fc2ブログ

苦い薬は好きですか?

 
   21-09-01_1108.jpg


      元気にお散歩中♪

  9月に入った途端ぐっと気温が下がったたもやん地方。

    この日の朝散歩、

   出発したのはなんと午前11時近くになってから。

     だってね、ずーっと起きないんですよ。

      「たもちゃ~ん、チッチ行こうよぉ」

  「たもちゃ~ん、ウ○チくんしないとお腹痛くなっちゃうよ~」

    何度声掛けしても、

  私の方をチラ見、そして爆睡に突入してしまう坊主。

     体力落ちてるのかと心配になるけれど、

 私がハーネスを手にすればダッシュで逃げ回るので、

       まあ、元気なんですよね、一応。



    涼しくてよく歩けたし、



    21-09-01_1139.jpg


        お友達にも会えたし♪

  朝散歩が昼散歩になっちゃったけど、まあ良しとしよう。




    えっと……、

「肺の影が若干大きくなっている」との診断を受けた坊ちゃんですが、

   先日からこんなものを始めてみましたよ。



  21-08-29_1840.jpg
      

      漢方薬です。

  
 元気堂という漢方専門薬局が、

ペット専用のオリジナル漢方を提供しています(ペット漢方


   たもつはアレルギー持ちということもあり、

 様々な植物を使う漢方には手を出し難かったのですが、

     問い合わせしてみると、

  配合予定だった生薬全てについて

 何科に属する植物なのか回答をくださいました。

   結果、「キク科」の蒼朮(そうじゅつ)・紅花(こうか)と、
 
 「マメ科」の黄耆(おうぎ)・甘草(かんぞう)を省き

   たもつ用に配合してくださるということに。


   たもつ用オリジナル漢方薬の成分は、

  桂皮(けいひ)・地黄(じおう)・芍薬(しゃくやく)

 川芎(せんきゅう)・当帰(とうき)・茯苓(ぶくりょう)

   人参(にんじん)・桃仁(とうにん)・霊芝(れいし)

 冬虫夏草(とうちゅうかそう)・田七(でんしち)……です。

   
     これを、1日1包×2回服用です。

       金額にすると、1日400円。

   高いのか安いのかよく分からないけど、

 色々検索した結果、良心的なお値段なのかなと思いました。


     開けてみると……、

   ザ・漢方って感じのニオイです。


  あー、これ、飲んでくれないヤツかもしれん。
   
 たもつのことを熟知しているワンコ友達に話してみても

  「たもつは飲まないよー、きっと」って言われたしなぁ。


  漢方薬をクリームチーズの中に埋め込み、

   恐る恐る坊主の前に差し出してみると……。



      ! ! ! ! !



        あ! 食べた!

  坊ちゃん、漢方チーズボールを躊躇うことなくパクリ。

    粉末が結構はみ出してるんだけどなぁ、

       全然気にならないんかい?

いやいや、ひと口目だったからついうっかり口にしちゃったのかも。

     恐る恐る、もう1ボールを進呈。

    あ……、フツーに食べるやん。

       なんか、拍子抜け。

  それでもその後どんな反応を示すか分からなかったので、

     この日は1包の1/4程度を服用して終了。

結果……、最初の1包(半日分)を服用するのに2日を要しましたが、

   漢方薬を飲むことに坊主は何の躊躇いもないご様子。

  飼い主が勝手にビビっていただけで、

これ、フィラリア薬(ネクスガードスペクトラ)飲むより楽勝じゃん♪

     基本の1日1包×2回服用より、

  もうちょっとスローペースになりそうな予感はしますが、

 治療薬ではないのでね、ボチボチやっていこうと思っています。


     他にもこんなところにも相談してみました。


・ ペット漢方研究会

  動物病院が処方している漢方薬なので安心かも。

 「漢方薬が効かない子も2割ほどいます」との説明もありました。
 
   メールの返信も早く、説明もとても丁寧でした。


・ コルディ
   
     冬虫夏草のサプリメントを扱っています。

  「玄米を使っているので不安がある」と伝えたところ

 (アレルギーの子用に小豆使用の製品もありますが、

        たもつはマメ科もNGです)

    「使用は難しいと思われます」との回答が。

  他に免疫についての解説など、

    勉強になることもたくさん書いてきてくださり好印象です。


  ↑の他にもサプリメント等様々調べてきましたが、

やはりアレルギー持ちのたもつには手を出し難いものも多いです。

  病院での補助医療についても調べましたが、

     薬剤に弱いたもつのこと、

身体への負担を考えるとやはり躊躇いが生じてしまいます。

  肺の影はあくまでも「腫瘍を示唆するもの」で、

 高度医療センターでも治療は勧められておらず、

    何かあれば対処療法をと言われています。


 この先どう過ごすのがたもつにとっての幸いなのか……、

   それを私たちなりに突き詰めてみたところ、

  「快適に、苦しむことが少なく、心穏やかに」

 もうそれしかないのでは?という結論に達しました。

  幸い、今現在たもつには何の症状も出ていません。

    体重も術後どんどん増え続けています(笑)


今は10頭に6.5頭がガンになるといわれる時代ですね。
  
   あちこちの病院を渡り歩き、

効くといわれる治療法を片っ端から試みれば、

      もしかしたら、

 たもつと一緒に過ごす愛おしい日が1日、1ヶ月、

    増えることもあるかもしれません。


 それでも、それが本当にたもつにとっての幸いなのか……。

    まあ、正直私たちにも分からないんですけどね。


   漢方を試してみようと考えたのは、

「腫瘍が悪さを始めてもその症状が比較的穏やかで済む子が多い」

       そう知ったからです。

  「薬で腫瘍を叩きのめす」ことに重きを置くのではなく、

「免疫力を上げながら、(できれば)腫瘍の成長を抑えながら、

      腫瘍と共存しながらでも、

 できるだけ長い期間を心穏やかに健やかに過ごせるように」

   それが今私たちが目指し始めた新たな場所です。



 
     ここ数日急に涼しくなったので、



   21-09-02_1355.jpg
   
    
      お昼寝にもブランケットが大活躍。

  このブランケット、お友達からのプレゼントなのですが、

         軽くて肌触りがとっても良くて、

    おまけに可愛い動物がたくさん描かれていて、

        たもつは勿論、飼い主もお気に入り。



     急な冷え込みに丸くなっていたたもつも、



    21-09-02_1445.jpg

               

   ブランケットのお陰でぬくぬくお昼寝できています。


        ありがとー!!!









     21-09-01_1104.jpg



      みなさんに支えられ、たもつは今日も元気です。







スポンサーサイト



プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ
2021年10月12日お空組に

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR