fc2ブログ

最期を決める

     少し前の話なのですが、

  色々と考えさせられる出来事だったので書いておきます。


   その日たまたま顔を合わせたワンコ友達AさんとBさん。

  Aさん宅にはたもつより1つ年上のワンコさんが、

Bさん宅にはAさんワンコより更に年上のワンコさんたちがいます。

   Aさんが語り始めたのは近所に住むダックスさんの話でした。

 Aさん「あのダックスちゃん、癌になっちゃったんだって」

      そうなんだ、気の毒に……。

 Aさん「足(脚?)に癌ができちゃったんだって。

      触ろうとするとすごく嫌がって鳴くんだって」

    可哀相になぁ。
   
  でも、知識も経験もない私には、

     言ってあげられることは何もないし……。

  Aさん「痛いんだろうねぇ、すごく鳴くんだって。

 飼い主さんもどうしてあげるのが良いのか分からないんだって」

    痛がって鳴くなんて、想像するだけで辛くなるよ。

      飼い主さん、とっても辛いだろうな……。


 ここで、Bさんが発したひと言が空気を一変させることに。

  Bさん「……って言うか、安楽死は?」

    思わず表情を硬くするAさん、

   ほぉ~、そういう考え方もあるかーと目から鱗状態の私。

  Aさん「えー! 安楽死? 可哀相だよぉ」

  Bさん「え? だって、痛そうにしてるんでしょ?

    苦しそうにしてるんでしょ? 可哀相じゃない。

   それなら安楽死にしてあげた方がその子のため……」

  Aさん「えー、私だったらそんなの無理だわぁ」

  Bさん「え? もしうちの子がそういう状態になったら、

     私は躊躇いなく安楽死を選ぶけど」

        Aさんは絶句。

    私は……。私は、思い切れるかなぁ……。

  Bさん「だって、苦しんでるんでしょ?

   苦しいまま生かしておくなんてその方が可哀相じゃない?

        ……って、私は思っちゃうけどね」


 「安楽死」を否定的に捉えているもののつい口籠るAさんと、

     自身の考えを真っ直ぐに述べるBさん。

    そんな彼らの間で、

  私はただ生温い苦笑いを浮かべるだけでした。   


   彼らと別れた後も、モヤモヤが止まりません。

 「1日でも長く頑張ってほしい、一緒に居たい」というのは、

       飼い主として当然の願いだと思うし、

  そうかと言って大切な我が子が苦しむ姿を見るのは辛い。

    見ているこちらが辛いんだから、

      患っているワンコはその何倍も辛い筈。

   それでも……、

  躊躇いなく「安楽死」を選択する自信が今の自分にはない。


 そんな中、私はあるワンコ友達のことを思い出していました。

   数年前、彼女のワンコさんは癌を患っていました。

  腫瘍が大きくなっては切除するということを繰り返し、

     ワンコさんは懸命に病と闘っていたのです。

    それでも、とうとうお別れの日はやってきました。



   その話を彼女から打ち明けられたのは、

        それから暫く経ってからのことです。

   病状がかなり悪化していた彼女のワンコさん、

  その子の最期を決めたのは飼い主である彼女でした。

      処置は医師には頼まず、

        彼女自身で行ったそうです。

    その指導をしてくださった先生も素晴らしいし、

  何より、自身の手で最後の処置をしてあげた彼女のことを、

         私は心から尊敬しているのです。

     ワンコさんが旅立ったと聞き、

   私はたもつを連れお別れに伺いました。

    ワンコさんはとても綺麗な寝顔をしていて、

   口元には笑みを湛えているようにも見えました。


     彼女は大切な大切な我が子を、

       苦しみから救ったのだと思いました。

  そして、愛しい我が子の最期を決めるという

 とても重く辛い責任を彼女は背負ったのだとも思いました。

     彼女は最期の一瞬まで、

   ありったけの愛情を我が子に注ぎ続けたんですよね。


     「安楽死」という重いようで軽い言葉、

  勘違いして受け取る人も多いんじゃないかなと思います。

    最期を決めるって、

     そんなに簡単なことじゃない筈ですよね。


    先述のダックスさんは、

      その後虹の橋を渡ったそうです。
    
  苦しみからようやく解放されたんだなと、

    私はほんの少しだけホッとしていました。






     20-01-19_1056.jpg


       大切なこの子のこと、

   どんな時でも1つ1つ丁寧に考え、

     彼にとって最善と思える選択をしていきたいです。





スポンサーサイト



プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR