FC2ブログ

女子に弱い

   先日、お友達の「さくら」とお散歩していた時のこと。



     19-05-24_918.jpg


      さくら、13歳になったばかり。

        たもつより若々しく見えるよね~。





  薄暗がりの中、前方から小型犬がやってきました。

     あぁ、2~3回会ったことある子だな。

   その子はさくらより少し小さめ、

    1歳前後の比較的大人しい子です。

  まずはさくらとご挨拶。

 スンスンし合ってはみたものの、

   さくらも小さな子と遊ぶ歳でもないのでね、

  微妙な距離を取ったままです。

それでも、相手の子はエネルギーが余っているご様子、

 さくらにチョッカイを出し構ってもらおうと必死です。

   それを見た飼い主さん、

 何を思ったのかリードを落とし、我が子をフリーの状態に。

      あ! え? リード離しちゃうの?

  それでもまだたもつとは距離があったのでね、

    さくらが「良い」って言うなら別に……。

ところがその肝心のさくらが、その子と一切絡もうとせず。

  持て余した飼い主さん、

    今度はその子の身体をたもつの方へと向け、

   一度手にしたリードを再び地面の上にポトリ。

      え!? いや、ちょっと待て!

 ワンコさん、今度はたもつに絡んで良いと勘違いしたのか、

  薄ら笑いを浮かべ向かって来るではありませんか。

   いや! こっちはオッケーしてないしっ!

咄嗟にたもつを引き寄せ、間に身体を入れてはみたものの、

     ワンコさんはニタニタ笑いながら急接近。

   「ちょっ! 無理無理! うちのは無理!」

 私は叫び、引き摺られた状態のたもつは背中越しに唸り、

  慌てた飼い主さんはリードを何度も拾い損ね……。

    
     どうにか事なきを得たのだけれど、

   河原にはなんとも気まずい空気が流れていました。

  我が子を抱き上げた飼い主さんは、

    複雑な表情を浮かべ立ち尽くしています。

  え? あれ? そっちが被害者みたいになってるけど?

    いやこれ、言い訳が必要な感じ?


「うちのは何度も小さい子にやられてるから……」と私。

   するとすかさず、「そっか、そうだよね。

 たもちゃん大人しいから、やり返せないもんね」と

    さくらのママが応えてくれはしましたが……。

      
     え!? たもつが大人しい?

  そう異議を唱えようとしているそこのあなた、

      そこはスルーでお願いします!(笑)


  とにかく、親しくなってもいないのに

 不用意にリードを手離すのは勘弁して頂きたいのです。

   「柴より小さい」「柴より大人しい」というのが、

       これ、却って厄介です。

  何かあった時、こちらも責任が取れません。

 たもつは咬むことはないけれど(←思いっきり飼い主目線)

ガウガウ言っただけで「凶暴な犬」扱いされてしまうことになるし、

   こちらとしても決してオモシロイ話ではないです。


     帰宅した夫に、ワーワー愚痴を零しました。

  すると夫、

  「……なら、言えばいいじゃない、

 『リード離してんじゃねぇーぞ!』って、いつもの調子で」

      い、いつもの調子!?

    あぁ、ですね、ですね。

   そんな調子ですよね、私がキレた時って。


  でもね、相手の飼い主さん、

若くて華奢でいかにも癒し系って感じの容貌だったんですよ。

 そこへ「しっかりリード握っとけ、ク〇がっ!」とか、

         言えないですよね。

  相手がオジサンとかだったら、結構言っちゃうんですけどね、

    女の子相手だと、どうしても口籠ってしまう……。

 こう見えて、案外女子にキツク言えないタイプ。

  あの終了の仕方だと、

 オバサンが若い子苛めたみたいな感じだったよね。

    嫌だなぁ、モヤモヤしちゃう。




 
   ↑の話とはまったく関係がないのですが……。

  先日、小型犬が柴犬に咬み殺されるという事件が、

     いつもの河原で発生したようです。

目撃者から聞いたという話を顔見知りの方から伺ったのですが、

    小型犬がどこの子なのかは分からず、

 ただ、柴犬の方は、私たちも時折遭遇する子だったんですよね。

   飼い主さんが言葉が多少不自由ということもあり、

       お話をさせて頂いたことはありません。

  ただ、以前より気になっていたことが……。

   その柴犬さん、

 よその子に対しいつも激しく威嚇するような態度を取るのです。

  口を開き涎を垂らしながら接近してくるその様は、

マンガで描く「飢えた狼」のようです(←大袈裟じゃないです)

    しかも、飼い主さんは伸縮リードを伸ばしっ放し。

  いつもたもつが無関心な態度を取るので、

     幸いトラブルになったことはありませんでした。

 しかし、咬み殺してしまったというのが事実ならば、

   「無関心だから大丈夫」とも言っていられません。

  ……っていうか、その柴さん、どうなったんでしょう?

    被害者もいるし、これはただでは済まないのでは?

   「柴は咬むから」とさんざん聞かされ続け、

  「いやいや、たもつは咬まないから」と思ってきましたが、

ここ数年、この河原では柴が咬む事件が数件発生しています。

    加害者にも被害者にもならないように、

      気を引き締めなければなりませんね。






   
     19-06-23_2107.jpg



  お耳へのお薬注入を回避!しようと思ったら、

      追い詰められちゃった坊主。

    「かーちゃん! 男子にも優しくして!」







スポンサーサイト



プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR