FC2ブログ

気圧が……なんだって!?

    前回の続き、前庭疾患の記録です。



 夜間救急で処方して頂いたグリセオール11mlを経口摂取後、

        掛かりつけ医のところへ。

    普通に歩けるまでに回復していましたが、

      無理は禁物と思いバギーで向かいます。


    未明に前庭疾患で引っくり返り、

 盛大に失禁&嘔吐したようには見えないスッキリ顔で到着。

      診察台に乗ってからも、

    前足上げて看護師さんを呼びつける始末です。

     先生に経緯を説明、

 状態が安定しているということで、点滴等の処置はナシ。


    ……で、今後のことをご相談。

   今年に入り前庭疾患を3度も発症している坊主。

  それも3月末・6月末・9月末に発症と、

笑っちゃうくらい綺麗なサイクルでそれはやってきています。

  「このままだと次は12月末?と思って怯えるー」と訴えると、

    上手に予防できるかどうか……について

       先生も知恵を絞ってくださいました。


取り敢えず、夜間救急の先生から言われたことを伝えてみます。

 「前庭疾患の原因の1つにホルモンバランスがあります」と。

    カルテを見返してみると、

  坊主の甲状腺機能の数値は標準値内の低値。

 ギリギリな感じだけれど、服薬が必要なレベルにはありません。

   それからもう1つ言われたこと、

  「他の原因の1つに、○○不足ということもあります」と。

 この肝心な○○部分、

   これが、実は記憶からすっぽり抜け落ちてしまっていて。

 カリウム?だったような気もするし……、なんだっけ?

    掛かりつけの先生に訊いてみても、

      何やらピンと来ない感じです。

  帰宅後ネット検索してみましたが、

前庭疾患の原因となり得る○○不足は分からず仕舞い。

   もう少し勉強して、

 再度先生に質問をぶつけてみるつもりです。


  ここで、掛かりつけの先生から1つ提案が。

  「前庭疾患って、

 気圧の変化が影響することも考えられるんですよねぇ」


        き、気圧!?


   この日診てくださったのは、

  この春から来ている新しい先生。

        ん? 

 これまで、前庭疾患の時に「気圧」の話なんて

     1度も出てきたことないぞ。

   夜間救急は3回とも違う先生だったけれど、

       そういう話は1度もなかったし、

  救急処置後掛かりつけ医に来た時にも、

     気圧の話は出ませんでした。

  なんか……、それって新しい視点じゃない?

 
先生曰く「気圧の変化で発症する可能性もあると思います。
 
    今ちょうど、台風が近づいてきているし」


          ! ! ! ! !


坊主の前庭疾患発症は火曜深夜から水曜未明にかけて、

 まさしく台風がたもつエリアに接近している最中の出来事でした。

   なんか、ものすごーく信憑性を帯びてきている!


  試しに……ということで、

    グリセリン(グリセオール)が処方されました。

   たもつの体重からだと11mlが適量になりますが、

     予防という意味での接種ということで、

 5ml(+水3ml)/1日 を1ヶ月続けてみましょうか

        ……ということになりました。

但し、「グリセリンの過剰摂取は腎臓に負担を掛ける」とのことで、

       ん? 毎日摂取して、本当に大丈夫?



   ……ということで、

  実は、今のところ接種を躊躇っています。

   先生の案では

「(台風接近等)気圧の変化が激しくなりそうな時にのみ摂取」

      というものもあったので、

   来週再度相談してこようかなと思っています。



  しかし、気圧の変化を見極めることで

    前庭疾患を予防することができるのなら、

      これはもう願ったり叶ったりです。

 たもつも私たちも安心して夜を過ごすことができるのなら、

       こんなに有り難いことはないですからね。





    20-09-23_1158.jpg


       掛かりつけ医からご帰還。

    この時はまだ少々ボンヤリしていますね。


   その後は足取りに不安もなく、

      間もなく食欲も戻りました。

    今はボール遊びに誘うほど、回復しています。

  ご心配頂いたみなさま、本当にありがとうございました。






スポンサーサイト



パンとチーズ

    長らくブログ放置してしまいました。




     20-09-08_1554.jpg



   たもつも家族も元気に過ごしておりました……が、



  
      昨日またしても、坊主が夜間救急へ。

    理由は……、さっさとお話しちゃいますね、

       これが3度目となる「前庭疾患」です。


     空模様もパッとしなかった4連休、

  たもつ家は遠出もせずまったりと過ごしておりました。

   その4連休も終了という水曜日の未明のことです。

     
       ……ん? なんか、違和感……。

     意識がぼんやりとしている中、

        くちゃくちゃという咀嚼音にも似た音。

      おまけに……、異臭。



        !? !? !?



       あー、失禁しとる!!! 

  私の頭の上、布団はオシッコでぐっしょり。

     慌てて明りを点けてみると、

   そこには盛大に散らばった吐しゃ物と、

  口の周りを吐しゃ物と泡立った涎で汚し、

     息遣いも荒く目を回している坊主の姿が。


    「目が振れてる(眼振)、前庭疾患だわ」

       「どうする? 病院行く?」

  時刻は午前3時半、この日は連休明けの出勤日。
    
    どうする? 病院行く? 仕事は……、休めない。 

        
     前庭疾患を発症するのは3回目。

   これまでよりも、症状は軽いように見える。

          どうする? 

  掛かりつけ医が診察を開始する午前9時まで

       あと5時間以上ある。


   少し迷いましたが、夜間救急へ駆け込むことに。

 以前2回お世話になっている病院へ電話をしてみると、

   休みということで他の系列病院を紹介されました。

  ちょっと遠いけど……、取り敢えず行ってみよう。


    坊主はと言うと……、

       少し、落ち着いたかな?

   眼振は以前の2回ほど激しいものではなく、

     斜頸は少しあるものの、

    布団の上でのたうち回るようなことはない。


  バスタオルで身体を覆い抱え上げようとするも、

    力の抜けた11キロは扱うのにも難儀します。

 私の腕の中で大きく身体を仰け反らせると、

  天地逆転したことにパニックになった坊主は、

       危うく腕の中から落ちそうに。

   今度はしっかりと抱え上げると、

  坊主の頭を私の胸に押し当てるようにして、

        病院へと急ぎました。

     幸い道路は空いていました。

       まあ、午前4時前ですからね。

    私の腕の中にいる坊主は、

 首をほぼ直角に曲げ、白く濁り始めているその目で、

      私のことをじっと見つめていました。

    大丈夫、大丈夫だからね。

  1回目の時も2回目の時も大丈夫だった。

      だから今回も、絶対大丈夫。


    病院に到着する頃、

  坊主には既に回復の兆しが見られ、

    頭を自力で起こすことができていたし、

 頭の振れなども見られなかったように思います。


     診察台に乗せてみると、

   少々危なっかしい感じではありましたが、

       自力で立つことができました。

先生曰く「まだちょっと目が振れてますかねぇ」とのことでしたが、

     斜頸もほとんど分からない程度で、

   これは、これまでで最も軽症かもという感じです。

    初めて前庭疾患を発症した時は、

 「立てるようになるまで数日掛かる」とも言われたので、

    (数時間後には河原をお散歩できていましたが)

   今回は治療が必要ないかも?……という状態に、

     飼い主も少々戸惑いを覚えてしまいます。

   
    先生からの提案は、

・ 院内で処置(脳圧降下剤の点滴)なら所要時間は30分ほど

・ 自宅で処置(脳圧降下剤を経口摂取)なら即帰宅

       ……というものだったので、

   吐き気止めの注射だけ打って頂き、帰宅することに。


  診察室を出る頃には、眼振も治まっていたようで、

 待合室では頭を上げ、周囲をキョロキョロ見渡す余裕まで。

    病院を出てから駐車場まで少し歩くのですが、

       夫に抱えられた坊主の顔は……、

      口角を上げ、なんだか楽しそう♪


         ……って、おいっ!


     帰宅したのは、午前5時半。
 
   恐る恐る坊主を床に降ろしてみると、

  もうスタスタと歩き始めているではないですか。

  
    嬉しいよ、嬉しいんだけどね……。


   うん。回復が早いのは、嬉しいことだよ。



     広げっ放しの布団に目を遣ると、

    豪快にぶちまけられた吐しゃ物と、

      盛大に広がったオシッコの染み。


     坊主を見遣ると、

   おいっ! 少しはジッとしておれんのかっ!


     坊主はあっちへフラフラこっちへフラフラ。

   決して足元がふら付いている訳ではありません。

  ただ、あっちの部屋フラフラこっちの部屋フラフラで、

       ちっとも落ち着いていないのです。

     いいからジッとしててくれないかな。

    目眩でもして引っくり返られても困るから!


   こうして、夫は睡眠時間3時間ほどで会社へ。

  坊主は早々に「お腹空いたー」とメシを要求。

   ん? 前庭疾患特有の食欲減退はないのかな?


     大好きなササミを出してみましたが、

   口に含んだもののペッと吐き出し、「これじゃない」と。

      仕方がないのでパンを進呈してみると、

           こちらはムシャムシャ。

  我が家は坊主の為に幼児向けのパンを常備しています。

 消化器の弱い坊主には空腹時にはタンパク質よりパンなので。

      それでもササミくらいは口にしてほしいので、

    前菜代わりにクリームチーズを進呈してみると、

         こちらも躊躇うことなくパクリ。

      その日の午前中は、ササミには口を付けず。

   「おいらはパンとチーズさえあればいいの!」と言う始末。

            フランス人かよっ!



       午前9時過ぎ、お散歩に出てみました。



    


        ふら付くことなく、歩くことができました。




    この後掛かりつけ医にも診て頂きましたが、

  前庭疾患の予防になるかも?というお話もしてきたので、

             次回書きます。





  長らくみなさんのところへもお邪魔できず、すみません。

     コロナ疲れ……と言いますか、
 
   コロナ関連の記事を目にすると、

 「都民は日本中から叱られ続けている」ような感覚になり、

       なんだか病んでしまいます。

    前庭疾患のことを続けて記録する予定なので、

       今回はコメント欄閉じますね。




東京を出ました

   東京都民ですが、金曜日、

    東京を出てお出掛けをしてきました。

  コロナ禍においての行動に賛否あるかと思いますが、

       あ、「賛」はないか……、

     不快に思われる方はスルー願います。



    この日は我が家にしてはゆっくりめの出発。

   猛暑日続く東京を抜け出しやってきたのは、



       20-08-28-07.jpg



         緑が目に優しい、




    20-08-28-51.jpg



          ここは奥日光。






 途中、日光東照宮、中禅寺湖、戦場ヶ原などの景勝地を

         抜けてきたのですが、

     やはり観光客の姿は少なかったです。

   ただ、他県ナンバーの車は予想外に多く、

観光バスから団体客が降りてくるのを目の当たりにしたのは

          少し意外なことでした。

   あ、旅行自体を禁じられている訳じゃあなかったんだ。




      ↑の写真の場所は、




    20-08-28-20.jpg


           湯滝です。

      昨年6月にも訪れています。

その時は修学旅行生や外国人観光客で賑やかだったのですが、

   今回は少人数での旅行者が多かったですね。




      滝の前の遊歩道は「犬禁止」なので、



    
     20-08-28-14.jpg



     遊歩道の手前で写真撮影を。

    


       
       


   




     少し物足りない感じがしたので、

      この先の湯ノ湖を目指してみることに。

   距離は0.4キロとあるけれど、

     これ、ずーっと上っていくんだよね。

 たもつの足で、果たして辿り着くことができるかしら?
  



     20-08-28-26.jpg


     階段と見ると上らずにはいられない坊ちゃん。     


        張り切りすぎるなよー。

   この猛暑続きで散歩時間も短く、

    すっかり足腰の弱ってきている坊ちゃん。


 無理はさせたくないので抱っこといきたいところだけど、

      本人楽しそうにガンガン上って行っちゃうし。




    20-08-28-29.jpg


        涼しいし、気持ちが良いです。





   20-08-28-35.jpg



        マイナスイオンを感じるよね~。



     ……と思いながら進んでいたのだけれど、

    これ、ずーっと階段上って行くんだよね?

  ……ってことは、帰りはずーっと階段下りてくるんだよね?

      坊主の脚に悪そうなので、あっさり撤収。

    下りは抱っこ、脚に負担を掛けたくないのでね。



          
        
       さて、次の目的地へと向かいますよ。





     湯滝から国道120号を30分ほど走り、

   到着したのは日光白根山ロープウェイの山麓駅。

      ここはもう群馬県片品村です。

 ガラガラかな~と思っていたら、駐車場は結構いっぱいでした。

     冬はスキー場になるこの場所、

  グラススキーやサマーリュージュを楽しむ人々も多く、

      グランピングの設備などもありました。




     このロープウェイはワンコも乗車オッケー。



    20-08-28-64.jpg


      ケージをお借りするか、

  5分ほど待てばワンコ専用キャビンもやって来るので

     生身のワンコもそのまま乗車オッケーです。




      我が家は、



     20-08-28-74.jpg


       バギーで乗せて頂くことに。


   慣れないケージには入ってくれないので、

      やっぱりバギーを買っておいて良かった。

  ワンコ連れということで、

乗降の際には係の方がキャビンの動きをしっかりと止めてくださり、

     その優しい心遣いに感激。




   20-08-28-84.jpg


       少し靄が掛かり始めているけど、

         雨には降られずに済みそうです。




     坊主が不安そうな面持ちになってきたので、




    20-08-28-89.jpg



          私が抱っこ。

   高さ調整の為踵を浮かせ続けていたので、

       脚がもうガクブル。

      どんなトレーニングだよ。





     20-08-28-91.jpg



        まあね、見ててもちょっと怖いよね。






     15分ほど揺られ、




    20-08-28-103.jpg



         到着しましたよ。



    
   山頂駅でバギーの置き場所に困っていたら、

係の方が「外なんかじゃなく、どうぞこの中に置いてください」と、

     駅の中のスペースを貸してくださいました。

       ありがたや~。






   20-08-28-108.jpg
 


      あそこに見えるのが日光白根山。

    晴れたと思ったら雲が掛かっての繰り返し。

  山の天気って本当に驚くほど変わりやすいんですね。






     20-08-28-112.jpg



    気温は20℃あるかないか、涼しいです。

       足湯を楽しむ人の姿も。







    20-08-28-127.jpg



         二荒山神社の大鳥居。

       山歩きのスタート地点でもあります。






     20-08-28-138.jpg



        モデルに飽きて仏頂面(笑)






    そろそろ山を下りましょうか。


 下りロープウェイに乗り込む際、たもつを見た係の方が

   「(飼い主さんが)大事にされてるんですね、
 
      すごく幸せそうな顔してる」と言ってくださり……。

    感激だーっ!!! 嬉しすぎるーっ!!!







     20-08-28-147.jpg



       幸せそうな顔、してます?(笑)




    ゲリラ豪雨などの心配もありましたが、

  幸い降られることもなく山を下りられそうです。







     20-08-28-148.jpg


        ロープウェイ疲れ?で、爆睡。







     20-08-28-165.jpg


       中禅寺湖畔まで戻ってきました。






     20-08-28-150.jpg



      ここで少し散策。

  車に乗りっぱなしだと体勢の入れ替えも難しく、

   坊主も足が痺れてきちゃうようなのでね。

  ……って、全然やる気出さないグダグダ散歩だし。





    いろは坂通って山を下りますよ。







     20-08-28-166.jpg


           東武日光駅。




   20-08-28-167.jpg



             JR日光駅。







  歳のせいか普段は寝てばかりの坊ちゃん。

 お昼寝時間を削られた上たくさん歩いたので、

    帰りはぐっすりかと思いきや……。 


   ねーねー、飽きたー。

     ねーねー、降りたいー。

 トートバッグのジョリジョリした表面に爪を立て、

    高速道路走行中だというのに、

     即刻車を止めろと無茶な要求。




  仕方がないので最寄りの佐野SAに寄りますよ。

    車を降りてみると……、

   なんとも言えない熱気と湿気。

あー、高原で感じた涼風の肌触りがどこかへ消えてしまうー。



     坊ちゃんはと言うと……、

 僅かな草地、あっちをスンスンこっちをスンスンで楽しそう。

    ドッグランは営業時間終了になっていたので、

         狭いところを行ったり来たり。

       暑すぎるので車に戻ろう。

 坊主を抱き上げてみると、ゼェハァ息が上がっている。

     ちょっ、熱中症になるから!


   
  それでも一旦車を降りたことで納得してくれたのか、

     その後は愚図ることもなく一気に帰還。

    午後9時過ぎの河原は……、

  ここはサウナですかっ!の熱風吹き荒れる状態。

      奥日光は極楽だったー。





    今回のお出掛け、

 言葉を交わした方はゼロ!ではありませんでしたが、

    「(家族以外との)密閉・密集・密接」は

   避けることができたと感じています。

   先々で優しく接してくださったみなさま、

      本当にありがとうございました。









   

声を掛けよう

     朝散歩で黒柴のまさる(2歳)に遭遇。




   20-08-26_723.jpg






      20-08-26_724.jpg


        あっちをスンスン、




   20-08-26_721.jpg



          こっちをスンスンで、


            全然進まない(笑)






      挙句、



    20-08-26_719.jpg


       愚図りだす坊主がいたので、

         たもつもますますグダグダに。




    まさるはまだ若く遊びたい盛り、

  遊びにまったく付き合おうとしないたもつとは

          合わないように見えるけれど、

    お互い相手との距離をちゃんと見ていて、

   先を歩く子がもう一方を待っているという

      素晴らしい協調性を見せてくれます。

    ちなみにたもつは、相手が小型犬だと

       突然遊びに誘うことがあります。

   動きが激しすぎてドン引きされ、

      結局空振りに終わるけど(笑)





    ところでみなさんは、

  ワンコさんニャンコさんに留守番をしてもらう際、

     何か声掛けなどはしていますか?

 実は先日ペットに関するネット記事に、

       気になるコメントを見つけました。

  これはご近所の方の話として書かれていたのですが……。

 『近所にワンコと暮らす夫婦がいた。

彼らはワンコを溺愛し、外出などでワンコを独りにさせる時には、

    必ずひと声掛けるのを習慣としていた。

  ある日、ほんのちょっとの間のことだからと、

     ワンコに声掛けをせずに出たところ……。

 そのワンコさんは飼い主さんのことを必死に探したのでしょう。

   ちょっとした隙間から外に出てしまい、

  交通事故に遭い命を落としてしまったのだそうです』

    
    「ほんのちょっとの間だから……」

        誰にでもあることですよね。

  もしもワンコさんがスヤスヤ寝ていたら……、
 
      「起こすこともないかな」

    そう考えるのも普通のことと思います。 


  それでも、飼い主さんベッタリの子だとしたら、

日頃より声掛けしてもらうのが習慣化されている子だとしたら、

 「いつも」と違うことにパニックを起こしてしまうのも

      無理ないことなのかもしれません。


   たもつは四六時中私と一緒に過ごしています。

    買い物に出る時には勿論、

  マンション内のゴミ集積場へ行く時にでも、

    私はたもつにひと声掛けるようにしています。

それにより見せる表情も待ちの体勢も変わってくるので、

   それが長く掛かるものなのか否かを

     彼は彼なりに理解しているのだと感じています。



   彼らは小さな変化に敏感です。



     20-08-25_1034.jpg


      たとえグースカ爆睡中であっても、

         ひと声掛けることを忘れずに。

    お外で寛いでいたとしても、

  回収を忘れずに(カラスに狙われるかもしれないし)

     些細なことだけれど、

      肝に銘じ過ごしていきたいです。








     テレビに夢中になっていると、





     20-08-25_2307.jpg



      オレを見ろ!とばかりに、

        テレビの前に居座る坊ちゃん。



  視線が気になって、ニュースが入ってこない……。




    
   猛暑疲れか冷房疲れかはたまたコロナ疲れか、

       毎日毎日眠くて堪りません。

     みなさんのところへなかなかお邪魔できず、

           すみません。





 

GOTOを除外された都民のみなさまへ

      土曜日は、



   IMG_6059.jpg



      東京スカイツリーへ。





    実は昨日まで



    IMG_6171.jpg



   東京在住の方に限り、チケットがなんと半額に!

    GOTOキャンペーンからは除外され、

 「帰省もなるべくお控えください」と釘を刺されてしまった都民を

       気の毒に思ってくれたのか(笑)

    東京スカイツリーが「都民割」という粋なサービスを

          展開してくれましたよ。




 東京スカイツリーに初めて上ったのは開業した2012の冬。

    私自身は今年の1月にも上りましたが、

      夫と二人で上るのはこれが2回目。

 毎日眺めてはいるけれど、上る機会ってそうないものですね。

    今回は驚きの半額!ということで(笑)

        思い切って行ってきました。



     
      IMG_6072.jpg



  上りエレベーター内部は、冬をイメージした「都鳥の空」






     IMG_6089.jpg



          浅草方面です。





    IMG_6092.jpg



       遠くは霞んでいます。






     IMG_6097.jpg





       IMG_6099_20200824154203ba5.jpg



      晴れ間が出てきて、スカイツリーの影もくっきり。








    IMG_6100.jpg


      
     左を流れるのが隅田川、右奧を流れるのが荒川。




  生憎の薄曇りで富士山も望むことができませんでしたが、

     地元の風景を眺めるのも案外楽しいものですね。     







    IMG_6130.jpg





  IMG_6134.jpg



        できることなら、

     634メートル到達地点まで行ってみたい♪







     IMG_6143.jpg



      ガラス床から覗くと、足が竦みますね。






     IMG_6147.jpg



   下りのエレベーター内部は、春をイメージした「桜の空」





  東京スカイツリーでも足元にある東京ソラマチでも、

     外国語はほとんど聞こえてきませんでした。

   コロナ騒動が起きる前は

 「日本語がほとんど聞こえてこない」状態だったのに。

1階の団体バス駐車場脇にあるショップにお客さんの姿はなく、

      なんだかとっても寂しい状態でした。





    DSC_0038_20200824154533854.jpg



    東京オリンピック開催も危ういのでは?

   そう感じている都民も少なくないように思います。
 
     ここまで来て中止は、やっぱり寂しい。       
     






      IMG_6166.jpg



        ムーミンカフェへのお誘いが(笑)




    坊ちゃんが待っているのでね、

       お昼過ぎには帰宅しました。










     

     20-08-21_1923.jpg



   甘ったれヘソ天の顔が、ちょっと雑な感じ(笑)






プロフィール

たもこ

Author:たもこ
生後2ヵ月で我が家にやってきた柴犬たもつ。
日々進化を続けるたもつと彼に翻弄される犬素人夫婦の日常を綴ります。
旧名たもつ先生です。
たもつ ♂ 
2007年10月19日生まれ

いくつになったの
フリーエリア
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR