FC2ブログ

舌で読む

     ものを知らない私が

 「舌読」という言葉を初めて耳にしたのはつい最近のこと。

      知ったのはあるテレビ番組から、

  NHK「探検バクモン」

「ハンセン病を知っていますか」という放送を観てからのことです。

   これ、昨年6月にも再放送をされていて、

    今回はアンコールを受けての放送でした。

  ハンセン病について、

   それだけ人々の関心が高いということですよね。

     番組の冒頭で紹介されたのが、1枚の写真。

それは、点字に舌先を押し当てている男性の後ろ姿でした。

   それが「読む」という行為だと気付くまで、

               少し時間が掛かりましたね。

 病気で視力を失い、更には指先の感覚をも失ったその人は、

  舌で点字をなぞることで「読む」ことを可能にしたのでした。

   人間の舌って、

 そんなに研ぎ澄まされた感覚を持っているのでしょうか。

  自分の舌に手を押し当ててみても、

あの細かい点の配列1つ1つを感じることができるとは、

      到底想像することができません。

  「知る」ことへの人間の執念って、

           凄まじいものがあるんだな。

   
  国策によりハンセン病患者が長く隔離生活を

    余儀なくされてきたことは認識としてありましたが、

それがつい最近1996年まで続いていたということを

        私はまったく知りませんでした。

 あぁ、「知らなかった」というのはウソになりますね。

    ニュースでは見聞きしていた、

けれど「関心が薄かった」というのが本当のところかもしれません。

   「大変だなぁ。気の毒だなぁ」

     そんな通り一遍のことは思ったのかもしれませんが、

 それ以上深く知ろうと、その時は思わなかったのでしょう。

     「舌読」するその人の姿を見た時、

   自分はなんと勿体ないことをしてきたのだろうと、

        そんなことを思いました。

   見ることのできる目を持ち、聞くことのできる耳を持ち、

      感じることのできる指先を持ち……。

更には嗅ぐことのできる鼻を持ち、味わうことのできる舌を持つ。

  あぁ舌は、味わうだけでなく感じることもできるんですね。


   せっかく授かった五感と五官、

 もっと大切に愛おしんで使わなければ、

     人生勿体ないですよね。




   たもつだって、色々有効活用してますよ。




     15-08-14_1451_20160203135926086.jpg


         美味しいものをちゃんと味わってる。

      感激の味だと、目が寄っちゃうのよ。






    15-01-03_1736.jpg


         風呂場に連れ込まれた時だって、

      「ヘルプ!」をちゃんと目で訴えてるし。








     15-02-13_1858_20160203135923e21.jpg


          美味しそうな匂いには敏感に反応。

      呼ばれてもいないのに、速攻駆け付けちゃう。







    15-03-03_1314_201602031359244c0.jpg


           プルートのこの感触が良いんだよ。

        お気に入りのフカフカに手を伸ばしてる。







      16-01-15_1026.jpg


      「拗ねてないで、こっちに来なさいっ!」

          聞こえているのに、聞こえないふり。

   あっ、こういうのは有効的な使い方じゃないからね。




    たもつのように、五感鋭く生きたいものです……。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

便利さを手に入れた人間が・・・

一番鈍感なのかもしれないですね。
本来持っているはずの感覚を捨ててしまっている。

舌というのは一番原始的な感覚で、
たとえば、赤ちゃんが何でも口に入れるのは、
舌で、手にしたものを確かめているのだそうです。

だんだんいろいろな器管や感覚が発達してくると
舌は使わなくなる。

アルマも舌でいろいろ確かめていますよ。
ふんふんふんとニオイを嗅いで、
次に舌でぺろっぺろっとなめてみて・・・
「何だろう これは」って感じ。

チンパンジーとかも同じみたい。

もともとはいろいろなものを識別できるように
できているのでしょうね。

目も指も感覚を失って、最後に残された
舌に頼る・・・
人間ってスゴイなぁ って感心します。

視力のないピアニストの
超人的な耳の良さ、記憶力のすばらしさ・・・

何かを一つ失うと、
別の何かがものすごく発達するのですよね。

やっぱり人間ってスゴイ。

そして、不便さを感じないヒトは
怠け者になってしまったりする・・・
反省しきり・・・です(>_<)

アルままさま

確かに、人間が一番鈍感なのかも。
今よりも不便な時代を生きていた人たちは、五感がもっと優れていたんじゃないかな。そうでなきゃ、生き抜けなかったんじゃないかと思うし。
赤ちゃんが口に入れるのって、そういう理由があるからなんですね。私は「食べられるなら食べちゃえ」って入れてるのかと思ってました(汗)
ワンコも幼い時は取り敢えず口に入れてみるってことをしますよね。大人になるとしなくなるのは、目で見てそれが何なのか分かってくるからなんですね。
そう考えると、ワンコが舌で確認する作業ってなんだか愛おしいな。
人間はつい「お口に入れちゃダメ!」って止めちゃうけど、舌で確認するって、本当は大切な作業なのかもしれませんね。
何かを失うと他で補おうとする。失わないと何もしないんだから、やっぱり自分は怠惰な人間だなと思います。
使えるものは使えるうちに。ジャンジャン使わないと罰が当たりますよね。

No title

ハンセン病のことは報道などである程度の事は知っているつもりでしたが、舌読 があることなど知りませんでした、舌の感覚が点字を読める程の物なのかと改めて驚いています。
人間は(人間だけではないでしょうが)何かを失うと それを補おうとする能力があると言われていますが でも下の感覚で読もうとした努力は大変なものだったんでしょうね、
そう 自分の五体満足の身体を大事に器用に活用しなければ罰があたりますね。

tibikarinnさま

舌読する姿は本当に衝撃的な写真でした。
番組では紹介されませんでしたが、読めるようになるまでには舌から出血するなど大変な努力を要するみたいです。
ここでは舌読のことにだけ触れましたが、ハンセン病患者の方々が歩んできた道とは本当に過酷なものだったのだと改めて驚かされました。
だからこそ「知る」ことへの執念が凄まじいものになったのかもしれません。
ボケっと生きてる自分が恥ずかしくなりました。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR