FC2ブログ

おいら、預けられちゃった

   1週間ほど前のこと、

  朝散歩のついでに坊主の病院へ。


 毎度のことながら、看護師さんをガン見しつつの尻尾ブンブン。

    待合室に出てきてくれた先生に向かっても、

 飼い主が目にしたことないほどの大回しで尻尾をグルングルン。

   あのさ、たもちゃん気付いてる?

     今日はキミの健康診断の日なのよ。

  今日はキミ、病院に預けられちゃう日なのよね。

   先生がたもつをヒョイっと抱き上げる。

     抱っこ嫌いの坊主、抵抗を一切見せず。

      おかーさんはもう帰っちゃうよ、いい?

   ちょっとは名残惜しそうにしてみたら? 

  坊主はこちらに目もくれず、

      先生と一緒に奧の部屋へと消えて行った。


    この日は年に1度の健康診断の日。

  お誕生月は割引にしてくれるのでね、

      健診を忘れることもなくて有り難い。


  健康診断は診療時間外(昼の12時~3時)に行われるので、

    午前中に預け午後の診療時間内にお迎えに行くことになる。

 朝ご飯抜きで健診の時間まで耐えてもらわなきゃならないので、

       うちに置いておくよりは病院へ!

         早々に坊主を病院へと連れて行った。


     ここからほぼ6時間、

       坊主と離れ離れだなんてツライよー。

   独り帰宅し玄関を開けると、

 当然のことながら、パタパタと駆け寄ってくる坊主の姿はナシ。

    普通の日常を送っているつもりでも、

   あれ? たもつどこ行った?


      …………あ、病院だわ(寂)



     なんという虚無感なのだーっ!!!




    午後3時、坊主のお迎えに病院へ。

   他の患者さんがいなかったからか、

 先生看護師さん総出で坊主の相手をしてくださっていた。



     ……で、健診の結果。

   血液検査で正常値から外れたのは2点。

 1.TP(総タンパク) 

   基準参考値が、6.0 ~ 8.0 のところ、8.4。

     許容範囲内かな?という感じ。

 2.ALP(アルカリフォスファターゼ)

 基準参考値が、47.0 ~ 254.0 のところ、476。

       これは、ちょっと高い。

  それでも、今年4月の検査時には、565 を付けていたので、

     100近く下がったことは単純に嬉しい。

   1年前の検査結果は正常値内。

  今年の春数値が上がったのは内服薬の影響かなと、

        実は私は思っていて……。

     アレルギーの痒みを抑えるアポキル錠、

  今年の春は花粉の影響が大きく、服薬量も増えていた。

  アポキルは副作用のない(少ない)薬と言われているけれど、

   どんな薬であれ少なからず肝臓には影響を与える訳で……。

  新しいフードが身体に合い、アポキルを止めたことで、

 今回ALPの数値が下がったのかな……と、勝手に思っている。

先生曰く「数千という数値が出ても問題のない子も」とのことで、

   血液検査の結果だけでは計れないということらしい。

     取り敢えず、加療の必要はナシ。


    それから、血圧はまずまず正常。

  3回測定して平均値を出してるんだけど、

      結果はまあ驚くほどバラバラで(笑)

    それでも「問題ないでしょう」ということでOK。


   ついでに、体重はしっかり増えていた。

 実は前週量った際、

    1週間前より400グラムほど減っていて……。

   ワンコの400グラムって大きいからね、

「心配だ、たもちゃんしっかり食べて!」と食べさせていたら、

      今度は600グラムも増量していた。

 先生からは「そんなに無理に食べさせなくても(汗)」と。


    それからそれから、レントゲン検査の結果を。

   まず、内臓の大きさに変化はナシ(腫れなどもナシ)

 先生がちょっと気にしたのは、

   気管支が変な場所に写っている(出ている)ということ。

変な場所っていうのは、通常だとこの辺りに写らない……みたいな。

   「咳が出たりということはないですか?」と訊かれたが、

     そういったことは一切ないので、取り敢えずは問題ナシ。

   ……で、先生がもっと気になったのが、腰椎の辺り。

     腰骨の隙間が、ちょっと詰まってきている……と。

  確かにね、胸椎の辺りには綺麗な隙間が確認できるのだけど、

       腰椎の辺りは隙間が見え難い。

 実際、先生がたもつの腰辺りを押してみると(爪を立ててみると)

         ピクっという反応が見られた。

   痛みを感じる程じゃないけど、

      若干の違和感はあるのだろうという感じ。

     これ、放っておくと椎間板ヘルニアになる可能性も!


       ……ということで、今後気を付けるべきこと。

 ・ 階段の上り下りはなるべく控えさせる。

     幸い我が家はバリアフリーのマンション暮らし。

    日常では階段と無縁なので、外出先での行動に注意だね。

 ・ ダッシュなどを強要しない。

      ダッシュの強要はしたことないけど、

     たもつはとにかく走りたがるのよ。

        特に今の季節、アホみたいに走りたがる。

       制御するのが難しいよー。

 ・ ソファ等の乗り降りをなるべく控えさせる。

     これが、我が家にとっての最重要課題。

    ソファの乗り降りが身体の負担にならないようにと、

   以前段差を埋める為の階段もどきを設置したことがある。

        たもつはそれを嫌がり、

      それを避けてソファに上がり、

    それを越えるようにソファから飛び降りるようになった。

       階段もどきはその後撤去。

   結局解決策を見出せないまま、今日に至っている。


 先生曰く「今すぐ加療が必要ということではないけれど……」

   「安全をみて、激しい運動などはなるべく控えた方が」

          ということだった。

   ……で、「サプリなどで補うことも」ということだったので、

      数年ぶりにこれを購入。



    18-11-01_1615.jpg

    

 以前動きが鈍くなってきていた坊主に飲ませてみたところ、

   散歩の足取りが軽くなっていったという経験があるのでね。

  先生に「ミドリイガイはどう?」と訊いたら、

     「あ、良いかもしれません」と言って頂いたし。


  最近、お友達ワンコにヘルニアの診断を受けた子がいる。

     とにかく安静にということで、

    飼い主さんたちが留守の日中には、

      ケージの中で過ごしてもらっているそうだ。

  おトイレの為の外出もほとんど抱っこで、

     時折下に降ろしてはトイレを済ませるという状況。

我が家同様、飼い主さんはソファの乗り降りのことも気にしていて、

  以前より階段を取り付けるなどの対策をしてはいたのだが、

    結局ワンコさんそれを使ってはくれず……。

  痛み止めのお陰でかなり快復してきているようだけど、

        ヘルニアってやっぱり怖い。

   
     日々の生活の中で、

    坊主を守れることはなんでもやらなくちゃ。

  ソファへ上るのも、

      いずれ止めさせなきゃならないのかもしれない。


    11歳の誕生月健診、

  結果は概ね良好だったけど、新たな課題も見付かった。

       またまた色々勉強しなくっちゃ。





     
     18-10-04_0003.jpg


   先生や看護師さんがたくさん遊んでくれて楽しかった 

       毎日預けられちゃってもいいや…… 

        
     






    ☆☆ オマケ ☆☆

 
  先日病院の待合室で目を通した本に、

   災害時のアドバイスが書かれてありました。

  
  災害時のワンコのご飯、

     ドッグフードでも良いのだけれど、

   それだとどうしても水分不足になってしまう。

 災害時は飲み水も自由にならない可能性が大きいのでね。

      缶詰やレトルトも良いけれど、

「離乳食を備えておくと良い」とその本には書かれてありました。

     考えたこともなかったけれど、

  今度離乳食を探しに行ってみようかなと思いました。






       
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

たもちゃん病院嫌いじゃないの(@_@;)
定期検診お誕生日割引ってありがたいですね(*^^*)
忘れないしね(^^)
若干の心配事はあるにせよ 重大な事態の結果じゃなくてホッとしましたね(*^^*)
ヘルニアは怖いし本人も大変だもんね
なんとかそこは回避しなくちゃね

災害時のワンちゃんには離乳食・・・なるほど・・・
それは良いことを聞きました 確かにそうですよね
ありがとうございます

No title

そうなんだ〜〜
たもちゃんヘルニアは怖いものね
気をつけなきゃ
そうは言っても楽しそうに走り回るのを抑えるのは飼い主としても辛いですね
でもそれ以外は健康
凄いですよ
うちなんて健康診断に行ったことないし(^^;;

No title

たもちゃんお疲れ様でした。
家に帰ってワンコがいないって、なんか寂しいのですよね。
前にシャンプーに預けただけなのに家の中に姿が見えないと、なんか静かで寂しかったです。
健康診断、概ね良好ってことですよね。
やっぱりしょっとふっくらしてたのですね(^.^)
それくらいでもいいのになと思いますけどね。
ヘルニアはやっかいですものね。
ひどくならないようにね!整体がいいかもしれませんね。

ほんと病院好きなんやねー。
先生も診察しやすいと思うなー。
たもちゃん「あとで迎え来てね」友達んちに遊び行ったくらいのルンルンかな?
先生も診察しやすいと思うし、たもママも安心して預けられるけいいなぁ。
ガクなんて心臓バクバクやもんで、見てるこっちは可哀想で。
健康診断の結果はまずまず、でしたが、ヘルニアは用心だね。
もうソファーは撤去かしら?(笑)
生活の中はちょっとした危険が多いけど、
たもママがついてるから安心かな(*^^*)

ごぶさたしちゃってます~

できるだけ手に負担をかけないように、
ブログを封印しているので、
ちょっとストレスたまり気味です~

久しぶりにたもちゃん家に訪問で
ストレス解消~♪

手はだいぶ回復してきて、
お箸もペンも持てるようになりました。

たもちゃんの健康診断も・・・
おおむね良好でうれしいです!v-238

ふぅぅぅ~ん、離乳食ですかぁぁ
これからいろいろ考えて
しっかり準備しないといけないですわ。

茶々ママさま

たもつは病院大好きです(笑) 「先生んとこ行くよ」と言うとスキップで出てきます。
お耳洗浄の機会が増え診察室へ入るのを渋る時もあるけど、診察台へ上がるとやっぱり尻尾をブンブン振ってます。
たもつが子供の頃は健康診断なんて考えたこともなかったけど、今はお誕生月に健診、フィラリア検査の時に普通の血液検査もしてもらっています。
去年は肺の石灰化が見られると言われ……。中年になってくるとみんな見られると言われたけど、やっぱり衰えを実感させられました。
ヘルニアは以前より気になってたんですよね。ソファの上り下りが良い訳ないし。
お友達ワンコの様子を見ていて、こりゃ絶対ならせちゃいけないなって。
たもつは100%手作り食で過ごしていた時期もあったんですけど、ある時ふと「災害時は手作りなんてできないな」と思い、たまたま皮膚に合うフードを見つけたので「これならいざという時も大丈夫」とは思っていたんですけど。
やっぱり水を豊富に与えることができなくなるだろうし、水分を多く含む離乳食はとても良いのかなと思いました。
備えあれば患いなしですもんね。

なおちゃんさま

以前同じマンションのお友達ワンコが脚を手術したことがあって。
飼い主さんも「ソファからピョンピョン飛び降りちゃうし困ってる」と言ってた矢先の出来事だったので、他人事とは思えなかったんですよね。
手術とその後のリハビリで、掛かった費用はもう目が飛び出るような金額で(汗)
ヘルニアになったお友達ワンコも大変そうな様子だし。
やっぱり足腰のことは何か起きる前に気を付けてあげなきゃいけないなと思いました。
骨の隙間が詰まってきてるというのは事実なので、骨に負担の掛からない環境を作ってあげるのが必要かなと。
たもつの健康診断、受けるようになったのは8歳の誕生月からです。それまでは考えたこともなかった(笑)

*はなママ*さま

そう、帰宅してワンコがいない状況って、ほとんどないことなんですよね。
腰をくねらせながら出迎えてくれるとか、イタズラを見付かってマズイ!って表情をしてるとか、姿がないとホント寂しい。
自分で預けてるくせに、いないことに大いなる喪失感を感じます(大袈裟?)
健康診断の結果が概ね良好でホッとしています。
普段はカイカイのことばかりに目が行っているので、知らないうちに他の病気とかを抱えていたらどうしよう……とか、やっぱり結果を聞くまではソワソワしました。
多少ふっくらしてた方が、見てる方は安心ですよね。その後また量ったら、更に100グラム増えてて焦ったけど。
ヘルニアはやっぱり怖いです。住環境を見直さなきゃいけないなと。
整体! 考えたこともなかったです。今度先生に訊いてみようかな。

きょうねぇさま

このところ耳洗浄の頻度が高くなってるし、警戒心も少なからずあるようなんだけど、やっぱり先生たちの顔を見ると尻尾ブンブンなんだよね。
色々忘れっぽいのか?と心配になるよ(笑)
先生や看護師さんが入れ替わってもやっぱりあそこが好きなので、預ける方は安心だよ。
預けられちゃってワンワンキャンキャンやってる子も多いけど、うちのはのんびり過ごしてるんだろうなと思う。
ガクちんは心臓バクバクなのね。繊細なんだなー。
ドキドキしてる我が子を見てると、こっちまで心臓締め付けられる思いになっちゃうね。
健診の結果は大きな問題点はなかったのでひと安心。
ただ、やっぱり骨の状態は気になるわ。
ヘルニアって酷くなると手術になっちゃうし、軽度でも痛み止め飲んだり大変だから、やっぱり環境変えないとダメかな~。
今後はソファに上がらせないようにするしかないのかなとも思ってる。本人は居心地良さそうなんだけどねー。
やっぱ、ワンコは人間より早く年取るね。

アルままさま

あー、やっぱりまだ手が痛いのね。たまに覗きに行くんだけど、新たな展開がなかったから心配してたのよ。
書くことで発散できないとストレス溜まりますよね。
こうなったら音声で記録を取っておくっていうのはどう? ……で、私が文字に起こすという、ディクテーションパターンで(笑)
お箸もペンも持てるようになったとはいえ、無理は禁物ですわよ。回復力も10代の頃とは違うからー。
たもつももう11歳、何か言われるかな~と心配してたけど、血液検査の結果はまずまずだったのでひと安心。
あとはシニア向けに住環境を整えていかないとダメかな~という感じです(ちょっと遅いけど)
離乳食は水分を多く含むところが良いのかなって感じですね。災害時は水を断たれる可能性も高いから。
最近ちょっと緩んでたので、改めて災害の備えをちゃんとしておかなくちゃと思ってます。
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR