものが見付からず、

  赤ちゃんの頃から使い続けているフードに原点回帰した。



医師によってフード派・手作り派意見は分かれるところだけど、

    その子に何が合うのかは、

   結局飼い主が探すしかないんだなぁと思う。

      
     

 ここ暫く、アトピカ(免疫抑制剤)無しで過ごしてる。

    半量なら飲ませても問題ないんだろうけど、

       ちょっと躊躇うんだよねぇ。










     16-09-08_2141.jpg



       ……んなもん、食べなくてよろし。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

たもちゃ~ん

久しぶりに会ってびっくりしたよ。お目目の周り毛が生えてずいぶんきれいになったね。アトピカも今飲んでないんだって。

ペンかじってるたもちゃん、なんかうける。 好き。

たもつ先生こんにちは。
アトピーおさまりそうでよかったです。努力と愛情の賜物ですね。
残暑が居座って天候も不順ですが、ご自愛ください。

ではでは…。

ん?

何食べてるのかな~?
新しいオヤツ?
と思いました・・・(^_^;)

まぁぁ
いつもいつも
たもちゃんのお食事や治療には
目がまわりそうです・・・

たもつ先生、よく頑張ってますね~
私のように雑な人間には
とっても無理・・・

たもちゃんにとって安心で
元気になれて
美味しいもの・・・・
難しいですね~

No title

わたしのような手抜き主婦には とてもまねできませんね、
それでさえも 花梨には もう少し愛情持ってやれとでも言っているのでしょうか フード 準備する音聞いただけで逃げることが続いて おやつも自分からねだらない、 なんで???だったんです、単にお腹すいていないのかとほったらかししていたのですが さすが4日も経ってしまうと心配で フードと手作りご飯 半分づつ用意私の手に載せて少しづつ出したら食べるし 次からは食べ終わるまで側にいてやっています、
私が離れると途中でも食べるの止めてしまうんですょ
精神的なものか、あんまり最近かまってあげないからか??
最近留守番が多くなってはいるんですけどね。
たもちゃんは たもつ先生に愛情いっぱい貰っていますものね。

油はいらないけど手作りだとカルシウムとミネラルが足りなくなる・・・のかー
そうなのかぁ~
アッチ立てたらコッチが、な感じだねぇ
なかなか難しいもんなんだ

たもちゃん、おいしそーにアムアムしてるねぇ
(汗)
なんでもいいから食わせろーってか?
けどたもちゃんずいぶんはえてきたね
たも先生の努力&愛だね


grapesさま

grapesさん、こんにちは。
顔はかなり綺麗に戻りました。頭に小さなハゲができるくらい引っ掻いてた時もあったんですけど(汗)
アトピカは、実は身体に合わないようで……。皮膚の改善には貢献してくれたんですけど、副作用が出ちゃうんですよね。
ペンかじってる顔、アホでしょ?
こっちの顔見て、ペン持ってくとこ見せつけて、それからガジガジが始まるんですよ。まあ、構ってチャンなんですね。
アトピーは一生もの。あ、使い方違うか(汗) だましだましでやっていければ良いのですが。
急に秋めいてきました。grapesさんも、お身体ご自愛くださいませ。

アルままさま

なんかね、飼い主が勝手に迷走してるだけで、解決方法案外簡単だったりしてね。
ネット情報って、真逆のアドバイスがたくさんあって……。
皮膚治療って医師の考えも2極に分かれていたりするので、後はもう飼い主が自分の子に合う方法を選択していくしかないんですよね。
アレルギー・アトピーを持つ子の飼い主さんたちは、みなさん本当に努力されています。我が家なんかとは比べものにならないくらい。
私は大雑把な人間なので、たもつも戸惑うことが多いかも。
犬生って短いですからね。少しでも快適に過ごしてほしい、ただそれだけです。

tibikarinnさま

いえいえ、私などは手抜き主婦の王道行ってますよ(笑)
手作りのオヤツもね、皮膚トラブルが起きる前の方が寧ろあれこれ作ってたくらいなんです。今は「これ食べたら痒くなっちゃうかな。今は皮膚も敏感になってるし」と思うと、変ったものも作ってあげられなくて。
花梨さん、フードの音だけで逃げていっちゃうなんてどうしたんでしょ? そのフードに飽きちゃった? けど、オヤツもねだらないなんて心配になりますよね。
私の手に載せて少しづつ出したら食べるし ← これ、うちもたまにあります。それでも食べてくれれば……って思いますよね。
tibikarinnさんが離れると食べるのを止めちゃうってことは、ちょっぴり分離不安があるのかな。
ご飯の時だけは必ず近くにいてあげるとか、たまに一緒にお昼寝するとか……。大人も色々と忙しいんですけどね(汗)
ジョシーバは自立心強いかなと思うけど、お留守番続きで寂しかったのかもしれませんね。
ワンコって繊細。うちも溺愛だけど、花梨さんも溺愛されてるじゃあないですか(笑)

きょうねぇさま

酸化した油は要らないけど、良い油はしっかり摂りたい。その良い油っていうのも、オメガ脂肪酸の割合が難しい。
手作りだとカルシウムとミネラルを必要量摂り続けるのが難しいみたい。サプリとかで上手く補えれば良いんだろうけど。
それでも定期的に健康診断とかして問題が出なければ、手作りが悪いってことではないと思うよ。私の周囲は手作りオンリーの飼い主さん多いけど、ワンコさんたちみんな元気だし。
ペンを持ってくのは良いんだけどさ、アムアムされちゃうと蓋が取れなくなっちゃうのよ。
日本犬って手間要らずだと思ってたんだけどねぇ。手間も医療費も掛かる、目を離せないワンコになっちゃったよぉ。

No title

アレルギーの子の食べ物はほんと難しそうですよね。
手作りを勧める獣医さんもいれば、ドッグフードだけにしなさいっていう獣医さんもいるようで。
先日のフリマで生後5ヶ月の小型犬のワンチャンがアレルギーでドッグフード以外はダメって言われてるって。
メンバーはみんな手作りがいいって勧めるのが多いのにね~って話してたんですよ。
たもちゃん、いchじよりはだいぶよくなってように見えるのですけど。
おててもだいぶ毛が生えてきてるしね!
ドッグフードに手作りを足すっていうのはダメなのかな?

*はなママ*さま

それが食物アレルギーだけなら、アレルゲンとなり得る食物を排除するだけでなんとかなるんですけどね。
苦労している子の場合、アレルゲンが食物やら草やら化学物質やら、それにアトピーも加わるともうグチャグチャで。
手作りかフードかは獣医の間でも意見が真っ二つに分かれるみたいですね。
近隣にとても良いと言われる先生がいるのですが、ドッグフード食べさせてると言うともの凄く叱られるんですって。腕は良いし動物には愛情掛けてくれる、けど飼い主には厳しい……という先生。
「二度と行かない」という人と「信頼して通い続ける」という人、真っ二つに分かれちゃうって。
最後は、飼い主の判断なんですよね。動物はお医者さんを選べないんだから。
ドッグフード以外はダメと言われてるワンコの飼い主さん、手作りを勧められて戸惑う気持ち痛いほどよく分かります。
親切でアドバイスしてくれているのは分かるから無下にもできないし、説明を始めたらキリがないし。
お陰さまで、たもつは一時期よりかなり良くなりました。ムシムシした夏を悪化させずに過ごせたのは大きかったかなと思います。
アレルギーと付き合う方法、少しずつですが絞り込めてきたような気もします。
今週からフードと時々手作り食という感じで様子を見ています。焦っても仕方がないので、ジワジワいきます(笑)
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR