FC2ブログ

宿泊プラン「日帰り旅」

     伊豆旅行「恐怖の吊り橋」の続きだよ。


    城ヶ崎海岸に別れを告げた私たち、

  ちょっと早いけど明るいうちにお宿を目指すよ。

 お宿の屋上にはドッグランがあると聞いていたし、

    周辺散策するのもまた楽しそうだし、

         午後3時半頃にはお宿に到着。




    16-11-13-153.jpg


        お部屋からの眺めだよ。

      のどかで良い景色でしょ。




    今回お世話になったのは、



     16-11-13-159.jpg


         ピッコラルージュさん。


    全4室のこじんまりとしたお宿。

      ワンコも館内何処へでも行けるよ。

   


    16-11-13-158.jpg


     ウェルカムボードにたもつの名前を発見 

           嬉しくなっちゃうね。





      16-11-13-147.jpg


        到着直後のたもやん。

     オヤツの置き場所を確認してる 





     早速、屋上ドッグランへ行ってみよう  


   平坦な場所だと退屈らしい。
     
※ のそのそ歩く姿を動画撮影。けど、アップできなかった。

  ドッグランであまりにもやる気を出さないので……。

        周辺を散策してみよう 




    16-11-13-160.jpg


           すぐ近くの富戸漁港。





      16-11-13-169.jpg


      夕方だから、港も静まり返ってる。





        16-11-13-174.jpg


   海水が驚くほど澄んでいて、泳いでる魚が見える。






        途中お宿のワンズに遭遇。



        16-11-13-180.jpg

                        たもつの鼻先。


   社交的なトイプーさんがご挨拶に来てくれたのに、

      たもつはガルル言って距離を置くし 





     16-11-13-185.jpg


       ……んなことより、オヤツをください。


    遠出する時はオヤツいーっぱい持って行くこと、

      坊ちゃんよく分かってらっしゃる 






     16-11-13-187.jpg


       スーパームーン前夜の月。







    お腹も空いてきたから、そろそろお宿へ戻ろう。

  実はこの日、お昼ご飯をとーっても控えめにしてた。

なぜなら、お宿のご飯の評判がすこぶる良いと聞いていたから。

  今日は随分歩いたしご飯が楽しみだね~♪と思っていたら、

        ここで、事件発生 



     部屋のカギが、なーーーーい!!!



            ちょっ、ウソでしょ?

    青褪める夫と私、キョットーンなたもつ。

        外は既に真っ暗。

   取り敢えず、探してくる!

      たもつを夫に任せ、外に飛び出した私。
   
        外は、真っ暗。

   住宅街の中は取り敢えず薄明かりがあるんだけど、

      漁港へと続く道へ入ったらもう、漆黒の闇。

  スマホの明りを頼りに……なんて思っていたけど、

         まーったく何にも見えない。

      こりゃダメだわ。

 お宿に引き返し、オーナーさんに事情を説明。

たもつには車内(ここが一番安全)で留守番してもらい、

   オーナーさんに懐中電灯をお借りし、

     散策した道を今度は二人で捜索。

   しかし……、

     夜の漁港って、ホント真っ暗。

    岩場の隙間に落ちてたら見付からないし、

       海に落ちちゃってたらもう完全アウト 

   歩いた範囲をくまなく探してみたけど見付からず。

      お宿に戻ってみたら、

オーナーさんには「気にしないで夕飯召し上がってください」って

         却って心配されちゃうし。

     それでも、もう1周! 夫と二人、散策道を再び捜索。


        もうないね~、諦めよう。

    そう零しながら歩いていたその時、

       だだっ広い堤防の上で、お宿のカギを発見!

    さっきはどうして見付けられなかったんだろ……。
 
      結果、漁港周辺を3周半くらい歩いたことに。

  城ケ崎のピクニックコースと合わせたら、

      この日数万歩は歩いたんじゃないかい?


    宿泊部屋のカギ、

   みなさんは通常どう管理されていますか?

  ホテル等でフロントにスタッフが常駐している場合、

      私たちはカギを預けることが多いです。

今回のような少人数(家族経営等)で切り盛りされている場合は、

   フロントへ呼び付けてしまうのも躊躇われるので、

        カギは預けずそのまま外出してしまうことも。

   ただ、今回のような冷や汗ものの事態を避ける為にも、

     カギはお宿に預けるのが一番なのかなと、

        身に染みた訳でして…… 



   散策道を何周も回り、冷や汗も相まって、

       晩秋だというのにもう汗だく 

    車内に残したたもつを迎えに行くと、

   座らせておいた筈の後部座席に……、

         え? いない!

  後部座席の端に留めておいたリードの先を辿ってみると、

     坊ちゃんいつの間にか助手席に移動してた。

    リードは長さギリギリ、パッツンパッツンの状態。

不安を覚えると飼い主の匂いのする場所を求めるって言うけど……。

       ごめんね、たもちゃん。

          きっと、不安で仕方なかったんだね。


    ひと息入れたところで夕飯の時間 

   たもちゃん、一緒にご飯行こう♪と誘ったら、

       坊ちゃん部屋から出るのを完全拒否。

  え、なんで? 置いてかれちゃうの、寂しくないの?

     たぶんね、歩き疲れたんだと思う。

    無理強いしても仕方ないので、二人でお食事処へ。




      ここからはお料理の写真 




       16-11-13-188.jpg


           金目鯛の姿煮。

     肉厚で身がプリプリで、見た目ほど味も濃くなく、

         とーっても美味しかった。




    16-11-13-189.jpg


         地魚の刺身盛合せ。

      その日富戸漁港で揚がったお魚なんだって。

    もの凄く新鮮で、どれも本当に美味しかったよ。



     この後パスタが出て、それから、



    16-11-13-194.jpg


           黒毛和牛のステーキ。





      16-11-13-195.jpg


          金目鯛の釜飯。

  ここに、↑の金目鯛の姿煮の煮汁を掛けると更に美味。

     姿煮の残骸があるのはそのせい。





       16-11-13-199.jpg


           スイートポテトケーキ。

        手作り感がこれまた美味しかった。




      テーブルにはワンコ席も用意されていて、


   16-11-13-191.jpg


      こんな手作りオヤツも。

     ササミとスナギモとサツマイモ。

   チョー小型犬でも食べられる大きさにカットしてある。

ちゃんと「アレルギーなどはありませんか?」って確認してくれて、

         とっても優しい。




     たもつはお食事処へ来なかったので、


    16-11-13-197.jpg

        お持ち帰り用に包んでくれたよ。




   ネットの口コミでご飯の評価が高かったのは納得。

     漁港近くの宿、お魚は本当に絶品だった!




   実は諸事情により、

 その晩のうちにお宿を発つことになってしまったたもつ家。

     オーナーさんにそう話すと、

   宿泊料金を「朝食抜きプラン」に書き換えてくれた上、



    16-11-16_1044.jpg


   「お土産買う時間もないでしょうから」と、

          帰り際に色々と持たせてくれた。

      ホント、優しい。




  帰りは真っ暗な海を見ながら熱海を抜け真鶴を抜け、

     西湘バイパスを走行する頃には私は夢の中。

   午前様にはならず、どーにか帰還。

        あー、やれやれ。





        お宿で頂いたオヤツは、



     16-11-14_1927.jpg



    16-11-14_1929.jpg


            ウマシ~   





    しっかし、こんなにドタバタになった旅は初めて。

   泊りに行ったのに泊まらず帰ってきた旅も初めて。

      夫は「リベンジするぞー!」って息巻いてる 

     さて、そのリベンジはいつになることやら……。






スポンサーサイト



恐怖の吊り橋

    日曜の朝、例の如くの4時起きでお出掛け 

   半分寝惚けながら準備してたから、

        出発したのは5時半になっちゃったけど……。





      16-11-13-01伊豆

         
         マツダ ターンパイク箱根を走行中。

      まだ、午前7時前だよ。

  入口の看板には「只今事故処理中」の文字。

 料金所のオジサンが「4キロ先で事故です」って。

     ちょっ、こんな朝っぱらから? 

      紅葉は、まだもうちょっと先かな。





    16-11-13-02.jpg


      海が見える~♪ 橋の上、

             1台の車が引っくり返ってた。

     事故はコワイね。気を付けて行こう 






        16-11-13-07.jpg


           大観山からの富士山。




    16-11-13-06.jpg


        いいお天気になりそうだよ 
     


     以前平日に訪れたここ大観山。

人も疎らでたもつの散歩にも打って付け♪と思ってたんだけど……。

       この日は快晴の日曜日、

    車とバイクと人がごった返していてちょっと危険、

      坊主は車から降ろさず次へ向かうよ。




  ビューンと走って次に訪れたのは、十国峠の駐車場。

      たもやん、ここでサクサク散歩。



    16-11-13-12.jpg


          ここからも、綺麗に見えてる。








      16-11-13-14.jpg


  開業60周年を迎えた、箱根 十国峠ケーブルカー



     16-11-13-15.jpg


         ワンコも乗れるんだよ~ 

  リードのみで乗車できるようになったのは今月からみたい。

       なんてラッキーなんだーっ!




     16-11-13-20.jpg


          緊張の面持ちのたもやん。

    膝の上でゆったり座ってもらおうと思ったのに、

      私の腕にガッツリかじり付いて離れない 






    16-11-13-23.jpg


    あのケーブルカーと、これからすれ違うんだよ。

  到着までたったの3分。全然怖くないよ。





       16-11-13-26.jpg


     標高766メートル、そんなに高くないんだね。







      16-11-13-35.jpg


     十国峠の名前、

 昔の国名で「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」

   「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」

これら十の国がここから見渡せたことに由来するんだって。




     16-11-13-33.jpg


       真鶴岬や湯河原の町が見える。






    16-11-13-61.jpg


    久しぶりの快晴、清々しい気分だよ~。







     16-11-13-30.jpg


    あのずーっと向こうにドッグランがあるんだって、

          行ってみよう、たもちゃん 






     16-11-13-46.jpg


         ウキウキした足取りの坊ちゃん。



    ……と思ったら、



      16-11-13-41.jpg


         スンスン寄り道に忙しい。

      ほら~、日が暮れちゃうよ~。



     結局ドッグランまでは辿り着けず。

  本気モードでガンガン走ってる子がいたから、

       まあいっか……。





     16-11-13-51.jpg


          旅行っぽい写真も撮ろう 




     16-11-13-62.jpg


       かーちゃん、もういいだろ…… 


    
     坊ちゃん飽きてるご様子なので、

       そろそろ下りケーブルカーに乗車だよ。



      16-11-13-67.jpg


       白くボンヤリしてるところが駿河湾だよ。




    十国峠、

 ケーブルカーがまさかのワンコ同乗オッケーで、

   予想外に楽しい時間を過ごすことができたよ。

  ここからトレッキングに挑戦するのも楽しそう 



    さてさて、ここから更に南下。

   熱海峠から伊豆スカイラインを走行するよ 

      ここも、紅葉にはちょっと早いかな。

  途中、スカイポート亀石でちょっと休憩。

    フツーのPAだと思ってたんだけど、

  次から次へと変わった(あ、いや、趣向を凝らした?)

         車やバイクが集まってきて、

  何ここ、展示会場ですか?みたいな感じに 

      うちの車はちと場違いな感じだった 

  ドッグランにたもつを放り込んだんだけど、一切走る気なし。

       トボトボ歩き、スンスン嗅ぎ、

           1周探索してあっさり終了。

   すぐさま「ここ、出たいです」って訴えるんだもん、

       キミは本当に犬ですか?と問いたい気分になる。


   

    その後伊豆スカイラインを更に南下。

  終着口を出ると、その後は遠笠山道路を東へ。

      海が近付いてきてるよ~ 



    次の目的地は、城ヶ崎海岸。


   
       16-11-13-73.jpg


          早速階段 

     二人はダッシュで降りてっちゃう 






      16-11-13-75.jpg


           ザッブーン、海が見えてきたよ 





      16-11-13-77.jpg


     そんな中でもたもやんはスンスンに余念がない。   





    16-11-13-88.jpg



          「火サス」っぽくなってきた。





      16-11-13-92.jpg


        坊ちゃんは、足取りも軽いよ。





      16-11-13-95.jpg


        階段を上っては下りての繰り返し。

     けど、難所ほど張り切る我が家の坊ちゃん。

            理解不能だ。





     16-11-13-97.jpg




16-11-13-98.jpg



         16-11-13-99.jpg






   16-11-13-104.jpg



       ますます「火サス」感がアップ。






     16-11-13-108.jpg


     遠くに灯台が見えてきた。

         ゴールまでもう少し。

    実は既にヘロヘロ(私だけ)





      16-11-13-112.jpg


            覗き込むと、

       ザッブ~ン波が上がってくるのが見える。





 
   16-11-13-114.jpg


     実は20代の頃、社内旅行でこの辺りを訪れている。

   けど、景色の記憶がまーったく抜け落ちちゃってる。

 「どーせみんなでキャッキャキャッキャお喋りしてて、

       景色なんか見てなかったんでしょ?」とは夫の言葉。

    社内旅行で訪れたメンバー、

 今でも付き合いがあり、夫もみんなの性格をよく分かってる。

      まあね、たぶん夫の想像する通りだわ。




    16-11-13-116.jpg







      16-11-13-113.jpg


          かーちゃん。

    バブル期の話なんかより、お腹が空きました。








      16-11-13-121.jpg


       この花、やたらたくさん咲いてたな。

          名前は、分からない。






    16-11-13-123.jpg


         門脇灯台。

      展望室まで上がれるよ。

    私は既にヘロヘロ。夫が独りで上ってきた。





       展望室からの景色。


    16-11-13-124.jpg



       16-11-13-125.jpg


         大室山。

   遠笠山道路を走った際、横に見てきた山だよ。




      16-11-13-126.jpg








      ……で、ようやくメインイベントに到着。





      16-11-13-129.jpg


              門脇吊橋。






      16-11-13-131.jpg


          ヒョエ~、コワイコワイ 

      社内旅行の時、

   やったら大盛り上がりで渡ったのは覚えてる。






      16-11-13-132.jpg


         抱っこで渡るたもやん。

  余裕で手を掛けてる……んじゃなくて、

    手を置いて突っ張ってる(覗き込むのを激しく拒絶) 







       16-11-13-135.jpg



           渡り切ったよ。

       あれ? こんなに短かったっけ?

  サスペンスドラマなんかだと、

     もっとグラグラゾワゾワする感じだと思うんだけど。





     16-11-13-138.jpg


     ほら、いかにも誰か落下しちゃいそうな感じでしょ?







      16-11-13-139.jpg



         ほぉら、コワイコワイ 





     この後、お宿に向かうよ。

       長くなるから、続きは後日 








彩り求めて

     旅の2日目。



    15-10-27-03.jpg


             朝の八ヶ岳。

      この日も快晴。

東京を発つ前は「最低気温マイナス4℃」という予報だったけど、

     そこまで下がらなかったみたい。



   15-10-27-11.jpg



      15-10-27-02.jpg


               赤岳。

      あそこはどれくらい寒いんだろ。



   お宿の部屋は二重窓、まったく寒さを感じませんでした。

     ただね、一睡も……と言っていいほど寝られなかった。


       原因は、


    15-10-27-18.jpg


                   この方。



   前夜、午後9時前にはベッドに入ってしまった我が夫。

           小学生かっ!?

そりゃ「寝ろ!」って言われりゃ寝られないこともないけどさ。

     なにせ坊主が、


   15-10-26-72.jpg

           あっちをウロウロ。


 15-10-26-77.jpg

         こっちをウロウロ。

   ベッドに飛び乗る機会を窺ってる。ま、無理だけど。


 だいたいさ「夜は星が綺麗に見える筈だし♪」なんて言って

      野辺山行きを決めたんじゃあなかったんかい?

  夫は既に爆睡、坊主を放置して部屋を出る訳にもいかず、

     テレビなんか見ながらダラダラと時間を潰し、

         ベッドに入ったのが午後11時頃。

   これがね、寝るに寝られないんですよ。

     だって、和室に居る坊主があっちこっち動き回ってて、

  畳を擦る爪音が気になって益々目が冴えちゃう。

    仕方なくベッドを出てコタツに戻ると、

   坊主は私に貼り付いて安心したのかそのまま就寝。

      けどね、こっちは熟睡できませんよ。

  畳(い草じゃないのよ)は硬いし、コタツ布団は薄いし、

    コタツに入った身体はカピカピに干乾びるし……。

   おまけに坊主は何度も目覚めてうろつき回ってる。

     夜中にふと目覚めた坊ちゃん、

私の姿が見えないことに焦ったのか

    部屋の中をバタバタと走り回る……なんてことも。

   「たもちゃん。たもちゃん、ここだよ」と声を掛けると、

  「かーちゃん、焦ったぜ」と思ったのかフゥと溜め息を吐き、

      再び私に貼り付くとようやく目を閉じ……。

   結局朝の6時までそんなことの繰り返しで……(汗)

 早朝目覚めた夫に坊主を任せ午前6時にベッドに入ったけど、

        結局、

    15-10-26-80.jpg


         「かーちゃん、乗せて!」

  ……と頑張る坊主に起こされた私はベッドで寝ることも叶わず。

   ※ ペット連れ専用旅館ではありません。
       ワンコを布団に上げることはできません。


    今回つくづく思い知らされたことが1つ。

 坊主は家族が寄り添ってないと、まーったく寝てくれない!

   一緒の布団で寝られないお宿は、正直キビシイ……です。


      寝惚けた顔で朝ご飯へ。


    15-10-27-20.jpg

     
  自分ちの朝が恥ずかしくなるほどの豪華な朝ご飯。


 食後は隣のロビーでまったり珈琲を頂くこともできて、

      とっても居心地のいいお宿です。



 ……で、まったりほっこりしていたところへ突如現れたのが、



     15-10-27-29.jpg
  
          ジュリーくん 6歳

     前日受付に座っていた子です。

 チェックインの時、私がたもつを抱いてたら、

     「ワンワン(遊ぼ♪ 遊ぼ♪)」って大興奮。



   15-10-27-22.jpg


             ジャックくん 8歳。

      ジュリーくんより大人しいかな。

     ジュリーくんの燥ぐ姿にドン引きしてた(笑)


    二人ともとっても懐っこくてとっても甘ったれさん。


     15-10-27-24.jpg


         ナデナデの手を止めると、



   15-10-27-27.jpg


       「もっと撫でなよぉ」って、激しい要求(笑)




    そして……、


     15-10-27-30.jpg


          もの凄く、モフモフ。

     お宿のご主人が抱いてます。

       27キロ、「重い(汗)」って。


   1階の廊下でモフモフたちと戯れてたら、

  遠くで聞こえる「アンッ!」っていう悲痛な叫び。

     2階の部屋に置いてきた坊主の声でした。

私たちがモフモフに興奮する声が届いていたんでしょうね。

   嫉妬したのか不安を覚えたのか知りませんが、

       ひと声「アンッ!」って。

憧れのスタプー、めーいっぱいモフモフして満足した私は、

     夫を残し一足先に坊主の元へ。

    坊ちゃん尻尾振って迎えてくれたけど、

 モフモフたちの匂いに気付いた後はなんともツレナイ態度。


      午前10時、お世話になったお宿とサヨナラ。

   高原旅館 野辺山荘

   食事もお風呂も部屋も全て良かったけど、

何より良かったのはオーナーご夫妻のお人柄&カワユイワンズ。

     ご紹介できなかったけど、

   他にトイプーちゃん1匹&ニャンズが居ます。

     お宿の心地良さもお料理に込められた真心も、

  ご夫妻のお人柄から来るものなんだなぁと実感です。

    お宿を発つ際、先に車に乗り込んだたもつと私。

   フロントガラスの向こうには、宿のご主人と夫の姿。

 あれ~、この光景どっかで見たことあるな~と思ったら……。

      夫の親戚のところを訪ねた際、

伯父と夫が車を眺めながらあーだこーだ語り合う姿にソックリ(笑)

    お宿のご主人、車が大好きなんだね。


   さてさて、予報に反しこの日も快晴。

     
      ビューンと車を走らせて着いたのは、


    15-10-27-55.jpg


          平沢峠展望台と



    15-10-27-60.jpg


               獅子岩。


    ここは以前にも訪れてるんだけど、

  あの時は坊主のハチ刺され騒動があった時で……。

      満足に見ることができなかったんだよね。




    15-10-27-64.jpg


    獅子岩に登る夫を心配そうに見上げる坊主。

   実は坊主、「一緒に登ろう」と誘われ拒絶しました。



     獅子岩からの景色、


    15-10-27-68.jpg


            南アルプス連峰と、



  15-10-27-70.jpg


                八ヶ岳連峰。




        15-10-27-72.jpg


        以前訪れた、野辺山宇宙電波観測所。




    15-10-27-75.jpg


              パノラマビューも。




 さてさて、もう少し彩りを求めて行ってみますか。


      次に訪れたのは、


    15-10-27-128.jpg


          八ヶ岳倶楽部

  俳優の柳生博さんが開き、

      ご家族や多くの仲間と共に運営しています。

 整備された雑木林、レストラン、ギャラリー等があります。

  ここのレストラン、テラス席ならワンコオッケーらしい。

良い香りが漂ってきていて、

     たもつがレストラン前から動かなかったんだけど(汗)

   朝ご飯たっぷり食べて来ちゃったからね、

  ごねたって入りませんよ。




     15-10-27-85.jpg



  15-10-27-84.jpg


           いい感じに色付いてます。 




   15-10-27-98.jpg



     15-10-27-93.jpg


  
     駐車場は無料。

   ブラリ散歩させてもらうだけでも気持ちいいかも。




      15-10-27-100.jpg



  15-10-27-104.jpg
        


        しかし、よく歩くね。

    ここへ来る前にも、結構歩いたり走ったりしてます。




      15-10-27-91.jpg




   15-10-27-111.jpg


        たもちゃんは、こういう場所が好きだね。




    15-10-27-118.jpg


      こうして見ると、柴って本当に「枯れ色」だな。





    15-10-27-120.jpg


         いつまででもブラブラ。




  15-10-27-86.jpg


        紅葉はほとんど終わり。 

    残っていたのはほんの一部でした。





       来た道を少し戻って、



    15-10-27-134.jpg


       川俣川に架かる八ヶ岳高原大橋。




    
    15-10-27-132.jpg



     15-10-27-135.jpg


        ここからの景色が素晴らしいんだけどね、




     覗き込むと、


    15-10-27-141.jpg


           足が竦んじゃう。




       だってほら、



    15-10-27-137.jpg


           こんな感じなのよ。


  たもつは近くの展望台駐車場に停めた車の中で待機。

橋の上に連れてきたらパニック起こして大騒動になりそうだし。




    その後、車を西へ走らせ、中央本線の小淵沢駅へ。


       15-10-27-146野辺山

  
   ロングセラーの駅弁買って(この日の夕食用)、

 すぐそばの小淵沢ICで中央道に乗り東京へ。


    途中双葉SAに寄った頃には、

 野辺山の陽気が懐かしくなるくらい暑くなっていて、

      高原っていいなぁと改めて実感。

   野辺山荘のご夫妻も

 「この辺に家買っちゃえば?」なんて言ってたし(笑)

    あ、現実的な話じゃないな……(汗)

けど、都内で仕事を持っていて山梨長野辺りに家を持つ人も、

      今は少なくないそうです。

   持ち家は清里、都内に仮住まいを持って5日間働いて、

金曜の夜清里の家に帰り、月曜の朝都内に出勤……みたいな感じで。

  まあ、体力以上にお財布の中身がついて行かない……か。


       とても良い旅でした。

  落ち着いた佇まいの旅館へのワンコ連れ、

    少々不安もあったけど、

 お宿のご夫妻が温かく迎えてくださり、

     とても心地良く過ごすことができました。
     


    今度はどこへ行こうかな、たもちゃん。


   15-08-14_1456_20151031115805f27.jpg


      但し、今度は一緒に寝られるところでね。





ワンコの番頭さん

      15-10-26-07.jpg


 紅く染まった葉っぱも残り少なになってきているのは軽井沢。




 15-10-26-13.jpg


       月曜日、旅の途中で寄らせてもらったのは、

         軽井沢・プリンスショッピングプラザ




     15-10-26-12.jpg


           ワンコに優しい施設だからね、




   15-10-26-09.jpg


         15-10-26-11.jpg


           芝生エリアをサクサクお散歩。


      たもやん、いつになく一生懸命歩いてる。


        なぜならば……、

 
     15-10-26-25.jpg


         この日はとんでもなく寒い一日だったから。

     たもやん凍えて尻尾が垂れ下がっちゃってる。


 見るに見かねた私たち、

「服、買ってあげるしかないよ!」ってことでお店へゴー。

これがね、調度いいサイズのものがなかなか見付からないのよ。

   それじゃあキツイ、あれじゃあブカブカって感じで、

 結局凍える坊主に防寒着を買ってあげることができず……。

  明日はもっと寒いところで過ごすのに、心配だよ~。

   
    凍える軽井沢に別れを告げ、

  今回の旅の目的地&お宿のある野辺山へゴー。

実は、野辺山の翌日の最低気温マイナス4℃って出てました。


     途中私は爆睡、

目覚める度絶景が目に飛び込んでくるんだけど睡魔には勝てず……。

   朝4時半起きだったんだよ~、

  お昼ご飯食べたら、起きてられなかったんだよ~。

    だから、途中の写真はございません。

  いい感じの断崖が見えてたんだけどな~、残念だわ。


   野辺山に着いたのが午後2時くらい。

 チェックインまで時間があるので周辺をブラブラしますよ。


      サンメドウズ清里スキー場

    標高1,900Mにある清里テラスというところから

        絶景を楽しむことができるそうです。

   リフトには一応ワンコも乗れるらしい。

  けど、ゴンドラじゃないからね、

    抱えて乗るなんて危険過ぎる……。

 小型犬をケージに入れて……ってことなら、まあ有りかも。



     15-10-26-31.jpg


           駐車場からでも山を望むことはできるし。



    15-10-26-34.jpg


         富士山も、こんなに神々しい感じに。 



   ここで、次なる絶景情報をゲットしたので早々移動です。




      15-10-26-44.jpg


      遠くに見えるのは、東沢大橋。

    先程のサンメドウズ清里から車で7~8分のところです。




   15-10-26-45.jpg


       周辺結構葉が落ちちゃってたんだけど、

          ここだけ辛うじて紅いのが残ってた。




  15-10-26-47.jpg


        はい、たもちゃんもパチリ。





    15-10-26-55.jpg




      
   さて、そろそろお宿のある野辺山へ戻りますか。


    私たちが野辺山を訪れる度寄っているコンビニ、
 
   店の経営者(たぶん)のお宅の柴ワンコ。



      15-10-26-58.jpg


      まん丸くなって、寒さと闘っていましたよ。



   15-07-27-32_20151029145516f2b.jpg


       夏に訪れた時の写真。

    とっても懐っこくてね、夫は暫し戯れておりました。


      その頃に比べると、今は結構肉付きよくなってる。

   お宿のご主人の話によると、

 「この辺りの子はマイナス20℃でも外に居るからねぇ」って。

     そりゃ、逞しくなる筈ですわ。 



   お宿に着いたのは午後4時くらい。

     出迎えてくれたのは、この番頭さん(笑)


   15-10-26-59.jpg


            フツーに居るのよ。

    フツーに「一晩お願いします」って言いそうになっちゃう。

    
      動物スタッフは他にもいるんだけど、

           その紹介はまた後で。




   高原旅館 野辺山荘



    15-10-26-117.jpg


            外観。




     お部屋は、

       15-10-26-81.jpg



   
    15-10-26-62.jpg


          和室と(獣が写り込んでるけど)、



   15-10-26-60.jpg


             洋室。




     15-10-26-84.jpg

         
            八ヶ岳ビューのお部屋です。



     ちょっ、ワンコオッケーなの!?と思うでしょ?



    15-10-26-118.jpg


               ちゃんとほら……。




   15-10-26-119.jpg


         ここんとこ、ワンコオッケーマークが。




     但し、入口からお部屋までは抱っこ移動。

 全室ワンコ対応となっていますが、

      ペット連れ専用ホテルではありません。

 私たちが宿泊した部屋は「小型犬(8キロ未満)可」でしたが、

     事前に確認したところ

「抱っこして階段を上がれるなら」と大変快く迎えて頂きました。

  勿論、大型犬まで可のお部屋有り。



        夕飯の前に、周辺をちょっと散策。



    15-10-26-102.jpg


            八ヶ岳高原線の線路。




   15-10-26-103.jpg


        たもちゃん、踏切で止まらないで!   




   15-10-26-113.jpg


          1時間に1本?の電車に遭遇。




    15-10-26-98.jpg

        たもつエリアでは見ることのない標識。




      15-10-26-106.jpg


         午後5時過ぎ。月がもうあんなところに。

      いいねぇ、ミレーの絵画のようだわ。




     夕飯までまだ間があるので、お宿の中を探検。
    


    15-10-26-139.jpg





 15-10-26-130.jpg



        図書室です。



     15-10-26-132.jpg



15-10-26-137.jpg
    


      ここで自由に珈琲を頂くこともできます。





    15-10-26-92.jpg




15-10-26-157.jpg




      15-10-26-83.jpg



      館内のそこここに花が飾られていて、

     とても贅沢な気持ちになりますよ。



   八ヶ岳ビューの反対側にはテラスなんかもあって、

      そこでまったり過ごすのも気持ち良さそう。

    あの、写真は撮り忘れました。
 


   さてさて、楽しみにしていた夕飯の時間になりました。

      坊主は部屋でお留守番、いい子にしてられるかな。




    15-10-26-145.jpg

         テーブルサイドにも綺麗な花。




     15-10-26-144.jpg


        ↑ これらの他に、



  15-10-26-152.jpg
 


    15-10-26-146.jpg

           白菜のグラタン。

        さっぱりしてて食べやすかった。



         15-10-26-150.jpg

          めちゃめちゃ瑞々しいサラダ。



   15-10-26-151.jpg

         ジャガイモの豆腐。



       15-10-26-147.jpg

 
          夫が絶賛した馬刺し。

    新鮮だから坊主に持って行ってあげようかと思っちゃった。



   15-10-26-154.jpg


   次から次へと、ご飯と汁物以外に10品くらい並びましたよ。

     これがね、野菜中心でどれも優しい味付けで、

   まだ来るの? え、まだ来るの?……と思いつつ、

       夫婦揃って綺麗に完食(笑)

     とにかく、量も味付けもバランスが絶妙なんですよ。

   口コミで皆さんが☆5つ付けていたのも納得です。

       本当に、ご飯に大満足です!



    
     お風呂もとっても良かったです。

 実はこの日、宿泊していたのは私たち家族と他に男性お一人のみ。

    思いっ切り貸切風呂でした、

          ま、泳がなかったけど(笑)



  坊ちゃん、お部屋でいい子にしててくれるのは助かるんだけど、

        このお宿での難点が1つ。


     それは、人間用布団にワンコを上げちゃいけないこと!



     15-10-26-80.jpg


         ……って、そう言ってるでしょーがっ!
 

     坊ちゃん、ベッドに飛び乗ろうと必死。

    幸い、何度試そうとしても届かず……、ふぅ。 

   仮に届いちゃった時が心配なんですよ。

  私たちが居ない時に飛び乗る。

    ↳ 私たちが居ない時に飛び降りる。

        ↳ 怪我をする。

ただね、我が家の坊主、私たちが居ない時には無茶しないタイプ。

   幸いベッドを汚すことなく過ごすことができました。



     15-10-26-124.jpg


         じゃあ、おいらはどこに寝ればいいわけ?




    
      たもちゃんはこっち。



    15-10-26-140.jpg


           若干恨めしそうなお顔。




     これがね、問題だらけの夜になりました。

   この晩、夫も私もそれからたぶん坊主も、

                   思いっ切り寝不足に。


      長くなるので、翌日の様子はまた……。





君の目には何が映るのか

      またまた、旅の続きです。


   那須塩原にあるホテルフォレスタを出発 


       14-11-14-34.jpg


          今日もいいお天気ですよ 

             ……今のところはね。



   まずは湯の香ライン(国道400号線)を通り、

  会津鉄道を右に左に見ながら

    会津西街道・日光街道をひた走ります。



      ぶらり立ち寄ったのがこちら。



    14-11-14-36.jpg


          落ち着いた様子で渡ってます。




          14-11-14-37.jpg


        まだ、揺れに気付いてないご様子 




   14-11-14-72.jpg


         こんなところを渡ってます。

             実は、結構揺れてます。



        ここは、



    14-11-14-76.jpg



       「へつり」って何さ?

    「へつり」って、結構あちこちで見掛けるよね。



      14-11-14-75.jpg



        昔ここは海だったんだって。


    14-11-14-46.jpg


              確かに、



  14-11-14-49.jpg


         そんな雰囲気あるよね。

       荒波に削られちゃった感じ 




    吊り橋の上からは、


      14-11-14-42.jpg


                綺麗な景色と、



14-11-14-44.jpg


            生あくび。

        本当は緊張してるのかな?  



14-11-14-52.jpg




        14-11-14-69.jpg


             遠くの山には、



14-11-14-50.jpg

  
                雪。

      前日結構降ったらしい。

   あぁ、私たちも茶臼岳で霙に降られました。




    14-11-14-67.jpg


         吊り橋渡りきったところで、

   突然「コワい!」ことを実感してしまった坊ちゃん。
  



       14-11-14-54.jpg


    とーちゃん置き去りで、

       一目散に逃げ帰っちゃう柴 


    待っておくれよ~、まだよく見てないよ~ 

      もうね、へっぴり腰でね、

   橋の上這いつくばって逃げ帰ってきちゃいましたよ。




14-11-14-71.jpg

           
         あー、死ぬとこだった 

       あんなコワイとこ、よく行けるな 




       14-11-14-55.jpg


      対岸に置き去りになったとーちゃんが、

        パチリ撮影してくれましたよ。




    夫「たもつぅ、置いてくなよぉ~ 


  14-11-14-73.jpg

       
         た「とーちゃん、コワくなかったぁ?」




   
  14-11-14-78.jpg


          もう、あんなコワイとこ行かないからね  




     しかし、どーしてそんなに怖がるんだろ?

   沢とか滝とか、ちょっとした激流とか、

    今日は大丈夫そうだな~なんて思ってると、

       なぜだかいつも、

  突然Uターンして逃げ帰ろうとするたもやん。

今回だって、川の流れは穏やかで水音なんか全然しなくて、

    吊り橋だってスイスイ渡ってたし、

  高いところから見下ろすようなこともさせなかったし……。

       なんでいつも、突然なんだろ?

 夫 「なんか……見えたとか?」

    私 「なにが?」

 夫 「だから……。こういう場所だし……」

    私 「……えーっ! 

  
   坊ちゃんには、何か見えているのでしょうか?

      私たちには見えない何かが…… 


   予定になかった場所ですが、

       なかなか見応えのある景色でしたよ。

 本当は対岸からの景色ももうちょっと楽しみたかったけど。



      そこからちょっと歩くと、
  


     14-11-14-79.jpg


        これ、会津鉄道の駅です。

           なんとも渋いねぇ。




    14-11-14-80.jpg


          いいタイミングで電車が来ました。



14-11-14-81.jpg




      14-11-14-87.jpg


        この鉄道、

 乗り換えはあれど浅草まで繋がっているのですね 

   我が家からだと「とうきょうスカイツリー駅」乗車になるから、

     ¥3,770で来られることになる 

    何時間掛かるんだろ 



    14-11-14-85.jpg


        車両の中を覗いたら、

      炬燵が備え付けてあったそうです。

        なんだかほのぼのしますね 




     ……で、ここからが本来の目的地。

  日光街道を更に北上し、

    県道329号線をウネウネ走ると、

   見えてきたのは 大内宿

  山道に入ってから、

    実はポツポツ降り始めていたんですよね。

   けどまあ、「霧雨くらいなら行けちゃうでしょ」

        ってことで走り続けた訳ですが……。



      14-11-14-89.jpg


         結構降ってます 



  坊ちゃんには、車で留守番をお願いしました。



   14-11-14-91.jpg


       止むかな~と思いつつ散策。

           雨足強くなるばかり 


    日本家屋と日本犬、

  そんな写真を撮りたかったんですけどねぇ 


      景色は諦めて、

    お昼にこちらの名物を頂くことにしましょう。



     14-11-14-95.jpg


            一本ねぎ蕎麦

    なにこれ?って感じですよね。

     食べ方をご説明頂きました。

 蕎麦を、ねぎで掬って?ねぎと一緒に食べるのだそうです。

         ……んな、無理やろ 

     夫は、努力していましたよ。

    勿論、お箸も出ます。

   結局のところ、右手にお箸、左手に一本ねぎ

       ……って感じで、

     ねぎ齧りながらお蕎麦を頂くって感じでしょうか。


 この一本ねぎ蕎麦、冷たいお蕎麦しか供されていないのです。

     寒かったので一本ねぎ蕎麦は夫にお願いして、

       私はフツーにけんちん蕎麦 


    夫は他にも、


      14-11-14-94.jpg


     烏骨鶏の卵かけご飯とか楽しんでましたが。



   この日の会津地方、

 日本海側の荒れた天気の影響を受けていたようで、

     終始曇天それから降雨。

 元来た道を戻り栃木県内の山を越えると、

    もう空には雲一つない状態で 


   

   会津で車から降りられなかった坊ちゃんの為に、

   
    14-11-14-99.jpg
  
        
          ちょっとしたお散歩。



     ここ、道の駅近くの農村公園なのですが、

      車がほとんど通らないのでとっても安全。



   14-11-14-100.jpg


       初めてのところは大好きだから、

     もの凄い勢いで歩き続けてます   


 たもやんには、珍しい景色とか必要ないんだな  

    なんでもないこういう道が、結構好きなんだよね 



       遠くに筑波山。

 マンションの廊下からも望むことができる山ですからね。

     栃木県って、そんなに遠くないんだな。




    14-11-14-102.jpg


           日が暮れるのも早いね。

        そろそろお家に帰りましょうか。



    今回の旅、

   霙が降ったり雨が降ったり大変だったけど、

     1年ぶりのお泊りに大満足です 



        またお泊り行きたい人~?



      14-11-09_1854.jpg


               ハイッ!




プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR