fc2ブログ

描いてみた【114】

 最近ネットで「子持ち様」という言葉を目にするようになりました。

子育て世帯に不満を持つ人が皮肉を込めて使う言い回しのようです。

  「子持ち様が子供の発熱で急遽欠勤になり

          仕事の尻拭いをさせられた」とか、

  「子持ち様の『子供なんだから仕方ないでしょ』と

        開き直る態度が気に入らない」とか、

  子育て世帯に対し否定的或いは攻撃的なコメントを

            残す際に使われるようで、

   あまり気持ちの良い言葉ではないように感じます。

     会社勤めをしていた頃、

 私の所属する部署に子育て中の女性はあまりいませんでした。

   ただ、職場で1度だけ子育て女性に関し

 印象に残る出来事があったことを今でも覚えています。

   ある日同僚女性がお子さんのトラブルで

        急遽早退することになったんですよね。

 翌日彼女は皆の席(ほぼ女性)に謝罪して周ったのですが、

   そんな中「険しい表情を崩さない人」や

  「彼女と一切目を合わせようとしない人」がいることに、

       私は少なからず衝撃を受けました。

   私は決して善人ではありませんが、

 早退した彼女のことをそこまで責める気にもならなかったし、

厳しい表情を崩さない彼女たちのことを怖いなと感じたのも確かです。

   私自身、他人に甘く自分により甘い人間なので、

  仕事に厳しく他人にも自分にも厳しい彼女たちとは

 表面上はともかく深層では分かり合えないのかもしれません。

  立場によって物の取りようは違う、確かにそうなのでしょう。

    仕事に対する向き合い方の違い、

  既婚か未婚か、子供を持つ者なのか否か、

 立場によって子育て世帯への感じ方も

    違ってくるのは当たり前のことなのかもしれません。

   ちなみに我が家には子供がいません。

      夫にも私にも甥姪がいません。

 子供との接し方が上手くないことも自認しています。

   もしかしたら「子供に対して優しくなさそう」な

     人間に見えることもあるかもしれません。

  ただ、非力な者には優しくありたい……、

 そんな気持ちは持ち合わせていたいとは思っています。

   


    今回はそんな非力の塊、

      生後2ヶ月のたもやんを描きました。

  人間の手と比べてみるとこんなに小さい。

    この頃の体重は1.9キロでしたね。



  ★24-04-04S★


    ※ツルツル紙にF・2Hで描いた
     ダーウェントのパステル色鉛筆で色塗り


    正直、あれもこれも気に入らないです。

 載せるのを躊躇しましたが、恥を掻いてこそ……なのでね。



     実は最初は↓で終了していました。


   ★24-04-04S★p


   ものすごーく気持ちが悪いので凝視してみたところ、

       形状がもの凄く変なことに気が付いて……。



   ★24-04-04S★pc


     腰からお尻にかけてのライン、

  本当はこれくらい傾斜しているんですよね。

   この方が確かに幼児体型っぽくなりますね。

 ……で、フィキサチーフかけてしまった後だったのですが、

     無理やり修正して↑の1枚目の状態に。

 フィキサチーフかけた後に描き足すのは可能でしたが、

     消すのはさすがに無理でした。

  まあ、その為にフィキサチーフかけてる訳だし……。


     描けば描くほど凹んできて、

   描くことがちょっとツマラナイと感じるように

      なってきた今日この頃です。




スポンサーサイト



また抜きたい

    ここ暫く脚の調子が良くありません。

   脚……というか、まあ膝周りですね。

      え? お婆ちゃんなの?

 まあ、原因は運動不足でしょうね……って感じなのですが。

  実はたもつがいた頃からたまーにありました、膝の不調。

    毎日強制的に散歩に駆り出されていれば

 運動不足になどならないのでは?と思われがちですが、

     散歩って、案外危険を伴っているんですよね。




    14-03-04_805.jpg

       2014年3月。


     うちの坊主、

 急に止まったり急に方向転換したり急にダッシュしたりと、

   予測不能な動きを繰り返すのが常だったので……。

「あー、左股関節に変な軋みを感じたー」と左を庇いながら散歩続行。

   ……で、「今度は右股関節に違和感ー」と忙しい。

     挙句急な方向転換で膝周りを痛め、

 右脚も左脚も使用不可な状態で

     外へ出ることも珍しくありませんでした。




   14-03-13_848_20240404145828c52.jpg

     これも2014年3月ですね。



     ……で、ついに病院のお世話になることに。

   これね、以前書いたかどうか覚えていないのですが、

      「膝の水を抜く」という破目に陥りましたよ。

  膝の水を抜くって……、お婆ちゃん?って思いますよね?

         私もそう思います(笑)

 ある日ふと(膝の上、こんなに脂肪があったっけ?)と驚愕し、

まあ、膝周辺に痛みもあったんですけどね、病院へゴーですよ。

  先生曰く「あー、水が溜まってますねー。抜いときますか?

    まあでも、抜くほど溜まってないかなぁ」と。

曰く「抜けば脚の動きがスムーズになる」とのことだったので、

        「是非とも!」とお願いすることに。

 「針が太いんですよ~。ちょっと痛いけど我慢できますか?」

       先生そう仰るんですけどね、

   (水を抜くって初体験♪ どんなふうにやるのよ?)と

      もう好奇心を抑えられないんですよ。

  先生が針を刺すとね、

    茶色く濁った水(体液)がどんどん出てくるんです。

   透明な液体が出てくると思い込んでいた私は、

       思わず奇妙な声を上げそうに。

  それでも体内から汚物を抜いてもらったようで、

 (何これ、デトックス?)と妙な爽快感も覚えましたね。

   溜まった体液を吸い出した後は、液状の薬剤を注入。

    (折角余分な水を抜いたのに?)と思いましたが、

   この薬剤はどこかに吸収されたようで、

      膝上の膨れはめでたく消滅しました。



    そしてこの春、

 またしても(水抜きが必要な状態か?)という事態に。

  ……で、以前先生から言われたことを思い出したんですよね。

        「太股を鍛えましょう」

   実は運動不足解消の為

 自転車を止め歩きで買い物に行くようにしていたのですが、

      これが今回の膝不調の切っ掛け。

  重い荷物を背負って歩く最中、

     変なふうに脚を痛めてしまいましたよ。

    たもつの散歩がなくなってから、

  どれだけひ弱になっていたのか……と呆然ですよ。

 その後良くなったり悪くなったりを繰り返し

    先月辺りいよいよ悪くなってきたので

(これは膝の水を抜くチャンス到来か!)と心躍った訳ですが……。

    冷静に考えてみたら、

  病院のお世話になるより自力での回復を目指す方が

      良いに決まっていますよね。
       
    水を抜くのは簡単。

それより、不調を繰り返さない為に鍛える方が有益だからです。


     ……で、鍛え続けた結果、

        かなり良くなりましたね。

  私が試したのは、脚の裏側(太股裏から脹脛)のストレッチ。

    これがなぜ膝に効くのか?……と思ってしまいますが、

          なぜか……効きました。

 脚に不調を抱え運動不足に拍車がかかってしまうと

       不安を覚えていましたが、

    これでようやく気楽にお外へ行けそうです。

      春ですからね、桜の季節ですからね。



    14-04-02_736.jpg


      2014年4月2日。

    ソメイヨシノ、ほぼ満開ですね。

   今年の河原、ソメイヨシノはまだ1部咲きです。






描いてみた【113】

     たもつの写真は数多撮ってきましたが、

   私自身は「誰が見ても可愛い!」写真より

 「私たちしか知らないクセ強たもやん」な写真が好きです。

  お絵描きする時もついそのような写真を選びがちなのですが、

     それでは彼の可愛い!が埋もれてしまうので……。

   今後はたもやんの可愛い!を追求すべく、

 瞳ウルウル系の絵を増やそうかなと思っています。

   ちょっとハードル上げてしまった感じになりましたが……。




    ★24-03-23S★


     ※ツルツル紙に2H・4H・10Hで描いた
      ダーウェントのパステル色鉛筆で色塗り

   
   これまでの経験から、

 「塗り過ぎない」を念頭に置きながら進めました。

    修正は少なくて済むような気がしますが、

  「薄っ!」と感じてから塗り重ねていくのも、

      それはそれで難しいものですね。

   更にはあれだけ見直したのに

 今頃になって形状のオカシイ部分を見付けてしまい、

     ちょっと凹んでいます(笑)




   色塗りの方も反省点を見付けやすいように、


   ★24-03-23S★コントラスト-50


     コントラスト調整したものも載せておきます。



 私自身は描いてみた【106】の頼りない表情が好きなのですが、

     夫曰く「今回の絵はよりたもつらしい」そうです。

    「次は何をするのかな?」と

  私たちの表情や動きを監視する見上げるのは
  
    たもやんが度々見せる仕草だったので、

 この絵は「よりたもつらしい」と感じさせるのかもしれません。

    写真を見返していると、

  日を追い記憶が薄れそうになってくる

      何気ない日常のひとコマが

    鮮明に蘇ってくるのを感じます。

 お絵描きで遊んでばかりいるのもそんなに悪いことではないと、

     格好な言い訳を見付けてしまいました(笑)





      

   

まだ知らぬ千葉

    先週の金曜日は、朝5時起きでお出掛け。

   遠出でもなんでもなかったんですけどね、

     飛行機の着陸時刻に合わせ成田空港へ。

 朝方我が家から千葉方面へ向かうと

   ずーっとお日様と睨めっこ状態になるんですよね。

     眼がかっぴかぴに乾いてしまいましたよ。
  
    サングラス持って行かなかったの失敗でした。


   到着したのは午前7時頃。

     とある場所に、飛行機を見にやってきました。




    IMG_4931.jpg


       もの凄く近いです。



  IMG_4927c.png


     動画だと更にスゴイ迫力なのですが、

    編集が面倒だったので切り取り写真です。














   この後は、茨城県との県境近くを目指します。

  私は千葉県(千葉市)出身なのですが、

    北部エリアはほぼ未知の世界なんですよね。

小学校の遠足で周った記憶はあるのですが、もう遠い昔のこと。

      何があるのか、ちょっとワクワクします♪



   成田空港から少し車を走らせ、道の駅くりもとに寄り道。



      DSC_2429.jpg

   
        サツマイモを買いました。

    この辺りはサツマイモの名産地なのです。

   ……ということで、

  周辺の畑からは乾いた土が舞い上がり風に乗り、

車を走らせればあっという間に薄茶色に染まってしまいます(笑)

   成田空港周辺も実は土埃の激しい地域です。

  強風の日の成田の映像を見ると、

機体の周辺を茶色い風が覆っているのが分かるかもしれません。

  ↑のサツマイモ、実は箱買い(12個入り)したのですが、

 どう考えても食べ切れないので他所へお裾分けしましたよ。

    
   さて、次の予定まで時間に余裕があったので、

 

     IMG_4937.jpg




  IMG_4939.jpg



     香取神宮にお邪魔しました。



    全国約400社の香取神社の総本社とのことで、

   ついで……みたいな立ち寄り方、良くないですね。

 この香取神宮、前述したように小学校の遠足で訪れている

       ……ような気がするのですが。

  訪れてみて、全く記憶に残っていないことに愕然としましたね。




     IMG_4960.jpg


     参道は、静寂に包まれていました。

    「空気が違う」夫がそう感嘆したように、

   まさに穢れのない空間そのものに感じました。



    IMG_4944.jpg



 この先にある楼門(重要指定文化財)は工事中の為

       見ることはできませんでした。




    DSC_2437.jpg


    


     IMG_4954.jpg






    IMG_4955.jpg



     境内の木々も立派です。



  香取神宮から北へ約2キロ、利根川の河川敷に

   香取神宮一の鳥居(津宮浜鳥居)があるそうです。

 何も調べずに行ったものだから、

    何も知らないまま帰ってきてしまいましたよ。




   IMG_E4963.jpg





   さて、次の目的地はここから10キロほどのところです。



  まだ午前11時ですが、少し早いお昼ご飯を頂くことにします。



   IMG_4971.jpg


      これ、2人分です。




   IMG_4967.jpg

   
        親子丼と、



  IMG_4969.jpg



       鶏の唐揚げと、




    IMG_4966.jpg


        焼き鳥。


    この焼き鳥が、


   IMG_E4972.jpg


  あまり食したことのない部位などが含まれていて

        とても楽しめました。

成田でおにぎりを頬張ってから4時間ほどしか経っていなかったので

    お腹にゆとりがないかもと心配だったのですが、

   美味しくてペロリと平らげてしまいました。
   


    IMG_4965.jpg


  お料理は「水郷のとりやさん須田本店」で戴きました。


   このお店、夫の両親から教えてもらったんですけどね、

 埼玉在住の義父母が千葉と茨城の県境にある鶏肉屋さんを

        探し当てたことがナゾです(笑)

   我が家よりはるかにアクティブに過ごしている義父母、

  次はどんな素敵なところを紹介してくれるか楽しみです♪




描いてみた【112】

   ブログを書き始めたのは2011年夏のことです。

      その年の4月、実家の母が逝きました。

  それが動機付けとなったのか

    今となっては定かでありませんが、

   (胸の内にあるものを吐き出したい)

  (その時々の気持ちを認めておきたい)

そんな欲求に突き動かされてのことだったのであろうとは思います。

   しかしながら、胸の内を曝け出すのは容易なことではない、

     そう気付くのに然程の時間は必要ありませんでした。

   (こんなことを書いたら読んだ人はどう思う?)

 (そんなことを書いたら不安な思いをする人がいるのでは?)

   書くということは四方八方への配慮が必要ということ、

        表向きはそういう理由からでしたが、

   要は、嫌われることへの懼れがあったのだろうと思います、

               私自身の内に。


    たもつがいる時は、

 河原をぶらぶらするひと時が自分を鎮める為に不可欠な

   本当に愛おしい時間だったのだと感じます。

 たもつに苦い言葉を聞かせることは決してありませんでしたが、

     良い時もそうでない時も変わらず、


   14-05-25_813_202403151356447d1.jpg


     彼はこんなふうに寄り添ってくれていました。

  

    たもつが旅立ってしまった今、

  彼を描いているひと時が、

     平穏を保つ為に不可欠な

      大切な大切な時間です。

  こうして続いているお絵描きという趣味も、

もしかしたら、たもつからの最後の贈り物だったのかもしれないと

       今はそう感じています。

   

    ……ということで、

ざっくり言うと、これからもしつこく描きますってことです(笑)
      




★24-03-14S★



    ※ツルツル紙にほぼ3Hで描いた
      一部H・Bも使用


   どういう状況を描いたのか……、

     描いた本人でも理解し難い(笑)

 これ、ものすごーく気に入ってる写真を

    参考に描いたんですよね。

たもやんが私の手に頬を寄せている……の図です。
 
      手と腕が、気持ち悪いです。

  まったく……、

 【描いてみた】の時「気持ち悪い」を使い過ぎですね、

        すみませんっ!

   手の形状がオカシイんだけど、

  直しても直してもこれになっちゃいます。

     




    反省点を探しやすくする為に、
  
  コントラスト調整したものも載せておきます。 



   ★24-03-14S★コントラスト-50



    色塗りをするか、最後の最後まで迷いました。

 たもやんは、色付けした方がたぶんもっともっと可愛い。

     でも、手と腕を塗るのが……、もう無理!(笑)

   腕を表現するのって難しいですね。

     動きがないから、ただの棒に見える。

……っていうか、描ける人が描けば、腕に見えるんでしょうけど。


   無駄に「描いては載せ」を繰り返していますが、

         進歩がないように感じます。

  1枚にもう少し時間を掛けた方が良いのでしょうか。

      だんだん分からなくなってきました……。





     
プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ
2021年10月12日お空組に

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR